FC2ブログ

心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

天井を修理する夢

■2019年5月26日(日)新大阪お話会「令和(霊和)の時代を真にスピリチュアルに生きる」
■2019年6月21日(金)〜23(日)皆生温泉リトリート
ここしばらくの間、あまり夢を見ることがなくなっていて、少し印象的な夢を見てもすぐに忘れていたのですが、もう2週間くらい前に見た夢を今でも鮮明に覚えていて、とても意味がありそうなので、久しぶりに夢について書いてみます。

朝目が覚めて自分の部屋=セッションルームに行くと2カ所の窓が全部開いていて、そこから大工さんのような職人さんが部屋の中を土足で出たり入ったりしている。部屋にひいているセッション用のマットの上を歩いているので、私はものすごく怒りを感じている。でも、ふと気がつくと部屋の天井がなくなっていて、部屋の中から青空が見えている。この職人さんたちは朝早くから私の部屋の天井を修理してくれているのだ、ということに気がついた。私が寝ている間も一生懸命に作業してくれている職人さんたちに深い感謝の念が浮かんできて、この人たちに任せていればいいのだ、という安心感に満たされてホッとした。


私は、若い頃に上のチャクラが先に開いて、世界の真実を見てしまった一方で、下のチャクラの流れが滞っていて、一人の人間としてアイデンティティがあやふやなままで、エネルギーのバランスがとても悪い状態が続いていました。この数年でそのバランスが少しずつよくなってきていて、やっと現実社会の中でもきちんと行動できるようになってきました。

これまでの体験が個人としての私にうまく統合されつつあって、必要としている方に適切な形でお伝えできるようになってきた感覚です。

この夢は開きっぱなしになっている上のチャクラをきちんと閉じて、家の中(現実生活の中)でうまく機能できるように整えてくれているのかな、という気がしました。


このところ、また内面がずいぶん変化しているのを感じています。何もしていない時間が少し長くなっていて、以前は「こんなことではいけない」という思考が浮かんできて焦ったりしていたのですが、そういう思考も減り、いつでもこれでいいのだ、という安心感が大きくなってきた感じがします。

そういうときは、私と継続的に関わって下さっている皆さんも同じように変化しているようです。「私」や「私以外の誰か」がいるわけではなく、ただ一つのエネルギーがあるだけなのだな、と感じる瞬間です。

人生の節目には、何もしない時間がとても大切です。新しい何かが動きだしそうな予感を感じつつ、今は「何かをしなければ」という思いをできるだけ手放して、何もしない時間に身をまかせてみようかと思います。

また、私はいつも、人に任せるということがなかなかできません。自分でやらないと落ち着かない感じがしてしまうのです。でも、今は、自分でやろうとする思いも手放して、腕利きの職人さんにまかせてみようと思います。



個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会などのグループセッション
新大阪お話会「令和(霊和)の時代を真にスピリチュアルに生きる」 5月26日(日)13:45〜16:15
皆生温泉リトリート 6月21日(金)〜23(日)
境港お話会 5月18日(土)13:30〜16:00
Zoom読書会「「私」という夢から覚めてわたしを生きる」 5月12日(日)20:00〜22:00

大阪出張個人セッション
 5月27日(月)〜29日(水) 満席 キャンセル待ち受付中
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。


[ 2019/05/02 22:10 ] | TB(-) | CM(-)

令和(霊和)の時代を真にスピリチュアルに生きる

■2019年5月26日(日)新大阪お話会「令和(霊和)の時代を真にスピリチュアルに生きる」
■2019年6月21日(金)〜23(日)皆生温泉リトリート
今朝、目が覚めて布団の中でうとうとしているときに急にアイデアが浮かんできたので、次回(5月26日)の新大阪お話会は、新たに「令和(霊和)の時代を真にスピリチュアルに生きる」というテーマを設定して、新しい時代を軽やかに生きていくために必要な真のスピリチュアルな視点について、初めての方にもできるだけわかりやすくお伝えすることにしました。

スピリチュアル、あるいは、非二元、悟り、という言葉に何かを感じて、そのエネルギーに惹かれている方は多いと思います。一方で、それが本当のところは何を意味しているのかがわからずに、スピリチュアル難民、悟り難民のようになっている方もいるようです。そういった方に、この方向でいいんだ、こちらに向かっていけばいいんだ、というような、何らかの実感を伴った方向性を感じていただければ嬉しいです。

癒しと目覚めのお話会in新大阪 【新大阪お話会】2019/5/26
 「令和(霊和)の時代を真にスピリチュアルに生きる」

——

前回の記事「霊性の時代」で「これからの新しい時代は、目覚めた意識をベースにした生き方が日常に浸透していく時期なのではないかと思います」と書きました。次回の新大阪お話会で話す内容とも関係しているので、今日はこのことについてもう少し具体的に書いてみようと思います。

二元の世界では成長し続けていくことに大きな価値がおかれています。一応経済学部を卒業している私ではありますが、GDP(国内総生産)がどれだけ増えたかとか、経済成長率がどうだ、とか、そういった数字だけが社会を計る基準になっているのはどうなんだろう、と思っていた記憶があります。そもそも、成長率の上下に一喜一憂するというのは、成長していくことが前提になっているわけで、考えてみればとても不思議なことです。

でも、成長し続けないといけない、大きくなり続けないといけない、増え続けないといけない、という思考は、自分の本質を忘れた状態、すべてが一つに繋がっているという真実を忘れた状態、つまり、神経症的なあり方からのみ生まれてくるものです。そうやって成長し続ける夢を見ておかないと、自分という夢、分離の夢が、単なる夢だとわかってしまうからです。すべてがはかないものだ、という真実に気づいてしまうからです。

その神経症的な夢の中で、私たちの心身は病み、地球環境はますます悪化してきました。

そこから抜け出すために必要なことは、私たち一人一人がすべてのものとのつながりを思い出し、今ここにこうして存在していることの神秘を意識しながら生きることです。もっとも深い真実を意識しながら現象世界を生きることです。夢だとわかりながら夢を生きることです。

すると、潮の満ち引きがあるように、拡大するときもあれば縮小するときもあるのが当たり前なのだ、ということがわかってきます。常に成長し続けなければいけないという思いから解放されるのです。

今は、その移行の時期です。人々の意識が変わるにつれ、社会のあり方も変わっていくでしょう。今とはまったく違う社会体制や経済理論が必要になるかもしれません。変化の時期には人の内面にも社会にも一時的な混乱が起こるでしょう。

でも、自分自身が内面の真実、もっとも深いリアリティをベースに生きていれば、たとえ混乱が起こっても、その混乱の中から新たなものが生まれてくるのだ、ということがわかっているので、そこをうまく通過していくことができます。そして、本当の意味で周囲の人たちをサポートすることができます。

これからの世界は、神経症的な拡大欲求から解放されて、今すでにあるものや人との関わりに喜びを感じる社会になっていくのではないかと思います。そのために必要なことは、あなたがあなた自身の存在をありのまま認め、今ここにあることの喜びを感じることです。

そのために役立つ、自分にも他者にも優しい、つながりを意識しながら生きる方法を、これからもお伝えしていこうと思います。

癒しと目覚めのお話会in新大阪 【新大阪お話会】2019/5/26
 「令和(霊和)の時代を真にスピリチュアルに生きる」


-----

6月21〜23日の皆生温泉リトリートも参加お申し込み受付中です。普段のお話会ではできないグループでのブレスワークや様々なエクササイズ、瞑想、そして皆さんとの対話を通して、すべてのものとのつながりを思い出し、新しい時代を生きるために必要な内的準備を整えるお手伝いをします。一人部屋or二人部屋もまだ空室あります。

癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート【第5回】2019/6/21~23

「当日米子に早く着きすぎたときどうしたらいいでしょう」というご相談をいただきましたので、他の方にも役立つかもしれないと思い、情報をまとめたページを作りました。特に、夜行バスや羽田発6時50分の飛行機で来られる方はご参考にしてください。 なお、直前に買うと25,000円〜30,000円の羽田〜米子便ですが、今なら6月21日(金)6時50分発のANA381便が9,990円です(日々変動しているようです)。交通機関を決めていない方はご参考にして下さい。

リトリート当日(6月21日(金))に米子に早く着きすぎる方のための情報2019



個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会などのグループセッション

境港お話会 4月20日(土)13:30〜16:00
Zoom読書会「「私」という夢から覚めてわたしを生きる」 5月12日(日)20:00〜22:00
新大阪お話会 5月26日(日)13:45〜16:15
皆生温泉リトリート 6月21日(金)〜23(日)

大阪出張個人セッション
 5月27日(月)〜29日(水) 残席2
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。


[ 2019/04/10 18:03 ] ブログ | TB(-) | CM(-)

霊性の時代

■2019年5月26日(日)新大阪お話会「令和(霊和)の時代を真にスピリチュアルに生きる」
■2019年6月21日(金)〜23(日)皆生温泉リトリート
官房長官の新元号の発表を聞いた瞬間、私の頭の中では「霊和」という文字が浮かび、これからはスピリットが調和する時代、真の覚醒の時代、霊性の時代なのだな、なんて思っていました。

1988年か89年頃に人間の意識が大きく変わり、覚醒の時代、霊性の時代に入った、という情報を複数の本で読んだ記憶があります。それは、私の内面で最初の爆発が起こった頃でもあり、平成が始まった頃でもありました。

これからの新しい時代は、目覚めた意識をベースにした生き方が日常に浸透していく時期なのではないかと思います。そのことにできるだけ意識的に生きること、自分がもともと神そのもの、光そのものなのだということに気づきながら生きることが、人生の流れをスムーズにしていくために、とても大切になるでしょう。

これまではこんなことを書くことにどこか抵抗を感じていました。すべてはもとから光そのものであって、プロセスなんてないのだ、という非二元の原理的な教えに縛られていたような気がします。でも、最近はお話会などでもこういった話をもっと自由にすることができるようになっています。こういった話が私の中から自然に出てくるのを許せるようになった感じです。

その新しい時代を迎えて、これから私はどんな形で活動していけばいいのか、今、ちょっとあれこれ考えています。とはいえ、これもまた私個人が考えなくても、必要なことが自然に起こってくるだろうという感覚もあります。必要なことが必要なときに起こってくる。そのプロセスを信頼してみようと思います。


——

ちょうど1年間お休みしていた境港お話会を再開することにしました。今月は4月20日(土)13時30分からです。お近くも方も遠方の方も、ご興味お持ちの方はお気軽にご参加下さい。東京や大阪よりも参加者が少ないので、毎回のんびりした集まりになると思います。

癒しと目覚めのお話会in境港【境港お話会】



個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会などのグループセッション
Zoom読書会「「私」という夢から覚めてわたしを生きる」 4月7日(日)20:00〜22:00
境港お話会 4月20日(土)13:30〜16:00
新大阪お話会 5月26日(日)13:45〜16:15
皆生温泉リトリート 6月21日(金)〜23(日)

大阪出張個人セッション
 5月27日(月)〜29日(水)
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。


[ 2019/04/04 18:06 ] ブログ | TB(-) | CM(-)

根源的な安心感

■2019年5月26日(日)新大阪お話会「令和(霊和)の時代を真にスピリチュアルに生きる」
■2019年6月21日(金)〜23(日)皆生温泉リトリート
昨日大阪出張から戻ってきました。今回も皆さんの癒しと目覚めのプロセスに寄り添わせていただく中で、私自身もたくさんの気づきを受け取ることができました。今回ご縁をいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

今回特に印象に残っているのは、お話した多くの方が、私と話をし、共に時間を過ごす中で、安心したとおっしゃっていたことです。この言葉を聞いて、私も本当にほっとしました。悟り、非二元というストーリーも大切だけれど、なにより、安心して生きていける、楽になる、ということが、皆さんに一番感じてほしいことだからです。

目覚めること、悟ることは、この世界を離れてどこか別の世界に行ってしまうことではありません。この人間としての生を十分に体験して生き切ることです。そのためには、どうなっても大丈夫なのだ、いつでもありのままでいいのだ、という根源的な安心感をベースに感じておくことが大切です。その安心感があってこそ、この世界を十分に味わうことができるのです。

その安心感は、本当はいつでも今ここにあります。それが見えなくなっているのは、知らないうちに自分の一部を否定しているからです。すべてが自分なのに、そのことを忘れてしまっているからです。

私と話をし、沈黙のエネルギー、すべてを包み込む存在のエネルギーを一緒に味わっていると、その自己否定が自然と緩んできて、ありのままの自分で大丈夫なのだ、という根源的な安心感を自然と思い出すようなのです。

人間としての私(中野真作と呼ばれているこの心と身体)も、このエネルギーに癒されています。

私が癒されることで、私と関わる皆さんも癒され、皆さんの周囲の人たちも癒されていく。そんなプロセスが深まり続けていることをあらためて実感しました。


——

先日の新大阪1dayリトリートの開催日、3月23日は私の誕生日でした。お祝いのメッセージをいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

年をとるにつれ、身体のトラブルが増えてくると、若い時には無意識だった身体の存在に否応なしに気づかざるをえなくなってきます。でも、身体がどんな状態になっていようと、その身体を深い部分までありのまま認めていくことで、身体だけが自分ではないというもっとも深い真実を思い出す道が開かれていきます。身体を通して悟るのだ、という言葉の意味がわかってきます。そして、同じ運命を背負って生きているすべての人がいとおしい感じがしてきます。

これまで観念でしかなかった、老化と、その先にある死をリアルに感じることが意識の進化にとってはある種の恩寵になるのだな、と感じている今日この頃です。


——

毎年恒例の皆生温泉リトリートの早割期限が3月末に近づいてきました。3月31日までにお申し込みいただければ早割を適用いたしますので、参加ご希望の方はお早めにご連絡下さい。

-----

次回の大阪出張個人セッションは5月27日(月)〜29日(水)です。予約状況をアップしています。

また、5月26日(日)には新大阪でお話会などのグループセッション開催予定です。詳細は決まりしだいお知らせ致します。

-----

4月から1年ぶりに境港お話会を再開しようかと思っています。こちらも決まりしだいお知らせ致します。



個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会などのグループセッション
皆生温泉リトリート 6月21日(金)〜23(日)
境港お話会 次回開催は準備中です
Zoom読書会「「私」という夢から覚めてわたしを生きる」 4月7日(日)20:00〜22:00

大阪出張個人セッション
 5月27日(月)〜29日(水)
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。


[ 2019/03/28 11:39 ] ブログ | TB(-) | CM(-)

人間として生きている

■2019年5月26日(日)新大阪お話会「令和(霊和)の時代を真にスピリチュアルに生きる」
■2019年6月21日(金)〜23(日)皆生温泉リトリート
人間としての私は自分で想像している以上に深く傷ついていたのだな、とあらためて感じています。その痛みに触れないように心身を緊張させてずっと頑張っていました。そのため、痛みには触れずに済んでいましたが、同時に、人間して生きているという生き生きとした感覚もまったく感じることができていませんでした。

朝起きて、夜になったら寝る必要があることとか、お腹が減ったらご飯を食べる必要があることとか、寂しくなったら愛が必要なこととか、そうした人間として当たり前のこと一つひとつが、とても面倒くさくて、同時にとてもいとおしい感じがするようになりました。人間として生きるって、こういうことだったのか、とこの歳になって初めてわかったような不思議な感覚を感じています。以前から時々お話ししていた「やっと人間になれた」という感覚です。

こんなふうに感じることができるようになったのは、深い痛みに触れられたからこそなのですが、痛みにきちんと触れられたのは、その痛みすらある種の夢なのだとわかったからでした。言い換えれば、自分とは傷ついて苦しんでいるちっぽけな一人の人間なのではなく、それらすべての現象が現れては消えていく広がりそのものなのだ、とわかったからでした。

純粋な非二元の視点から見れば、痛みも、苦しむ私も存在しないのですから、癒されたり目覚めたりするプロセスは存在しません。ただ光だけ、ただスピリットだけが存在するのみです。

でも、そのことが本当にわかってくると、この現象世界の中では、過去の痛みが自然に癒され始めます。自分の本質である、広がり、空間、沈黙の中で、苦しみを生み出しているエネルギーの収縮が自然と緩み、痛みが解放され癒されていきます。

すべては光なんだ、すべてはスピリットなんだ、という言葉、非二元のストーリーを信じているだけでは、癒しは起こりません。逆に、非二元のストーリーを信じることで、痛みを見ることを避け、苦しみを長引かせているのです。

深い傷も、大きな苦しみも、それが今あるのなら、あることを許すこと。すでにそうなっていることをそうなっているままにしておくこと。今ここに抵抗しないこと。

その感覚を理解すると、どんな痛みも、存在という広大な広がりのなかで自然にほどけていき、すべてがありのままで許され、愛されているという感覚を思い出すことができます。

痛みを抱えた一人の人間としてこの世界の中にいてもいいのだ、と安心できるのです。



——

3月23日(土)の新大阪1dayリトリート「悟りと癒しの交わるところ」では、癒しと非二元、悟りの関係を私自身の最近の体験をお話ししつつ、瞑想やエクササイズなども行いながら、皆さんにも深く体験していただけるように進めていきます。本当の自分を知りたい方、苦しみから解放されたい方、対人援助の仕事をしている方、そのほか、ご興味お持ちの方のご参加をお待ちしています。今回はまだ参加予定の方は4名ほどですので、皆さんとゆっくりお話ができることと思います。

3月24〜26日の大阪出張個人セッションは3月25日(月)14時30分〜の枠にキャンセルが出ています。

6月21〜23日の皆生温泉リトリートは3月末までにお申し込みいただくと参加費の割引(早割)があります。



個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会などのグループセッション
新大阪1dayリトリート 3月23日(土)10:15〜17:15
皆生温泉リトリート 6月21日(金)〜23(日)
境港お話会 次回開催は準備中です
Zoom読書会「「私」という夢から覚めてわたしを生きる」 4月7日(日)20:00〜22:00

大阪出張個人セッション
 3月24日(日)〜26日(火) 残席1
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。


[ 2019/03/19 06:34 ] ブログ | TB(-) | CM(-)

自分を助ける

■2019年5月26日(日)新大阪お話会「令和(霊和)の時代を真にスピリチュアルに生きる」
■2019年6月21日(金)〜23(日)皆生温泉リトリート
3月23日(土)の新大阪1dayリトリートでは日常生活の中で目覚めていくための具体的な方法をお話ししようと思って、自分用のレジメを作っています。その中から少し書いてみます。


もともと私=世界、すべてが私なのに、私たちは自分の内面に分離を作り、その分離を世界に映し出して苦しみを生み出しています。分離はもともと夢なのだと思い出すには、自分の内側の分離を癒していくことが必要です。自分の一部なのに自分ではないものとして切り捨てられてきたものをもう一度取り戻していくのです。

どうすればいいのですか、とよく聞かれます。大切なことは周囲の世界をよく見てみることです。あなたの世界の中であなたの注意を引く人やもの、よくも悪くも感情を揺り動かされる人やものは、あなたが何を自分から切り離してしまっているかを教えてくれる大切な存在なのです。

揺り動かされる感情、それがどんな感情であっても、その感情をありのまま感じることを許してみて下さい。感じることを許すというのは、感情を無意識に表現するのではなく、自分の内側で身体的なエネルギーとしてありのまま感じ取るということです。外に向かって表現するだけでは深い変容は起こりません。

そういう意味で、いやな人、嫌いな人は、自分の内側のまだ光を当てる必要がある部分を見せてくれるとても大切な人だと言えます。


とはいえ、その気づいていない部分、無意識の領域は、自分でもそんなものがあるなんてまったく気づいていないので「無」意識と呼ばれているわけです。意識がまったく届いていないのです。なので、自分の中に、その嫌いな人が持っているような部分があるなんて思いもしないし、そういうことなのか、と頭で理解しても、それをなかなか認められないことがあります。

そんなときに大切なのは、自分の内側の空間、沈黙を意識していくことです。

自分=この心と身体、この感情、この思考だと思い込んだままでは、すべてをありのまま認めるということはなかなか難しいです。本当の自分はそれらすべて(思考や感情や身体)を包み込んでいる空間そのものなのだとわかり始めると、すべてをありのまま認めるという感覚がわかりやすくなります。

空間はその中にあるものを選り好みせず、そもそもの最初からありのまま認め、愛しているからです。

自分がもともとすべてを包み込んでいる空間そのもの、スペースそのものだとわかってくると、どんな自分もありのまま愛せるように、自然となってきます。ありのままの自分でいいのだ、という言葉の意味が本当にわかってきます。

自分の一部を自分でないものとして切り離してしまうのは、自己否定です。自分で自分を苦しめています。ほとんどの人は無意識のうちに(自分で知らないうちに)自己否定しています。そして、なぜか生きることが苦しい、と感じています。

その状態から抜け出すことができるのです。自分の本当の姿を認め、自分のありのままを愛するという感覚が確かにあるのです。


先日東京から戻ってから、2日連続でこれまで見たことのなかったような夢を見ました。細かいところは忘れてしまったのですが、誰かが私を助けてくれる夢でした。一つの夢では看護婦さんが私を懸命に看護してくれていました。やっと本当の意味で自分を助けることができるようになったのかな、と思って安心できる夢でした。

誰もが自分を助けることができます。自分の力になることができます。何しろあなた自身が生きる力、存在の力、愛そのものなのですから。


---

3月23日(土)は新大阪1dayリトリートです。今回は「悟りと癒しの交わるところ」をテーマに意識の目覚めと心の癒しの関係について、私自身の個人的な体験もお話ししながら解説していきます。

心の癒しと悟り、覚醒、非二元は別のものではありません。目覚めのプロセスが深まっていくと、まるで違う世界に踏み出していくような気分になる時期があって、一時的に別のものだと感じてしまうのは仕方ないことですが、やがて、本当に癒されるということは悟りをひらくことと同じであることがわかってきます。

悟りとはどこか別の世界に行ってしまうことではなく、この世界にしっかりと根を下ろして今を完全に生きることです。このたった一度の人生を十分に生き切ることです。そのためには、人間としての自分を癒していくことが大切ですが、悟りとはその癒しが起こる内なる沈黙のスペースを広げていくことなのです。

そのスペースを広げていく方法、日常生活を通して目覚めていくための具体的な方法を、お話しと様々なエクササイズを通してお伝えします。

今回はいつも行なっている基本的なエクササイズ(インナーボディの瞑想やジベリッシュなど)の他に、普段はあまり行わない心理的なワークや夢のワークなども行う予定です。

毎日の生活と探求を繋げる方法を知りたい方、すでに始まってしまった目覚めのプロセスを日常生活の中で深めていきたい方、目覚めの感覚がわかってきたのに安定しない方、普段の生活に非二元の知恵を活かしていきたい方、カウンセラーやセラピストなど人を援助する仕事についている方など、癒しと悟り、非二元の関係に興味をお持ちの方には特におすすめします。


先日の東京セミナーに参加して下さったカズミンさんがブログにご感想を書いて下さいましたので、ご紹介します。カズミンさん、ありがとうございます。

中野真作さんのリトリートで変化する味わい方
 https://ameblo.jp/kazumindesu/entry-12445429640.html


私のお話会やセミナーではいつも最初にお話するのですが、言葉を聞くだけではなくて、聞いたときに自分の内側で起こる感覚を味わってみてほしいなと思います。

私が沈黙を意識しながら話すとき、あなたの内側の沈黙(あなたはその沈黙に気づいていないかもしれないけれど)と自然と共鳴しあって、誰もが沈黙そのものであることを思い出しやすくなるようです。

言葉の背後にいつもある沈黙の空間をともに味わっていけるスペースになることと思います。

ご縁のある皆様にお目にかかれることを楽しみにしています。




個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会などのグループセッション
新大阪1dayリトリート 3月23日(土)10:15〜17:15
皆生温泉リトリート 6月21日(金)〜23(日)
境港お話会 次回開催は準備中です
Zoom読書会「「私」という夢から覚めてわたしを生きる」 4月7日(日)20:00〜22:00

大阪出張個人セッション
 3月24日(日)〜26日(火) 残席1
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2019/03/12 08:35 ] ブログ | TB(-) | CM(-)

新しい時代へ

■2019年5月26日(日)新大阪お話会「令和(霊和)の時代を真にスピリチュアルに生きる」
■2019年6月21日(金)〜23(日)皆生温泉リトリート
半年ぶりの東京出張から一昨日境港に戻ってきました。今回のセミナーは前回、昨年9月よりも多少少なかったですが、14名の方とご縁をいただき貴重な時間を過ごすことができました。参加して下さった皆さま、参加できなかったけれど興味を持って見て下さっていた皆さま、ありがとうございました。

今回セミナーの中でもお話したのですが、2日間のうち、基本編の1日目はお伝えしたいことがほぼ固まっている一方で、2日目は今深まりつつある私の気づきをありのまま表現できたことで、皆さんのプロセスとの共鳴がより深く感じられ、私自身も深く癒された感じがしています。

その場のエネルギーの流れにまかせて私の内側から溢れて来る言葉を自由に語っていくことが、私を含めた、集まって下さった皆さん全員に必要なプロセスを促進するのだな、ということをあらためて確認できました。

3月23日(土)の新大阪1dayリトリートでは、この東京の2日目の流れをさらに深めていけたらいいな、と思っています。この日は「悟りと癒しの交わるところ」をテーマに、最初に基本的なことをお話したあとは、最近の私自身の体験も踏まえながら、本当の自分を思い出すことと人間としての自分を癒していくことの関係についてあれこれお伝えしたいと思います。エクササイズもできるだけ行なっていきます。

また、東京でのセミナーの翌日には青山ライフ出版の宮崎さんとお会いし、次回作の出版契約書を交わし、初校のゲラ(原稿を本のレイアウトの形に試し刷りしたもの)をいただきました。今後はゲラのチェック、表紙のデザインなどを経て、順調に行けば5月中には出版されそうです。

振り返ってみれば、私の内面で最初の爆発が起きたのが1988年の暮れで、翌年には平成が始まりました。当時の小渕官房長官が「平成」と書かれた額を掲げて新年号を発表しているニュース映像を見ながら、私にとっても新しい時代が始まったのだな、と感じていたのを思い出します。

今、平成が終わり、新たな時代が始まるタイミングで2冊目の本が世に出ることになったのは、とても不思議な巡り合わせを感じます。私の人生も次の段階に進むような感覚があります。

次作はお話会などで皆さんからよく聞かれる質問を中心に構成したQ&A集になっています。癒しと目覚めのプロセスの中で多くの方が勘違いしやすいポイントをできるだけ多く扱っています。前回の本では扱えなかったテーマもいろいろと取り上げていますので、読者の皆さんがどんなふうに受け止めて下さるか、ちょっと不安もありますが、どうぞ楽しみに待っていて下さい。


-----

6月21日(金)〜23日(日)の皆生温泉リトリートは今月(3月)末までにお申し込みいただくと参加費の割引があります。また、5月中には次回作が出版される予定となりましたので、出版後は参加希望の方が増える可能性もあります。2週間前までにキャンセルされた場合は参加費はキャンセル料なく返金致しますので、予定がまだはっきりしていない方も、参加ご希望の方は一度お早めにお申し込みいただくことをお勧めします。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会などのグループセッション
新大阪1dayリトリート 3月23日(土)10:15〜17:15
皆生温泉リトリート 6月21日(金)〜23(日)
境港お話会 次回開催は準備中です
Zoom読書会「「私」という夢から覚めてわたしを生きる」 3月10日(日)20:00〜22:00

大阪出張個人セッション
 3月24日(日)〜26日(火) 残席1
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。


[ 2019/03/07 14:41 ] ブログ | TB(-) | CM(-)

明日を生きる力

■2019年5月26日(日)新大阪お話会「令和(霊和)の時代を真にスピリチュアルに生きる」
■2019年6月21日(金)〜23(日)皆生温泉リトリート
今日は朝から抜けるような青空が広がっています。今朝、庭に出た瞬間、ほのかに草や土の香りをかいだとき、大きな命とのつながりを感じて、なんだかほっとしました。

私が本やブログ、お話会などで情報発信しているのはなぜなんだろう、という考えが浮かんできました。それがただ起こっているだけ、というのが一番の答えではあるのですが、そのときふと思ったのは、明日を生きる力をみなさんに感じてほしい、ということでした。


私は長いことちゃんと生きていなかったな、ということに数年前に気がつきました。それ以前の私はこういう仕事をしながらも、どこか世界と切り離されていて、四六時中不安や恐れで一杯だった気がします。そして、その不安や恐れに触れてしまわないように心(思考)と身体をわざと忙しくしていたのです。

その不安や恐れの一番根源にしっかりと触れ、癒していくプロセスがこの数年間続きました。そこをある程度通過して初めて、不安や恐れのない状態というのが確かにあるのだ、ということがわかってきました。ない状態を体験して初めて、以前はそれがあるのが当たり前になっていたのだ、ということもわかりました。

ほとんどの人は、自分でも気づいていないまま、心の一番奥にいつも不安や恐れを持っているようです。それがあまりに大きくなってくると、様々な心身の不調となってあらわれてきますが、そこまでいかなくても、何か落ち着かない感覚、しっくりこない違和感、もっと何かがあるのではないかというような焦燥感を感じていることが多いと思います。

人間として生きていたら、それは避けられないことだと考えてやり過ごすこともできます。確かに「人間として」だけ生きていたらその通りです。でも、私たちは人間であると同時に、大いなるものそのものなのです。人間であると同時に神なのです。

大いなるものとして生きる感覚を思い出したとき、不安や恐れのない生きる感覚がたしかにあることがわかります。不安や恐れは、自分のことをこの心と身体に制限された存在だと思い込んでしまうことそのもの、分離の夢の中に閉じ込められることから生まれているのです。

分離の夢の中だけに生きていると、生きているだけで苦しくなってしまいます。明日がくるのが憂鬱になってしまうこともあるでしょう。私もはっきりとは意識しないまま、ずっとそういう状態で生きていたような気がします。

今、やっと、その状態から本当に抜け出しつつあるような感じです。

自分=人間である、という夢から抜け出して初めて、人間として生きる力が自然に湧き出してくるような感覚があります。神であることを思い出して、やっと人間になれる感覚と言ってもいいでしょう。

自分がやっているわけではなく、大いなるものがやっているのだとわかることで、自分の行動に芯が通るような感じ、もう少し普通の言葉で言えば、自信を持って行動できるような感じがします。

非二元の知恵、悟りの知恵は、明日を生きる力につながっているな、そんなことを思った春近しを感じる一日でした。



-----

3月2日(土)、3日(日)は半年ぶりに東京に行きます。今回の2日間特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in東京 では、1日目に悟り・非二元の基本的なことをお伝えし、2日目には私自身の体験にもとづいて、悟りと癒しの関係、目覚めのプロセスで起こる出来事とそれに対する対処法などを詳しくお話します。また、私の本でご紹介しているものを中心に様々なエクササイズや瞑想なども行います。

一日のみの参加もできます。最近の気づきなどについては2日目に詳しくお話する予定です。

現在、東京出張は半年に1回程度になっています。また、次回の東京出張は次の本が出版された後になりそうですので、セミナーやお話会のスタイルも変わるかもしれません。ご興味お持ちの方はこの機会にご参加下さい。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会などのグループセッション
2日間特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in東京  3月2日(土),3日(日)10:15〜16:45
新大阪1dayリトリート 3月23日(土)10:15〜17:15
皆生温泉リトリート 6月21日(金)〜23(日)
境港お話会 次回開催は準備中です
Zoom読書会「「私」という夢から覚めてわたしを生きる」 3月10日(日)20:00〜22:00

大阪出張個人セッション
 3月24日(日)〜26日(火) 残席1
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2019/02/24 11:12 ] ブログ | TB(-) | CM(-)

地に足が着く感じ

■2019年5月26日(日)新大阪お話会「令和(霊和)の時代を真にスピリチュアルに生きる」
■2019年6月21日(金)〜23(日)皆生温泉リトリート
今年も確定申告の時期がやってきました。今年はなんと!受付の初日(2月18日)に書類を提出しました。これまでにないことです。

来月は忙しくなりそうなので早めに済ませておきたかったという事情もありますが、昨年は日々の記帳そのものがルーズになっていたので、3月に入って始めたのでは間に合わないかもしれないと心配で年明けからぼちぼち準備していたら、その流れで早く終わってしまった、といったほうがいいかもしれません。

ともかく、年初めの大きな仕事が終わったので、また次のステップに進めそうな感じがしています。

-----

最近、以前の私は地に足が着いていなかったな、という感じがしています。

違う表現を使うと、

 自己否定の中にいた
 自分の感情や欲求に気づいていなかった
 身体の中にいなかった
 今ここにいなかった
 生きていなかった

そんな感じです。

すごく象徴的なこととして思い出すのは、若い頃の私はいつもつま先で歩いていたことです。ふと気がつくと、つま先立って、宙を飛ぶように息をひそめて歩いていることがよくありました。これでは膝や腰が悪くなって当然でした。地面と切り離されていた、自分と切り離されていたことの身体的な表現だったのでしょう。

そういえば、以前のブログ記事「そんなに深刻にならなくてもいい」で書いた空を飛ぶ夢は、この「つま先立って歩く感覚」ととてもよく似ているような気がします。

それが、最近になって、やっと地面に足がしっかり着く感覚、かかとから足の裏全体で歩いている感覚を感じられるようになってきました。自分と、そして、世界としっかり繋がってきたようです。

それは、それまで見ないようにしていた怒りや悲しみや絶望感、さらに、生きることそのものに由来する切なさにしっかりと触れることでもあったので、単純に楽になる、というものではありませんでした。

また、身体的には、一時的に腰の痛みがひどくなったこともありました。今でもちょっと無理をすると腰に痛みを感じることがあります。でも、痛みを通して存在の一番深い部分に触れているような感覚があって、痛みを否定的なものだと感じなくなってきています。腰の痛みは、無理をし過ぎないように、私をいつでも中庸に引き戻してくれる大切な存在だなと思います。


目覚めと癒しのプロセスとは、あるものを、ただある、と認めていくプロセスです。すでにあるのに、それをないものとして否定することで、自分の全体性、自分とはすべてであるという単純な事実を忘れてしまうのです。

でも、私たちは何かを否定しているということすら忘れています。ありのままを否定することによって生まれた「私という夢」をあたかも実体のあるものだと思い込んで、私がいる、ということを当たり前の前提として生きてしまっています。それが苦しみを生んでいるなんて考えもせずに。

すごく単純なことなのに、気づくのが難しい。単純すぎてわかならい。

このパラドックスの存在に気づくだけで、何かが変わります。

変える必要のあるものなど、どこにもなかったことがわかります。



-----

3月2日(土)、3日(日)は半年ぶりに東京に行きます。今回の2日間特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in東京 では、1日目に悟り・非二元の基本的なことをお伝えし、2日目には私自身の体験にもとづいて、悟りと癒しの関係、目覚めのプロセスで起こる出来事とそれに対する対処法などを詳しくお話します。また、私の本でご紹介しているものを中心に様々なエクササイズや瞑想なども行います。

現在、東京出張は半年に1回程度になっていますし、次回の東京出張は次の本が出版された後になりそうですので、セミナーやお話会のスタイルも変わるかもしれません。ご興味お持ちの方はこの機会にご参加下さい。

今のところ参加予定の方は10名ほどでまだ余裕があります。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会などのグループセッション
2日間特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in東京  3月2日(土),3日(日)10:15〜16:45
新大阪1dayリトリート 3月23日(土)10:15〜17:15
皆生温泉リトリート 6月21日(金)〜23(日)
境港お話会 次回開催は準備中です
Zoom読書会「「私」という夢から覚めてわたしを生きる」 2月3日(日)20:00〜22:00

大阪出張個人セッション
 3月24日(日)〜26日(火)
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。


[ 2019/02/20 16:41 ] ブログ | TB(-) | CM(-)

考えなくなる

■2019年5月26日(日)新大阪お話会「令和(霊和)の時代を真にスピリチュアルに生きる」
■2019年6月21日(金)〜23(日)皆生温泉リトリート
2ヶ月に一回の大阪出張が終わり、昨日自宅に戻ってきました。毎回同じことを書いていますが、定期的な大阪と東京への出張は私にとって大きなプロセスの節目になることが多く、今回もご縁をいただけた皆さま、本当にありがとうございました。

最近、また内側で大きな変化が起こっているなと思っていたら、リアルの知り合いやネット上でお見かけする方々の中にも同じような変化を感じている方が多くいらっしゃって、ちょっと不思議な気がしています。

私の具体的な変化とは、ますます考えなくなってきたことです。感情のエネルギーが自由に流れるようになると、それをせき止めておくために考え続ける必要がなくなり、思考が減ってきます。思考が減るということは、判断することが減り、そうなっていることはそうなっているだけでそれでいいのだ、と本当に感じられるということです。いや、そもそも、いいとか悪いとか考えなくなるということです。

思考が減り始めると「こんなに考えなくなって大丈夫かな」と心配になる時期があります。でも、やがてそんな思考も出てこなくなり、理由のない安心感が広がってきます。すると、自分も周囲の人も楽になって、物事がうまく進み始めるのです。

私は「アセンション」のたぐいのストーリーにはそれほど興味がないのですが、集合的な意識の変化というのは確かにあるな、と感じる今日この頃です。


変化が起こる基盤になるのは、やはり、内なるスペースです。すべてを包み込む開かれた空間、沈黙のスペースへの気づきが深まれば深まるほど、そのスペースの中に癒されていない痛み(不発弾)が浮上してきては、ありのままに展開し、やがて流れ去っていきます。そのスペースの中では、すべてがもともとありのままで許され、愛されているからです。

痛みが自由に展開していくスペースを作ること、いや、もっと正確に言えば、自分とはそのスペースそのものなのだ、と気づくことが覚醒、悟りと呼ばれるプロセスなのです。


——

昨年の皆生温泉リトリートに参加して下さったサトユリさんがブログにご感想を書いて下さいました。最近私が感じていることととてもシンクロしていてタイムリーな内容になっていますのでぜひ読んでみて下さい。

中野真作さん皆生温泉リトリート(2018年)とその後。

グループセッションでは参加して下さる方皆さんの内なるスペースが共鳴しあって、より大きな空間が開かれ、その中で深い変容が起こりやすくなる感覚があります。興味をお持ちの方はセミナーやリトリートを体験してみて下さい。


次回、3月23日(土)(ちょうど私の誕生日です)の新大阪1dayリトリートでは、「悟りと癒しの交わるところ」というテーマで、非二元と心の癒しの関係や日常生活で内なるスペースを育んでいく方法をお伝えします。また、3月2、3日の東京セミナーでは主に2日目(3月3日(日))にこのテーマについてお話します。

6月21〜23日の皆生温泉リトリートでは、エクササイズやお話の時間をゆっくりとって、この沈黙を皆さんでさらに深く味わいたいと思います。



個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会などのグループセッション
2日間特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in東京  3月2日(土),3日(日)10:15〜16:45
新大阪1dayリトリート 3月23日(土)10:15〜17:15
皆生温泉リトリート 6月21日(金)〜23(日)
境港お話会 次回開催は準備中です
Zoom読書会「「私」という夢から覚めてわたしを生きる」 2月3日(日)20:00〜22:00

大阪出張個人セッション
 3月24日(日)〜26日(火)
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2019/01/31 16:54 ] ブログ | TB(-) | CM(-)
プロフィール

中野真作

Author:中野真作
スピリチュアルセラピスト。1997年からヒーリング&カウンセリングルーム「スペースまほろば」主宰。悟り・非二元の視点から人生のあらゆる苦しみを手放すお手伝いをしています。
スカイプセッションと境港での対面セッションは随時、東京・大阪での出張個人セッションやお話会も定期的に行っています。セッションの詳細につきましては、スペースまほろばをご覧下さい。

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
2019年5月27日(月)〜29日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
皆生温泉リトリート
 6月21日(金)〜23日(日)
新大阪お話会
 5月26日(日)13:45〜16:15
境港お話会
 5月18日(土)13:30〜16:00
Zoom読書会
 5月12日(日)20:00〜22:00
全記事表示リンク
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。