心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

皆生温泉リトリート参加お申込受付開始とあれこれ

■2018年3月4日(日)東京1dayリトリート
■2018年3月25日(日)新大阪お話会
■2018年6月22日(金)〜24(日)皆生温泉リトリート
毎年恒例の皆生温泉リトリートを今年も開催します。始めた当初は何年続くかな、と思っていたのですが、昨年会場を東光園さんに変えたことで、新たな流れが生まれたような感じがしていて、今年で4回目を迎えることができました。参加お申し込み受付を開始しましたので、ご興味お持ちの方はお早めにお申し込み下さい。

先週木曜日、打ち合わせのために久しぶりに東光園さんに伺ったのですが、スタッフの皆さんがよいリトリートが出来るように親身に対応して下さって、エネルギーがとてもスムーズに流れる感じがしています。

今年も日本海と大山(だいせん)の絶景を望む展望会議室で、ご縁のある皆様と癒しと目覚めのプロセスを分かち合えることを楽しみにしています。

仮申し込みをして下さっている方には個別にご連絡しておりますので、お早めにお返事をお願い致します。

■癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート 開催概要

 日時:2018年6月22日(金)13時30分スタート
          〜24日(日)12時解散
 会場:皆生温泉 東光園
 参加費用:80,000円
   早割〜77,000円(60日前(4月23日(月))までのお振込)

詳細は下記のページをご覧ください。
 癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート【第4回】2018/6/22〜24

※参加を検討されている方は皆生温泉リトリートへお越しの方のための交通情報2018もご参考にして下さい。

詳しいご案内にも書きましたが、今回の皆生温泉リトリートでは、これまで以上に目覚めと癒しのプロセス全体の大きな流れを意識しながら、悟り、非二元と心の癒しの本質を実体験できるような内容にしようと考えています。

まず、人間としての自分をありのまま愛し、癒していくこと。次に、自分=人間である、というのが一つの思い込み、一つのストーリーにすぎないということに気づいていくこと。

本当の意味で楽になっていくときには、一見矛盾するこの二つの視点が自然と統合されていきます。そんな感覚を皆さんに味わっていただきたいと思います。


先日の打ち合わせ時の写真。リトリート会場となる7階展望会議室にて、大変お世話になっている東光園のYさんと妻。向こうに見えるはずの大山(だいせん)は雲に隠れて見えませんでした。


打ち合わせのあと、東光園のランチバイキングをいただき、温泉に入って帰りました。1日目の夕食と2、3日目の朝食はこの会場でのバイキングです。


昨年のリトリート終了後、撤収直前に撮影した展望会議室の様子。ここに座っているだけで、意識が大いなるものと一つになる感覚が自然に起こってきます。


ところで、お風呂入り口の休憩所にこんなポスターを見つけました。「ようこそ。心と体の避暑地 東光園へ」 ちょっといい感じなのでシェアします。クリックすると大きくなります。



-----

順番が逆になってしまいましたが、1月末の大阪(神戸)出張でお目にかかれた皆さま、ありがとうございました。出張から戻ってからしばらくの間少し慌ただしく、そのうち近年稀にみる大雪となって、なかなかこちらのブログ更新までエネルギーが向きませんでしたが、雪も一段落して、やっと私も余裕が出てきたところです。

先月の神戸1dayリトリートでは、昨年の皆生温泉リトリート以来のグループでのブレスワークを行ったのですが、これまでになく皆さんが様々な体験をしておられたのがとても印象的でした。

心の奥、無意識の領域に閉じ込められ、一時的に忘れ去られてしまった自分の一部にしっかりと触れ、取り戻していく作業は癒しと目覚めのプロセスにはとても大切です。呼吸を使ったブレスワークはそのためにとても役立つ技法です。

スペースまほろばのブレスワークは比較的穏やかな呼吸をゆっくりしてもらうスタイルで行いますので、どなたでも無理なく、そのときどきに必要なプロセスを体験していただけることと思います。

今年の皆生温泉リトリートでもグループのブレスワークを行いますので、ご興味お持ちの方はぜひ体験してみて下さい。また、ブレスワークは、大阪での出張個人セッションや境港での個人セッションでも行っています。

なお、次回の大阪出張は3月25〜28日です。25日(日)は新大阪お話会、「『私』をめぐる冒険」というテーマでお話をします。26〜28日の大阪出張個人セッションは残席1となっています。


先月の神戸1dayリトリートの様子。


ブレスワークが始まりました。


参加して下さった皆さん、ありがとうございました!



-----

ところで、お話会が終わったあとに「あれを話したのだから、これについても話しておくべきだった」とか「あのことをもう少しわかりやすく話せばよかった」と思うことがよくあります。

また、本が出てからいろんな方のご質問を受けることが多くなったのですが、その中で多くの方がひっかかりやすいポイント、誤解しやすいポイントがあることもわかってきました。

そういった部分を網羅的にまとめた、癒しと目覚めのプロセス全体をわかりやすくお伝えできる講座のようなものができたらいいな、と思い始めています。

思い始めても形になるまでには時間がかかる私のことですから、いつになるかはわかりませんが、原稿(の下書き)のようなものをぼちぼち書き始めているところです。

3月4日(日)の東京1dayリトリートや上記の皆生温泉リトリートではこの原稿をもとに癒しと目覚めのプロセスの全体像をお伝えできればいいな、と思っています。


-----

youtubeでこんなものを見つけました。私の本のまえがき部分をAIが朗読しています。思ったよりも自然なイントネーションでちゃんと頭に入ってくるので、ちょっと不思議な感じがします。




-----

2月17日(土)の境港お話会は、積雪のため駐車スペースが確保できそうもないので、お休みにします。ご了承下さい。3月は東京、大阪出張があって忙しいので、次回は4月に開催予定です。


北陸ほどではありませんが、普段は20センチ越えたら大雪だと感じる境港で60センチを越える雪が積もりました。


1メートル以上のつららを初めて見ました。



-----

先日来予告しておりますzoomお話会は、できれば今月中か遅くとも来月には始めようと思っています。決まりましたらこのブログでもお知らせ致しますので、もう少しお待ち下さい。



個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会

東京1dayリトリート 3月4日(日)10:20〜16:50
新大阪お話会 3月25日(日)13:15〜16:15
皆生温泉リトリート 6月22日(金)〜24日(日)
境港お話会 2月17日は積雪のためお休みです
・スカイプお話会はしばらくお休みします

大阪出張個人セッション
 3月26日(月)〜28日(水)
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2018/02/11 12:54 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

悟ってから自我を育てる

■2018年3月4日(日)東京1dayリトリート
■2018年3月25日(日)新大阪お話会
■2018年6月22日(金)〜24(日)皆生温泉リトリート
以前から、もっとも深い視点からみれば「私はいない」のだ、ということを皆さんにお伝えしていました。だから何も心配はいらないし、絶対に大丈夫なのだ、と。でも、今思い返してみると、私は、自我が確立されていないこと、自分と他人の境界がはっきりしていないことを、非二元的な意味での「私はいない」と混同していたような気がするのです。

以前は、自分は何もしていなくて起こっていることをただ見ているだけ、というような感じが本当にしていました。でもそれは、自我が確立されていなかったということ、自他の分離がしっかりできていなかったことのあらわれだったな、と思うのです。

最近は、私が私の意思で何かをやっているという感覚がしっかり感じられるようになってきました。でも同時に、私がやっているすべてのことには、何ら私個人的なものはないのだ、ということもわかっている感じです。

もう少し普通の言い方をすれば、私が言っていること、やっていることは、周囲の人たちの行動や周囲の世界で起こっていることに、私がこれまでの人生の中で学んできた条件付けに基づいて、自然に反応しているだけなのだ、という感覚でしょうか。

いわゆる一瞥体験のようなことを通して、すべてのものの一体性を感じると言う経験は比較的簡単に起こります。でも多くの場合、それだけではなかなか本当の意味では楽になりません。一番大切なことがわかったのにどうしてこんなに苦しいのだろう、と思う方がたくさんいます。

どうも、この「人間ゲーム」と言う夢の中では、自と他の区別を一度しっかり持つという事はゲームのルールとして必要なことのようなのです。でもそれは、もしかしたら、悟りを開く(=すべてのものの一体性を認識する=私はいないとわかる)ことよりも難しいのではないかとも思うのです。


トランスパーソナル心理学では自我をしっかり確立してからそれを超えていくということが大事だといわれます。でも今私自身の経験から思うのは、自我を確立するということ、つまり自分と他者が別の存在だということを本当に認識するのは、人間の根源的な孤独、つまり、一人で生まれてきて一人で死んでいくということを意識することにつながるので、恐れを感じて、とても難しいのです。

でもその時に、本当は一人ぼっちではなくて全てが深いところでつながっているのだと分かっていれば、つまり分離の世界はある種の夢なのだとわかっていれば、自我を確立すること、つまり自分と他者の間の(夢の)境界線をきちんと引くことがが比較的簡単になるのではないでしょうか。

つまり、自我を確立してからそれを超えるのではなくて、自分を超えたものを知ってから初めて、本当の意味での自我が確立できるのではないかと思ったのです。


特に私たち日本人は主語をあいまいにしたまま使える言語を使っているということもあって、自分の考えと他者の考えとの区別をはっきりさせないまま生きていくことができるような気がします。

もともと全体性に近いところで生きている、と言うこともできますが、自他の境界がはっきりしていないことで、必要以上に他者の影響を受けて、生きることが苦しくなっている人も多いようです。

全体性を認識してから、つまり悟りを開いてから、この分離した私、ゲームの駒としての小さな私と言う感覚をしっかり作っていくと言う道、これは、今ますます増えている、比較的若い時から目覚めや悟りの道に導かれている人にとってはもちろんのこと、それ以外の生きる苦しみを感じているすべての人たちにとっても必要な視点なのではないかと思っています。

そして、何より、その視点を持っていたほうが、生きることを十分に楽しめるのです。




ブログ内おすすめ記事
どうしたら悟れるか
「自分を愛する」ということ
(あらためて)感情を解放することの大切さについて
感情を感じること=自分を愛すること=自分が緩んでいくこと

-----

1月28日(日)の神戸1dayリトリート、残席8となっています。普段のお話会ではできないグループでのブレスワークも行います。

-----

1月31日(水)は久しぶりに(多分4年前の忘年会以来)新大阪でスペースまほろばの活動にご縁のある方の交流会(新年会)を行います。もうあと2、3名参加可能です。ご興味ございます方はこちらをご覧の上中野までご連絡下さい。

-----

今年の皆生温泉リトリートは6月22日(金)〜24日(日)に開催します。早ければ今月中には詳しいお知らせをしようかと思っていたのですが、今月は大阪出張他でホテルに打ち合わせにいく時間が取れないため、正式な参加お申込み受付は2月初旬からになる予定です。まだ参加費などを決めていませんが、参加ご希望の方の仮お申込みを受け付けていますので、ご希望の方はこちらをご覧の上中野までご連絡下さい。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会
神戸1dayリトリート 1月28日(日)10:30〜17:30
東京1dayリトリート 3月4日(日)10:20〜16:50
皆生温泉リトリート 6月22日(金)〜24日(日)※仮申込受付中
境港お話会 2月17日(土)13:00〜16:00
・スカイプお話会はしばらくお休みします

大阪出張個人セッション
 1月29日(月)〜31日(水) 満席、キャンセル待ち受付中
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2018/01/19 19:32 ] ブログ | TB(-) | CM(1)

空っぽさの共有

■2018年3月4日(日)東京1dayリトリート
■2018年3月25日(日)新大阪お話会
■2018年6月22日(金)〜24(日)皆生温泉リトリート
自分の内面の無意識の領域に触れて、癒されていなかった感情を感じ、浄化し、手放していくプロセスを深めていくと、自分の内側が空っぽの空洞であるような感じがしてきます。

私はいない、自分とはなんでもない、自分=世界である、という言葉が意味することが本当に腑に落ちてきます。

そのとき、当然のことですが、他の人も同じように空っぽなのだ、ということが自然と見えてきます。私たちは空っぽさ、空(くう)、つまり存在の本質を共有しているのです。

その人が何かをしゃべり、行動しているように見えていたのが、内側が空っぽの人形が操り人形のように動いているだけなのだ、ということがわかってきます。

すると、他者が何を言おうと何をしようと、気にならなくなってきます。そこにはその人という実体があるわけではなく、宇宙のエネルギーに操られて動いている人間の形をしたエネルギーがあるだけだとわかるからです。

そのとき、癒し、悟り、解放、という言葉の意味がわかります。生きることが本当に楽になるのです。


人が生きているのは目覚めるためであり、互いを目覚めさせるためなのだ、ということも同時にわかります。

面白いことに、私も他者もいないのだ、ということがわかってはじめて、人間として生きる喜びを深く感じることができます。

互いに自分が人間だという思い込みをもって苦しんでいる状態から、互いを鏡にしてその思い込みに気づき、その思い込みから協力しあって抜け出そうとしている、そのことを意識しながら人間という思い込みを生きるとき、人間としての人生が一番面白くなるのです。

もし、今あなたの人生がとても苦しいものであっても大丈夫です。その苦しさを通して自分の思い込みに気づき、人生の真実に目覚めることができます。そこから、人間としての生を十分に深く味わう道が開かれるのです。



-----

1月28日(日)の神戸1dayリトリート、参加お申し込み受付中です。普段のお話会ではできないグループでのブレスワークも行います。

-----

第二ブログ更新中
光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会
神戸1dayリトリート 1月28日(日)10:30〜17:30
東京1dayリトリート 3月4日(日)10:20〜16:50
皆生温泉リトリート 6月22日(金)〜24日(日)※仮申込受付中
境港お話会 2月17日(土)13:00〜16:00
・スカイプお話会はしばらくお休みします

大阪出張個人セッション
 1月29日(月)〜31日(水) 満席、キャンセル待ち受付中
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2018/01/09 18:58 ] ブログ | TB(-) | CM(2)

こだわり

■2018年3月4日(日)東京1dayリトリート
■2018年3月25日(日)新大阪お話会
■2018年6月22日(金)〜24(日)皆生温泉リトリート
「こだわり」というのは不思議なものだな、と思います。

何かにこだわること、何かでなければいけないと強く思うことは、この世界の中で大きな結果を残す原動力になることもあるし、同じこだわりを持っている人、つまり同じストーリーを信じている人と強く繋がっている感覚を感じさせてくれて、人生に生き生きとした感覚を与えてくれます。

一方で、何かでなければいけないと強く思うということは、その反対の何かを否定していることでもあります。世界の一部を否定しているということは自分の一部を否定していること、つまり自己否定です。否定された自分の一部は人生の問題(事故、病気、人間関係のトラブルなど、、)となって自分に向かってきます。自己否定は苦しみを生むのです。

自分の中の何かを否定しているとき、自分の中にまだ癒されていない痛みがあります。こだわりを持つというのは、それを見ないようにするための自我の巧妙な戦略なのです。

癒しと目覚めの道は、このこだわり=自己否定に気づき、それを手放していく道です。

とはいえ、誰も今すぐがこだわりを手放す必要があるわけではありません。自我を確立し自分の人生を切り開いていく段階にいる人は、自分のこだわりを大切にして、自分という足場を世界の中に形作っていく必要があります。その段階にいる人がこだわりを手放してしまうと、世界の中にいるための足場をなくしてしまうような、足元がおぼつかないような感覚になり、現実生活が難しくなる場合もあります。

でも、いつかは、そのこだわりこそが自分を制限し苦しめているのだ、ということに気づいていく段階がやってきます。

もしあなたがその段階に入りつつあるのなら、こだわりが単なるこだわり、単なるストーリーでしかない、ということにただ気づいてみましょう。気づき始めたときには自分という感覚が揺らぐ感じ、ある種のむなしさを感じます。でも、それは人生の中でとても大切な段階に入りつつある証です。

揺らぐ感覚、虚しい感覚を大切にして下さい。その感覚ありのままにしておいて下さい。そして何が起こるかをただ見ておいて下さい。

すべてのことを起こるがままにしておいて下さい。

こだわりがなくても、こだわっている自分という感覚そのものが揺らいでも、この世界はいつでももっとも適切な姿になっているのだ、ということがわかってきます。

今あるこの世界がそのままスピリットの表現であることがわかってくるのです。




-----

1月28日(日)の神戸1dayリトリート、参加お申し込み受付中です。普段のお話会ではできないグループでのブレスワークも行います。

-----

第二ブログ更新中
光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会
神戸1dayリトリート 1月28日(日)10:30〜17:30
東京1dayリトリート 3月4日(日)10:20〜16:50
皆生温泉リトリート 6月22日(金)〜24日(日)※仮申込受付中
境港お話会 2月17日(土)13:00〜16:00
・スカイプお話会はしばらくお休みします

大阪出張個人セッション
 1月29日(月)〜31日(水) 満席、キャンセル待ち受付中
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2018/01/07 19:10 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

対象に注意を向けるのか、気づきそのものに注意を向けるのか

■2018年3月4日(日)東京1dayリトリート
■2018年3月25日(日)新大阪お話会
■2018年6月22日(金)〜24(日)皆生温泉リトリート
先日ケン・ウィルバーの"Integral Meditation〜Mindfulness as a Path to Grow Up, Wake Up, and Show Up in Your Life"を読んでいたら、今の私にとても役立った部分があったので読者の皆さんにもシェアします。


瞑想するときに、意識の対象物(思考、感情、身体の感覚、インナーボディ、呼吸、ロウソクの炎、その他なんでも、、)に注意を向けるべきなのか、意識の対象物ではなくて意識そのもの、気づきそのものに注意を向けるべきなのか、迷うときがありました。

思考に気づく、感情に気づく、インナーボディを意識する、など、一つの対象物を選んでそれだけに注意を向け続けることは、そうすることで無意識の思考が静まり、内なる沈黙に気づきやすくなるので、とても大切な技法です。

また、そうすることで思考や感情、身体との同一化が緩み、つまり、思考や感情や身体が自分自身であるという思い込みが緩んできます。本当の自分というのは、思考や感情や身体ではなく、それに気づいている存在なのだ、ということがわかってくるのです。

一方で、瞑想の体験が深まってくると、対象物に注意を向けるのではなくて、対象物に気づいている気づきそのもの、意識そのもの、沈黙そのものに注意を向けることが必要になってきます。

それは言い換えれば、一つの対象に注意を向けておくのではなく、すべての対象に平等に注意を向けておくような感覚です。特定の何かに気づいているのではなく、すべてに気づいている感じ。

私はよく、気づきそのものに気づく、意識そのものを意識する、というような言葉を使いますが、この感覚は目覚めのプロセスの最終段階ではとても大切なことです。それは、この感覚を保っていると、やがて、対象物とその対象に気づいている私、という最終的な分離の感覚が緩んでくるからです。

ただ、実際に瞑想をしていると、内側の注意が対象物に向いていたり意識そのものに向いていたりと、揺れ動くような感じがあったり、どちらかに向いているときでも、このままこれを続けていてもいいのかな、というような思考が出て来たりして、どうも落ち着かないときがあったのです。


ケンウィルバーは、この両方を5分おきに切り替えろ、と書いています。これは私にとって目からウロコでした。

実は、最初、5秒おきだと勘違いしていて、あんまり短すぎる感じがしたので、自分で勝手に15秒くらいにしてやっていたのですが、最近にない内的な深まりの感覚、内的な自由が広がる感覚を感じました。

5分を意識してやってみるとちょっと長すぎる感じもしたので、1分から2、3分くらいの間隔でやってみてもいいのではないかと思います。


瞑想そのものにあまりなじみのない方は、気づきそのものに注意を向ける、と言われての何のことかわからないこともあると思いますので、そんなときは対象物に注意を向ける方法でやって下さい。

気づきそのもの、という感覚がわかり始めた方は5分おきに注意を切り替えるというこの方法はとても有効だと思います。

すべてが気づきなのだ、ということが本当に深くわかってしまった方は、、、もう瞑想する必要はないかもしれませんね。(^_^)

また、瞑想一般に関するアドバイスとして、瞑想全体の時間は、最初は20分くらいから始めて、慣れてきたら朝と夜2回にしたり、1回の時間を1時間くらいまで伸ばすのもいい、ただ、20分が長すぎると感じるときは、時間を短くしてもいいので毎日やるほうがいい、ということも書かれています。


よく聞かれることなのですが、私自身はきちんと座って瞑想するようなことはほとんどやったことがありません。ただ、毎日の生活の中で、自然と内的な沈黙に引き込まれるような感じがすることがあるので、そのときには、その沈黙をしばらくの間意識的に味わうようにしています。

また、夜寝る前、布団に入ってから、内側の感覚にただ意識を向けるということはよくやります。今日のこの記事に書いた内容は、私にとっては寝る前の瞑想タイムにピッタリでした。

ご興味お持ちの方はどうぞご参考にして下さい。



-----

前回の記事ご紹介したアメブロですが、短い文章を書くのは今の私に合っているような感じがしてきました。いつまで続くかわかりませんが、基本的に毎日更新していますので、興味をお持ちの方はぜひご覧になって下さい。

光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会
神戸1dayリトリート 1月28日(日)10:30〜17:30
境港お話会 2月17日(土)13:00〜16:00
東京1dayリトリート 3月4日(日)10:20〜16:50
皆生温泉リトリート 2018年6月22日(金)〜24日(日)※仮申込受付中
・スカイプお話会はしばらくお休みします

大阪出張個人セッション
 2018年1月29日(月)〜31日(水) 満席、キャンセル待ち受付中
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。

[ 2017/12/29 20:35 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

クリスマスに想う

■2018年3月4日(日)東京1dayリトリート
■2018年3月25日(日)新大阪お話会
■2018年6月22日(金)〜24(日)皆生温泉リトリート
最近いろんな人に会いたい気分なので、普段引きこもり気質の私にしては珍しく、地域のクリスマス関係のイベントに連日出かけたりしていました。そこで、いわゆる「リア充」っぽい若い親子づれなどを見ると、自分の子供時代のことなどを思い出して、ちょっと心が苦しくなったりします。

だいぶ前からうすうす気づいていたのですが、私はこんな感覚を感じないようにするために仕事以外で人に会うのを避けていたのだな、とあらためて自覚しました。セラピストとクライアントという枠を外して人と関わると、自分の未解決の痛みがより深く刺激されてしまうからです。

昨夜はずっとそんな感覚に浸って辛かったのですが、それもありのまま感じとっていたら、今朝には何かが抜けていったような感じで、生まれ変わったような新鮮な気分になっていました。

心が辛くなるときというのは、どんなときでも自分の未解決のエネルギーが意識に浮上してきているときです。それはとても大切な癒しのチャンスなのです。

でも、ほとんどの人はそんな状況になるとその辛さをまぎらわせようと他の活動に没頭します。場合によっては、その辛さを感じさせた他者を責めたりします。それはある意味とてももったいないことです。自分をしっかり見つめよう、癒そうとしてセラピーを受けたりしなくても、そうして辛さや苦しさが自然に浮上してくるそのときにこそ自分しっかり見つめて癒すことができるからです。

前回の記事でこんなことを書きました。
だれもが皆が本当の「私」を思い出す旅の途中にいます。そのことを意識しながら旅をするのと、そのことを忘れてしまって旅をするのでは、旅の楽しみがずいぶん違ってきます。そのことを意識しながら旅をすれば、旅の中で出会うすべてのことが本当の「私」を思い出すきっかけになるのです。

最近、人に会うのが楽しい、と思っている自分に気づいて、ちょっと驚きました。長い間対人恐怖的な感覚を持っていた自分がそんなことを考えていることが意外な感じがしたのです。でも、それは同時に、一人でいても安心していられる感覚、そして、人からどう思われてもかまわないという感覚とつながっています。

もっとも深い視点から見れば「他者」というものは存在していません。出会うべき他者、自分のことをあれこれ判断する他者というのは自分の一部なのです。そのことを本当に思い出したときに初めて、見かけ上の他者との関わりが、楽しく、愛おしいものになります。

人は目覚めるために生まれている、このことをあらためて実感する今日この頃です。



-----

ずいぶん前に作って放置状態だったアメブロをぼちぼち更新しています。こちらのブログに書くほどではない短い言葉が浮かんできたときは、これまではツイッター〜フェイスブックに投稿していたのですが、古い投稿は埋もれてしまってあまり人目に触れなくなってしまうので、今後はこちらに主に書いていこうと思います。

光の中を歩む〜スペースまほろば第二別館

-----

次回の境港お話会は2月17日(土)に開催します。今後は当面の間不定期での開催となります。2ヶ月に1回くらいはやりたいと思っています。

-----

現在お休みしているスカイプお話会にかわって、zoomを使ったオンラインのグループセッションを計画中です。生きづらさを感じながらも癒しと目覚めのプロセスに関心をお持ちの方々が自由に交流する中で気づきを得られるような会にできたらな、と思っています。日時など決まりましたら、このブログでお知らせ致します。

※zoom(ズーム)はスカイプに似たweb会議ソフトで、一対一でも使えますが、複数人での会議通話のために作られています。スカイプと違ってスペックの低いパソコンやスマホなどでも安定して通信できることや、会議を主催する人以外はアカウントを作ったりログインしたりする必要がない(ソフトをインストールするだけでいい)など、スカイプよりも使いやすい点が多いようです。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会
神戸1dayリトリート 1月28日(日)10:30〜17:30
境港お話会 2月17日(土)13:00〜16:00
東京1dayリトリート 3月4日(日)10:20〜16:50
皆生温泉リトリート 6月22日(金)〜24日(日)※仮申込受付中
・スカイプお話会はしばらくお休みします

大阪出張個人セッション
 1月29日(月)〜31日(水) 満席、キャンセル待ち受付中
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2017/12/26 15:41 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

スペースまほろば20周年と最近思うことなど

■2018年3月4日(日)東京1dayリトリート
■2018年3月25日(日)新大阪お話会
■2018年6月22日(金)〜24(日)皆生温泉リトリート
いよいよ今年もあとわずかになりましたね。先日ある方と話をしている中で突然思い出したのですが、今年2017年は私が「スペースまほろば」という名前でセラピストとしての活動を始めて20年の節目の年でした。古い記録を調べてみると、最初にお金をいただいてセッションを行ったのが1997年の9月4日で、なんだか自分でも信じられませんが、それからもう20年と3ヶ月もすぎていたのでした。

ここまで続けてこられたのは、私の活動に興味を持って下さり、様々な形で私と関わって下さった皆様のおかげです。本当にありがとうございます。


最近、いろんな方から「20年も続けられるってすごいですね」と言われます。そう言っていただけてとても嬉しい一方で、それしかできなかったからなぁ、という思いもあります。

私は子供の頃から自己評価がものすごく低くて、いつもこんな自分ではだめだ、という思いを持っていました。こういった仕事をしながらも、どこかで、こんなことを話したり書いたりしてもいいのだろうか、変な人だと思われるのではないだろうか、とどこかビクビクしていました。本の出版のお話をいただいたときにも、こんな本出して大丈夫ですか?と聞いてしまったほどです。

でも、昨年本が出て以降、読んで下さったから、とても役立った、生きることが楽になった、自分の体験していることの意味がわかった、などなどのとても嬉しい肯定的なフィードバックをたくさんいただき、自分がこれまでやってきたことが間違っていなかったのだ、これでよかったのだ、とやっと自分を肯定的に受け入れられるようになってきた感じがしています。

ずっと普通じゃない自分が受け入れられませんでした。人間としていろんなものが欠けているような気がしていました。でも、今ここにこうして生きていることそのものがどれほど不思議で素晴らしいことなのかが深くわかってくるにつれ、無いものは無くてもいいし、無理に求める必要もないのだな、と思えるようになってきました。

自分の内側に、どれほど心理的な癒しを進めても埋めがたい空っぽさがあります。でも、それを無理に埋めようとせずに、ただその空っぽさと一緒にいることができると、その空間に自然に流れ込んでくるものがあります。いや、もともと空っぽに見えていたそこが、本当は満たされた空間だったことがわかります。

それに、私が自分の内側にあるその空っぽさをありのまま認めていると、一緒にいる人がなぜか楽になるようなのです。その人の空っぽさと共鳴しあい、その人もありのまま認められているという安心感を感じるのでしょう。


個人としての「私」は単なるストーリー、思考が作り上げたまぼろしのようなもので実態としては存在していない、ということがはっきり見えてきて初めて、個人としての私はどんな私であってもありのままで大丈夫なのだ、そのままで完全に存在を許されているのだ、ということがわかります。人間としての個人が癒されて楽になるということと、意識の目覚め=非二元の認識=悟り、というのは別のものではない、一つのプロセスの両面なのです。

本来の「私」というのは世界全体、存在全体のことです。その全体としての「私」からからあまりにも多くの部分を切り離して「私」を小さな枠の中に閉じ込めてしまうと身体や心の病気になってしまいます。一方、ほとんどの人は、そこまで多くの部分を切り離してはいませんが、知らないうちにかなりの部分を切り離しているので、この身体と心だけが自分だと思い込む「病気」になっています。私がいてあなたがいる、私がいて私ではないものがあるという、分離の世界、ストーリーの世界に閉じ込められているのです。

だれもが皆が本当の「私」を思い出す旅の途中にいます。そのことを意識しながら旅をするのと、そのことを忘れてしまって旅をするのでは、旅の楽しみがずいぶん違ってきます。そのことを意識しながら旅をすれば、旅の中で出会うすべてのことが本当の「私」を思い出すきっかけになるのです。

そんな視点を意識しながら、これからも私に関わって下さる皆さん(=私自身)の癒しと目覚めに役立つ活動を続けていきたいなと思っています。

というわけで、思いつくまま書いてみましたが、皆さま、今後ともどうぞよろしくお願い致します。



個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会
神戸1dayリトリート 2018年1月28日(日)10:30〜17:30
東京1dayリトリート 2018年3月4日(日)10:20〜16:50
皆生温泉リトリート 2018年6月22日(金)〜24日(日)※仮申込受付中
境港お話会 来年の予定は決まりしだいお知らせします。
・スカイプお話会はしばらくお休みします

大阪出張個人セッション
 2018年1月29日(月)〜31日(水) 満席、キャンセル待ち受付中
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2017/12/18 12:15 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

ありのままを許されたとき、もっとも深い癒しが起こる

■2018年3月4日(日)東京1dayリトリート
■2018年3月25日(日)新大阪お話会
■2018年6月22日(金)〜24(日)皆生温泉リトリート
多くの方が苦しみからの解放を求めて私のセラピーを受けて下さいます。中には悟れば苦しみがなくなると思っている方もおられるようですが、悟れば(全体性を思い出せば、世界の空性を思い出せば)すべての問題が突然消えたり、いきなり楽ちんになってしまうわけではありません。苦しみからの解放のためには人間としての未解決の問題にきちんと向き合って、それを癒していく必要があります。

悟りの体験、ある種の一瞥体験をすると、自分の問題はなんら私個人的なものではない、とわかることで、その問題に向き合いやすくなりますが、その体験自体は真の癒しと解放へのスタート地点にしかすぎないのです。


とはいえ、癒しと悟りは別のものではありません。それは一つに繋がった連続したプロセスです。

人生の苦しみは、もともと自分と自分以外には境界線はなく世界全体が自分なのに、この世界というゲームを楽しむために作った仮の境界線をリアルなものだと勘違いしてしまうことから生まれます。自分の一部を自分ではないものとして自分から切り離し、無意識の領域に閉じ込めて、なかったことにしてしまうのです。具体的に言えば、それは一般的に否定的なものだと考えられている性質を持った自分の一部、怒り、悲しみ、暴力、狂気、セクシャリティなどであることが多いです。

癒しと悟りのプロセスとは、その切り離してしまった部分をもう一度自分に取り戻していく作業のことです。もちろん、そういった部分をそのまま表現することが必要なわけではありません。ただ、自分の中にもある、と認めればいいのです。すると、自分と自分以外を分けている境界線が緩んできます。すべてが私だったのだ、ということを思い出していきます。

見たくないから無意識に抑圧しているのですから、多くの場合、それをもう一度自分に取り戻していくプロセスは苦しいものになります。そのため人はその切り離してしまった部分を自分の外側に映し出し、他者や社会に問題があると考えてしまいます。

以前の私は、そんなことをしていてはいつまでも癒されないし目覚められないよ、という感じで、そうしてしまうことを否定的にとらえていたような気がします。苦しいけれど頑張って自分の無意識としっかり向き合っていくことこそがよいことだと考えていたのです。

数年前に亡くなったセラピストの吉福伸逸さんはその著書の中で「セラピーとは悪魔的なものだ」と語っていました。その人の見たくないものに直面させようとするからです。以前の私のセラピーはその言葉通り、どこか無理やりにでも直面を促し、そうすることでその人を変えていこう、気づかせていこう、という傾向が強かったような気がします。でも今思えば、そうやって強く直面させようとしていたのは自分自身がしっかり直面できていなかったことの裏返しだったな、という気がします。

ほとんど動けなかったほどの腰痛から回復していくプロセスの中で、生まれてこのかた50年間にわたって私の心の奥に閉じ込められていた痛みや苦しみのエネルギーがとめどなく溢れてくる体験をしました。そんな自分のプロセスを見るにつけ、切り離してきた自分の側面にどんなに一生懸命直面しようとしても、受け止める準備ができていないときにはそれに触れていくことは不可能なのだな、と痛感しました。

それに、不用意にそこに触れてしまうと、一時的にせよさらに苦しみが大きくなって、日常生活が困難になってしまうことさえあります。自分の問題を外の世界に映し出して外側の問題だと考えてしまうという心の働きは、そうすることで宇宙が自分を守ってくれている、とても大切なことなのだとわかりました。


とはいえ、時がくれば意識の光は自然と心の一番深いところまで届き始めます。さまざまな形で見ないようにしていたエネルギーが意識の表面に浮上してくるときがあるのです。

そんなときセラピストしての私ができることは、閉じ込めていたそのエネルギーが自然と浮上してくることのできる空間、スペースを提供することです。その人に起こっているプロセスをできるだけ邪魔することなく、そのプロセスが自然に展開できるようにお手伝いをすること。その人が感じていることをそのまま感じられるようにサポートすること。

もう少し具体的に言えば、ブレスワークなら、そのとき自然に起こっている呼吸のパターンに沿って一緒に呼吸をしたり、ヒプノセラピーなら、そのとき浮かんでいるイメージをさらに拡げられるような質問をしたりします。

本当は何の問題もないのだ、誰もが今そのままの姿で許され愛されているのだ、とわかりながら、苦しんでいる人と一緒にいるとき、もっとも深い癒しが起こることが多いようです。

同じように、この世界には何の問題もないと分かった時にこそ、世界を改善しようとする試みは一番効果的なのかもしれない、そんなことを思います。




個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会
神戸1dayリトリート 2018年1月28日(日)10:30〜17:30
東京1dayリトリート 2018年3月4日(日)10:20〜16:50
境港お話会は12月はお休みです。来年の予定は決まりしだいお知らせします。
・スカイプお話会はしばらくお休みします

大阪出張個人セッション
 2018年1月29日(月)〜31日(水) 満席、キャンセル待ち受付中
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2017/12/04 21:39 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

愛着障害

■2018年3月4日(日)東京1dayリトリート
■2018年3月25日(日)新大阪お話会
■2018年6月22日(金)〜24(日)皆生温泉リトリート
まずお知らせです。次回の東京1dayリトリートは来年3月4日(日)に開催することにしました。前回に引き続き今回も20名限定と致しますので、参加ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。その前の1月28日(日)の神戸1dayリトリートも参加お申し込み受付中です。神戸ではブレスワークのグループセッションも行います。

-----

先日大阪出張中に書店で「愛着障害 子ども時代を引きずる人々」という本が目に留まりました。最近ずっと気になっていた言葉だったので、何となく購入したのですが、出張から帰ってから2日で一気に読んでしまいました。



私は人に対して愛着を感じる、誰かに親しみを感じる、という感覚がよくわかっていませんでした。母親にも、父親にも、それ以外の誰とも心が繋がったと感じたことがなかったのです。自分はどこか心理的に大きな欠陥を抱えているな、と思っていました。そのことはかなり前からなんとなく感じていたのですが、はっきり自覚できるようになったのは、3年少し前の腰痛以降です。

この話をすると「中野さんがそんなふうに感じていたなんて」と驚かれることがあります。どうも私は、目覚めた私というアイデンティティにしがみつき、そういう自分はどんなふうにふるまうべきなのかと頭で考え、あるべき自分を演じていたような気がします。そうすることできちんと向き合うのはあまりにも辛かった心の痛みを見ないようにしていたのです。

この本の中に出てくる「安全基地」という言葉がとても印象的です。私は自分が安心して自分でいられる安全基地をまったく持っていませんでした。家の中でもいつも緊張していたし、親と話すときでさえ緊張して吃っていたのです。

今やっと、自分の一番深い痛み、一番深い傷にしっかり触れていけるだけの心の余裕、心のスペースが生まれてきたようです。その痛みとそれに付随する悲しみや怒りをありのまま感じとることで、これまで感じられなかった安全基地を自分の内側に作ることができつつあります。すると面白いことに、妻との関係を初めとして、他者との関係の質がこれまで想像もしたことがないような形で変わってきたのです。人の中で安心していられる感覚。大切な人との関係が安全基地になる感覚。

これまでこの感覚を知らずによく生きてこれたな、と思います。

きっとこれまでも、多くの人が私に親しみを感じ、私との関係を大切なものだと思ってくれていたはずです。私自身が人に親しみを感じるという感覚をわかっていなかったので、その思いをしっかり受け止めることができなかった。なんだか申し訳ないことをしたような、もったいないことをしたような気がします。

私の心の一部は保育園に通っていた頃のまま成長を止めていました。今やっとその部分に暖かい光が当たり、ゆっくり融け始めているようです。





個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会
神戸1dayリトリート 2018年1月28日(日)10:30〜17:30
東京1dayリトリート 2018年3月4日(日)10:20〜16:50
境港お話会は12月はお休みです。来年の予定は決まりしだいお知らせします。
・スカイプお話会はしばらくお休みします

大阪出張個人セッション
 2018年1月29日(月)〜31日(水) 残席1(1/29 18時〜)
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2017/11/28 21:26 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

痛みを避けるためにストーリーにしがみつく

■2018年3月4日(日)東京1dayリトリート
■2018年3月25日(日)新大阪お話会
■2018年6月22日(金)〜24(日)皆生温泉リトリート
ちょっと遅くなりましたが、11月19〜22日の大阪出張でご縁をいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

このあとの記事にも少し書いていますが、最近また内面が大きく動いていて、心の奥深くにいまだ残っていた痛みのエネルギーが浮上する感覚があり、微妙な違和感、不全感のようなものを感じていたのですが、今回のお話会や個人セッションでの皆さんとの対話や個人的にお話させていただいた方々との交流を通して、その不全感がかなり小さくなっています。

まだこんな感覚があったのか、と不思議に思うと同時に、ちょっとわくわくしたりもします。人生とは終わりなく展開していくものなのだな、とあらためて感じています。

-----

この1、2ヶ月くらい、またすごく涙が出ます。自分がどれほど傷ついていたのか、ということがますますはっきり見えてきて、あきれるような気分になると同時に、それまで意識したことのなかった光が見えてくる感じがしています。


痛みをただありのまま感じ取ればそれでいい。光のもとにあらゆる感情をさらけだして、それが流れていくままにすればいい。

ものすごく単純なことなのに、それができずに、私たちはいろんなストーリーにしがみついて、その痛みを直接感じることを避けようとします。

頭の中で言葉をもてあそぶことで、問題の真の解決から逃げようとします。


これまでの人生でやってきたほとんどのことはその痛みを避けるためだったのだと気づき始めたとき、人生全体を否定するような感覚があって、とても苦しい時期がありました。

でも、真の目覚めとは「人生」というストーリーから目覚めることです。「私」というストーリーのはかなさに気づくことです。


どんなものごともやって来ては去っていくということ、すべてははかないということ、そして、そのことを思って虚しくなる私すらはかないものだということに気づき始めると、人生にまったく新しい次元が開かれてきます。

すべては流れの中にあって、どの瞬間もそのときどきにもっとも相応しい形をとっているということ。これまでもこれからも、すべては常に適切な形でしか存在していないということ。「ありのまま」という言葉が表現するもっとも深い意味。

やがて、悟りというストーリーも、心の傷というストーリーも、単なるストーリーであることに気づき、今ここに深くリラックスします。


リラックスする人がどこにもいないほどのリラックス。

聞く人はどこにもいないほどの深い沈黙。

見る人はどこにもいないほどのまばゆい光。


沈黙として在れ。

光として在れ。

ただ、在れ。




個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会
神戸1dayリトリート 2018年1月28日(日)10:30〜17:30
・スカイプお話会はしばらくお休みします

大阪出張個人セッション
 2018年1月29日(月)〜31日(水) 残席1(1/29 18時〜)
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2017/11/25 23:00 ] ブログ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

中野真作

Author:中野真作
スピリチュアルセラピスト。1997年からヒーリング&カウンセリングルーム「スペースまほろば」主宰。悟り・非二元の視点から人生のあらゆる苦しみを手放すお手伝いをしています。
スカイプセッションと境港での対面セッションは随時、東京・大阪での出張個人セッションやお話会も定期的に行っています。セッションの詳細につきましては、スペースまほろばをご覧下さい。

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
2018年3月26日(月)〜28日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
東京1dayリトリート
 3月4日(日)10:20〜16:50
新大阪お話会
 3月25日(日)13:15〜16:15
皆生温泉リトリート
 6月22日(金)〜24日(日)
全記事表示リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。