心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

目覚めた人と目覚めていない人

■2017年7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート ※早割期限(5月2日)が近づいています。
前回のお話会のことを書こうと思っているうちに、暑さと忙しさにかまけて、あっと言う間に2週間すぎてしまいました。(^_^;)

前回、7月18日のお話会(フリートーク)の会は初めてセッションルームを離れて、勉強会を行っているのと同じ貸し会議室で行いました。

これまでは座布団で膝を突き合わせながらの会だったのが、机を囲んでイスに座ってのグループはずいぶん雰囲気が変わるのではないかと心配していましたが、いつもと同じまったりした感覚は変わらず、しかも、セッションルームだと入りきれない人数の方にご参加いただき、それぞれが新たな気づきを得ておられたようで、嬉しい限りです。

このまったりした感覚はスペースまほろばが(私が?)持つエネルギーなのかもしれませんね。(^_^)

もう一つ、最近お話会や勉強会でとても嬉しく思うことは、「これまでこんな話を出来る人がいなかった」という声をよく聞くことです。「こんな話を人としたのは初めてだ」という方もいらっしゃいました。

もっとも深いリアリティをかいま見始めると、まだそのことに気づいていない人たちと過ごす日常の時間がとても苦痛に感じるときがあります。

そんなときでも、同じ体験をしている人たちと時間を過ごすことによって、自分がおかしくなったわけではないこと、同じような体験をしている人たちがこの世界にたしかにいること、を感じ取ることができると、普段の生活にもゆとりが出てくるような気がします。

そして、やがて、自分の内側の二元性にすべて光を当てることができたとき、言い換えれば、思考が作り出したストーリーがすべて単なるストーリーにしかすぎないと気づいたとき、目覚めている人も目覚めていない人もなく、すべてはありのままでオッケーなのだ、ということがごく自然に理解されるのです。

-----

今週日曜日、8月5日(日)14時から、新大阪でエックハルトトール勉強会です。今回も初めてご参加の方から参加ご希望をいただいています。1回だけのご参加も歓迎致します。参加ご希望の方はお気軽にご連絡下さい。

なお、エックハルトトール勉強会は今回が最終回となり、9月からはアジャシャンティ勉強会を行います。

お話会(フリートーク)の会は、次回は8月22日(水)19時からです。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話カウンセリングをご利用下さい。新大阪と境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキングを見てみる
人気ブログランキングを見てみる

目覚めのエネルギーの循環(エックハルトトール勉強会最終回で感じたこと)

■2017年7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート ※早割期限(5月2日)が近づいています。
日曜日のエックハルトトール勉強会の最終回に参加して下さったみなさん、ありがとうございました。5ヶ月間にわたるこのグループでの体験は、私自身にとっても、気づきを深めていく貴重な体験になりました。

いつも思うことなのですが、私は個人セッションやグループに来て下さる皆さんとの関わりを通して、自分自身の内面を見つめる作業を続けています。

皆さんとの関わりを通して自分の目覚めが深まり、空(くう)の自覚が深まります。すると、その空のエネルギー、目覚めのエネルギーを必要として下さる方が私のところにやってきて、その方の目覚めもまた深まります。その方との出会いを通して私の気づきと目覚めもさらに深まり、、、。という素敵な循環が生まれているように思うのです。

こうしてセラピーやグループを続けていけるのも、参加して下さる皆さんがいてこそです。

今回のエックハルトトール勉強会で得た気づきと目覚めのエネルギーを、今後の個人セッションやグループを通してさらに皆さんと分かち合っていけることに深く深く感謝致します。


毎回恒例になりましたが、tontonさんが勉強会の感想を書いて下さっているので、ご紹介致します。

エックハルトトール勉強会 最終回 by tontonさん
http://ameblo.jp/togo/entry-11321061797.html


9月からの勉強会はアジャシャンティの「あなたの世界の終わり」をテキストにして、意識の目覚め、悟り、心の癒しなどについてさらに学びを深めていこうと思います。

すでに、ぼちぼち参加のご希望をいただいています。個人セッションと違ってキャンセル料などはありませんので、参加ご希望の方はお早めにご連絡をお願い致します。

初回は新大阪で9月9日(日)14時からです。詳細はアジャシャンティ勉強会をご覧下さい。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話カウンセリングをご利用下さい。新大阪と境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキングを見てみる
人気ブログランキングを見てみる

目覚めた人と目覚めていない人(2)

■2017年7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート ※早割期限(5月2日)が近づいています。
先日書いた「目覚めた人と目覚めていない人」を読み返していて思い浮かんだことをもう少し書いてみました。

-----

自分の内側で目覚めのプロセスが始まって、世界のより深い次元を感じ取るようになると、「あの人は目覚めているけど、この人はまだ目覚めていない」というような思考が自然と心に浮かんでくる時期があります。

誰に出会っても、その人がどの程度目覚めているのか、自分よりも目覚めているのか、ということが気になってしまったりします。

自分のほうが目覚めが深いぞ、と思えば優越感を感じ、この人は自分よりも目覚めているようだ、と思えば劣等感を感じてしまいます。

もう少し気づきが深まってくると、そんな判断をしてしまう自分自身に罪悪感を感じてしまうこともあるかもしれません。

でも、どんな思考が心に浮かんできても、それをそのまま信じる必要はないのです。

「あの人は目覚めている」「この人は目覚めていない」というような思考が浮かんできたら、それを単なる一つの思考だと気づいて、ただ流していきましょう。

人の目覚めについてあれこれ判断を下す自分自身を判断している思考に気づいたら、それも単なる一つの思考だと気づいて、ただ流していきましょう。

そういう思考(言葉の流れ)が頭の中を通り過ぎていくことに、ただ気づいておきましょう。


少し別の視点から見れば、他者が目覚めているかどうかということが気になるということは、自分自身がまだ目覚めていない、とうことを教えてくれる大切なメッセージです。

真実の目覚めの状態に落ち着いてくると、つまり、あらゆる二元性を超えてすべてのものをありのまま見ることができるようになってくると、目覚めている人、目覚めていない人、という視点も抜け落ちていきます。

目覚めているように見えたり、目覚めていないように見えたりするその状況そのものが、目覚めそのもの、空そのもの、存在そのもののかけがえのない表現であることが見えてきます。

「すべてのことはただそうなっているだけである」という言葉の意味が理解されます。

「ありのまま」という言葉の意味が理解されます。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話カウンセリングをご利用下さい。新大阪と境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキングを見てみる
人気ブログランキングを見てみる

世界が終わる感覚~エックハルトトール勉強会へ参加して下さった方のご感想から

■2017年7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート ※早割期限(5月2日)が近づいています。
先日のエックハルトトール勉強会に参加して下さったKさんよりご感想をいただきました。ご本人の承諾を得ましたので、ご紹介致します。Kさん、ありがとうございました。

なお、エックハルトトール勉強会は前回で終了し、9月からはアジャシャンティの「あなたの世界の終わり」をテキストにして、さらに学びを深めていきます。
詳細はアジャシャンティ勉強会をご覧下さい。

-----ご感想ここから-----

昨日の勉強会で大いなる存在について議論になった時、私自身は大いなる存在というものを感じたことがあるように思っていたのですが、皆さんがわからないとおっしゃったので、自信がなくなってしまったんですが、もしかしてあれは自分の思いこみなんでしょうか。自分と重なりながらも自分の後ろにいるような感覚で、自分が見ているんですけど、自分を含めて世界全体を見ているような感覚です。

今日帰りに電車でそういう感覚で座っていたら、ふと長かった旅が終りに近づいてきたような気がして、ものすごくほっとして安心感に包まれました。

そして先ほど洗面所で鏡を見ながら歯磨きをしていたら、ふいにここにいるのは自分であるのに新しい自分になったような、そして周りのものは何一つ変わっていないのに、別の世界、次元が違う世界にシフトしたような不思議な感じを覚えました。自分は生まれ変わったのかもしれない、アジャシャンティのいうあなたの世界の終わりってこういうことかも・・・、って思いました。

なんだか本当に幸せな気持ちです。いつまでこの感覚が続くのかわかりませんが、今はこの感じを大切にしようと思います。

ちなみに今回は、人にどう思われたかとか、逆にあの人はどうだとか思う気持ちは全然わいてきませんでした。不思議なものですね。

9月からの勉強会、楽しみにしています。

-----ご感想ここまで-----

大いなる存在の感覚、気づきそのものの感覚、存在そのものの感覚、言葉は何でもいいのですが、エゴを超えた「何か」の感覚がよくわからないとおっしゃる方に、私がよく言う言葉の一つとして「頭の斜め後ろから世界を見ている感じを想像してみる」というものがあります。

この心と身体から成っている小さな自分を含めた世界全体を眺めているような視点、といったらいいでしょうか。いわゆる「目撃者の視点」です。

Kさんはその感覚を自然に感じておられたのだと思います。

そして、勉強会のエネルギーを感じることで、その感覚がさらに深まったのかもしれません。


自分のアイデンティティが個としての自分、エゴとしての自分から離れて、大いなる自分にシフトしてくると、個としての自分が以前とまったく同じように何らかの悩みや心配ごとを抱えていたとしても、そのことが「問題」ではなくなってくるように感じられます。

ただ対応すべき出来事があるだけで、それが心配の思考や不安のエネルギーを生み出す「問題」ではなくなってくるのです。

すると、何をしているときにも心の一番奥深くに「平安」があることを感じることができます。

それは、通常の言葉でいう「幸せ」とはまったく違う何かです。

それは、個としての自分がどんな状況にあろうとも、存在の一番奥深くにいつもあるものです。


日常生活の中で何をしているときにも、できるだけ、その「目撃者の視点」「自分を斜め後ろから見ている感覚」を意識するようにしてみて下さい。

やがてあなたの存在全体が別の次元へとシフトしていく瞬間がやってきます。

自分が、大いなる存在そのもの、意識そのもの、平安そのものであることを思い出す瞬間がやってきます。

-----

次回のグループセッションはお話会(フリートークの会)が8月22日(水)19時~21時、アジャシャンティ勉強会(読書会)が9月9日(日)14時~17時です。どちらも新大阪での開催です。このブログに興味をお持ちの方はお気軽にご参加下さい。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話カウンセリングをご利用下さい。新大阪と境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキングを見てみる
人気ブログランキングを見てみる
[ 2012/08/11 21:52 ] セラピーのご感想 | TB(0) | CM(0)

共鳴セッション(意識の拡張セッション)のご案内

■2017年7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート ※早割期限(5月2日)が近づいています。
本家サイトのセッションメニューの中に「共鳴セッション(意識の拡張セッション)」というページを作ってみました。

「作ってみました」というのは、昨年作った「リーディング」のページと同じなのですが、まったく新しい何かを始めたわけではなく、セッションを受けに来て下さる方との交流の中で自然発生的に始まった内容を改めてまとめたものだからです。

少し前に「沈黙の伝達」という記事にも書きましたが、心を空っぽにして人と向き合うことは相手に対して与えられる最大の贈り物です。その人がありのままでいられるためのスペースを与えていることになるのです。

それがもっとも深いレベルで作用したとき、自分の中の大いなるものと相手の中の大いなるものが共鳴しあって、マインドでは想像もつかない意識の変容が生まれます。


最近は東京や福岡など遠方からセッションに来て下さる方も増えてきました。

それでも、海外の方を含めて、スペースまほろばの活動に興味を持って下さっていても、なかなか実際にセッションを受けに来るのが難しい方もおられます。

このセッションは、特にスカイプのビデオ通話を利用することで、距離に関係なくみなさんの目覚めのプロセスをサポートできることに気づきました。

準備ができている方には、時として、ヒプノセラピーやブレスワークを受けていただくのと同じかそれ以上の気づきと変容をもたらすこともあります。

以下、本家サイトにアップした紹介文をこちらにも載せておきます。

興味をお持ちの方はぜひ受けてみて下さい。

-----

目覚めの状態により安定していられるようになってきた今年(2012年)春頃から、セッション中に私が沈黙の中に入り、大いなるものとの一体感を感じていると、それだけでカウンセリングを受けている方の内面で大きな意識のシフトが起こったり、未解決の感情が溢れ出したりする、ということが頻繁に起こるようになりました。

セラピストである私が大いなるもの(存在そのもの、意識、気づき、神、、、)のエネルギーを意識的に感じていると、カウンセリングを受けている方の内側にある同じエネルギーが共鳴を起こし、その方の内面で意識の拡張が起こり、大いなるもののエネルギーを自然に意識しやすくなるようです。

最近では必要に応じて、セッション中に意識的に共鳴(意識の拡張)の時間を作るようにしています。

具体的には、まず、数分間一緒に瞑想をした後、その瞑想的な意識状態を維持したまま目を開けて、さらに数分間、私の目を見ていてもらいます。ただ一緒に瞑想しているだけでも、意識の変化が起こることがありますが、沈黙の状態に入っているときの視線にはとても大きな変容のパワーがあるように感じます。

必要に応じて、1回のセッションの中で数回の共鳴(意識の拡張)を行うこともあります。

今後はカウンセリングやセラピーの中で共鳴セッションも必要に応じて行っていきますが、特に共鳴セッションを希望される方はセッションの前にお知らせ下さい。

また、カウンセリングの中では共鳴セッションと合わせて、意識の変容のプロセスの各段階で必要な情報、特に、落ち込みやすい落とし穴などについての情報も適時お伝えしていきます。


共鳴セッション&カウンセリングのみをご希望の方はカウンセリングのページを、ヒプノセラピーやブレスワークと組み合わせて受けたい方はヒプノセラピーブレスワークそれぞれのページをご覧下さい。共鳴セッションに特別な料金は必要ありません。カウンセリング、ヒプノセラピー、ブレスワーク、それぞれの料金(基本は120分、18,000円)だけで結構です。

また、電話・スカイプカウンセリングの中でも共鳴セッションを行うことができます。(共鳴セッションは、できればお電話ではなくて、スカイプのビデオ通話をお勧めします)電話・スカイプカウンセリングは120分18,000円、60分10,000円です。

主に共鳴セッションだけをご希望の方は60分を、ゆっくりとお話をしたり、その他のエクササイズや瞑想なども行っていきたい方は120分をお勧めします。詳細は電話・スカイプカウンセリングをご覧下さい。

疑問の点がありましたら、中野までお気軽にお問い合わせ下さい。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話カウンセリングをご利用下さい。新大阪と境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキングを見てみる
人気ブログランキングを見てみる
[ 2012/08/13 16:31 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

思考によって「私」を制限すること

■2017年7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート ※早割期限(5月2日)が近づいています。
最近、私のまわりにいる人たちが少しずつ真の目覚めを体験しつつあるのを見て、とても不思議な感じがすることがあります。

以前にも書いたことがありますが、これほど多くの人が人生の真実を求めているのに、それを実際に体験している人がほとんどいない(ように見える)のはどうしてなのだろう、と思っていたことがありました。

それは、ただ単に、私がまだ本当の意味では目覚めていなかっただけだったのです。


目覚め、悟りという概念については、誤解を持っている人がまだまだたくさんいるような気がします。

目覚めるということは、この世のものではない別の世界に行くことではありません。

もっとはっきり言ってしまえば、世界というのは今あなたが見て感じているこの世界しかないのです。


ところが、実際に目覚めのプロセスが進行していくと、まるで別の次元に移行していくような感覚を感じることが何度もあります。

5次元だの7次元だのといった言葉を使っている人がいると、昔は「何、おかしなこと言ってるの」というような目で見ていましたが(^_^)、最近はその言葉の意味がなんとなくわかるような気がします。

そんなふうに、まったく別の次元に行くような感覚がするのは、私たちがいる世界があまりにも思考によって制限されていて、本来の自然な在り方から遠くはなれてしまっているためです。

すると、その思考の制限が少しずつ外れていくときに、まったく違う世界に出ていくような感覚がするのです。

しかし、そのプロセスが十分深まってくると、何か特別なことが起こっているという感覚は小さくなってきます。

すべてのことは驚くべき驚異であると同時に、まったく自然な普通のことであることがわかります。


私たちは思考によってありのままの世界を分割し、あるものはオッケー、それ以外のものはオッケーでない、という判断を下します。そして、オッケーとされたものだけをもとにして自分の世界を構築するわけです。

まずは、自分にとってオッケーでないと判断してしまったものが何なのかに気づいていくことが大切です。それに気づいておくだけで、その部分で収縮してしまったエネルギーが流れ始めます。

そもそも、「私」という感覚、自己感覚とは、エネルギーの収縮、こわばりそのもののことですから、収縮が緩んでくると「私」という感覚が緩み始めます。「私はこれこれこんな人間である」という感覚、自分を何かに特定する感覚が小さくなってくるのです。

怒りを感じるときもあれば、喜びを感じることもある。病気になるときもあれば、健康なときもある。神経質になるときもあれば、大雑把になるときもある。

そのどれかが自分なのではなくて、それらの変化そのもの、エネルギーの流れそのものが自分である、という感覚が生まれてきます。


死んだら天国に行ける、と信じている人もいるようですが、天国と地獄は今この瞬間に同時に存在しています。

自分で自分のことを制限すればするほど、この世界は地獄のように見えてきます。

制限を手放したとき、地獄のように見えていたことも含めてすべてはありのままだったことが思い出されます。「天国」という言葉で表現されるのはこのことなのです。


本当は今この瞬間にあなたも私も悟っています。

そのことを思い出せるのは、いつかやってくる未来ではなくて「今、この瞬間」なのです。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話カウンセリングをご利用下さい。新大阪と境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキングを見てみる
人気ブログランキングを見てみる
[ 2012/08/27 10:04 ] 気づき(〜2012/12) | TB(0) | CM(0)

他者を否定することが自分を苦しめる

■2017年7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート ※早割期限(5月2日)が近づいています。
私たちはほとんど四六時中、心の中で、これはオッケーだけど、あれはオッケーでない、というような判断を繰り返し、その考えと完全に一体化しています。

その判断、その思考を信じてしまうことが自分を制限し、自分自身を苦しめていることにも気づかずに。


そのことに気づくために、いわゆる自己探求、自分探しのプロセスを進めていくわけですが、それはただ自分の内側に起こることを見ていくことだけではありません。

もちろん、内面を流れて行く思考や感情と同一化せずにすべてありのまま見ていく視点に落ち着いていられるのであれば、一人で座って瞑想しながら内面を見ていくだけで十分かもしれませんが、それはなかなか難しいわけです。

では、どうすればいいのか。

あなたの周囲の世界をよく見ることです。

私たちは日々いろんな出来事に出会い、多くの人たちと接しています。

あんなことをしてはいけない
あんな出来事が起こるべきではない
よくあんなことができるな 

といったような判断の思考が、いつのまにか心に浮かんできていませんか?

思考と完全に一体化しているときには、そんな思考が浮かんでいる、という気づきも起こりません。ただ、その出来事、その人物に問題がある、ということしか考えられないのです。

もちろん、あまりにも悲惨な出来事、どうしても許せない他者の行動というものはたしかにあります。

でも、あなた自身を苦しめているのは、その出来事、その人物に対してあなたが持っている判断、あなたが貼付けているレッテルなのです。

外の世界の何か、誰かを判断し、否定するたびに、自分自身を否定し、自分自身を苦しめています。

そのたびに、大いなる存在としての自分をエゴとしての自分に制限し、自分を小さな枠の中に閉じ込めていきます。


まず、判断していることに気づくことから始めてみて下さい。心の中に判断の思考が流れていることに、ただ気づくのです。

そして、できれば、そのときの身体の感覚を意識します。身体のどこがこわばっているか、どこに力が入っているかを、意識しておいて下さい。

それをどうにかしようとする必要はありません。ただ、気づいておくだけでいいのです。

すると、やがて、その部分の収縮が自然に緩んできます。自分という感覚が揺るんでくるのです。


もちろん、あなたに何か直接的な影響がある場合は、実際的な行動を起こすことをためらわないで下さい。ただ、そのときにも、身体の感覚と繋がりながら行動することを忘れないようにして下さい。

このプロセスの練習として私がお勧めしたいのは、テレビを見ながら自分の内面の反応に気づいていく、というものです。

感情をかき立てられるようなドラマや悲惨なニュースを見たとき、自分の内側でどんな反応が起こっているかをよく見て下さい。

これはただ座って瞑想するよりも何倍も効果的な気づきのエクササイズになる可能性があります。


世界は、あなたに、あなたのどの部分がまだ目覚めていないか、どの部分で自分を収縮させているか、つまりあなたのどの部分がまだ癒されていないかを、いつも見せてくれています。

あなたのまわりの世界、あなたに関わるすべての人は、あなたが癒され、本当の自分に目覚めるためのサポートをしてくれているのです。

それがあなたにとってどんなに辛い人であったとしても。

-----

アジャシャンティ勉強会(新大阪)第一回は9月9日(日)14時からです。興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話カウンセリングをご利用下さい。新大阪と境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキングを見てみる
人気ブログランキングを見てみる
[ 2012/08/29 13:12 ] 気づき(〜2012/12) | TB(0) | CM(0)

「集中セッション」に関する変更点について

■2017年7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート ※早割期限(5月2日)が近づいています。
最近、特に遠方から来られる方から集中セッションに関するお問い合わせをいただくことが増えるようになりました。その中でよくご相談を受ける点を含めて、集中セッションの適用範囲を少し拡大しましたので、お知らせ致します。


「集中セッション」とは1日、または1泊2日で複数回のセッションを受けていただく場合に、料金を割引するシステムです。

通常の個人セッションは1回2時間18,000円が基本ですが、集中セッションの場合はセッションの回数によって料金を割引しています。

これまでは、1日2回(合計4時間)のセッションの場合1セッション17,000円(合計34,000円)、2日連続で3セッション(合計6時間)以上の場合1セッション16,000円(合計48,000円)としていましたが、2日連続で2セッション受けていただく場合も集中セッションとして1セッション17,000円(34,000円)に割引致します。

つまり、今日と明日続けて2時間のセッションを2回受けていただく場合、これまでは通常料金(18,000円)だったのを、割引料金(17,000円)にさせていただくということになります。

また、特にご希望がある場合は、1日に3セッション(合計6時間)のご予約もお受け致します。料金は1セッション16,000円(合計48,000円)です。この場合は間に1〜2時間の休憩時間を取ります。また、1日に3セッションのご予約をお受けできるのは、他のご予約が終日入っていない日に限ります。

3日以上連続してセッションをご希望の方はご相談下さい。


セッションの内容につきましては、ブレスワークヒプノセラピーを組み合わせて行うのが基本ですが、受ける方の意識の深まりに応じて、リーディング共鳴セッション、その他、瞑想法やエクササイズの指導など、様々な技法を必要に応じて臨機応変に取り入れながら進めていきます。


次に、ご予約の時間帯についてですが、午後の時間帯(14時〜16時)に他の方のご予約がすでに入っている時(予約状況のページで×になっている時)でも、例えば、9時〜13時や、18時〜22時などの時間帯で2枠4時間の時間をお取りできる場合もありますので、ご希望の方はお気軽にご相談下さい。


遠方からお越しの方などで、定期的に通っていただくことが難しい方には、癒しと目覚めのプロセスを強力に後押しできる集中セッションはとても役立つのではないかと思います。

これまでにも、飛行機を使って来ていただくような距離の方で、数ヶ月から半年に一回程度集中セッションを受けていただき、その間は必要に応じてスカイプor電話カウンセリングでサポートをしていく、という形で深い変容のプロセスを体験している方が何人もおられます。

疑問の点がありましたら、お気軽に中野までご連絡下さい。

集中セッションの詳細につきましては、下記のページもご覧下さい。
・集中セッションのご案内
 http://www.amy.hi-ho.ne.jp/shinsaku/syuutyuu/index.html

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話カウンセリングをご利用下さい。新大阪と境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキングを見てみる
人気ブログランキングを見てみる
[ 2012/08/30 15:05 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)
「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
5月30日(火),31日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
■名古屋お話会[New!]
 5月28日(日)午後開催予定。詳細は決まり次第お知らせ致します。
皆生温泉リトリート
 7/1(土)〜3(月)
スカイプお話会
 4月19日(水)20:00〜21:45

境港お話会
 4月15日(土)13:00
全記事表示リンク
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。