心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...
月別アーカイブ  [ 2014年08月 ] 

腰痛となが〜い夏休み

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
もうすっかり秋の気配の境港です。今年の夏は過ごしやすくて本当に助かりました。

もう少し早くブログを更新しようと思っていたのですが、毎日だらだらと過ごしているうちにすっかり遅くなってしまいました。

実は、8月初めに腰を痛めてしまい、今月は境港の自宅で長い夏休みをとっています。

8月は夏休みの時期でもあり、遠方の方からのセッションご予約も多くいただいていたのに、ご迷惑をおかけしてしてしまい大変申し訳ありませんでした。

最初の10日くらいはほぼ横になっているだけでしたが、お盆すぎから日常生活にはあまり支障がなくなってきています。ただ、長時間座っているのはまだ少し辛いので、今のところ対面セッションの新規ご予約受付は休止しているところです。スカイプ(or電話)セッションのみお受けしていますので、ご希望があればご連絡下さい。



これまで17年のセラピスト歴の中で、親が死んだとき以外、私の都合でセッションをキャンセルしてしまったのはまったく初めてのことで、私自身も最初はかなり凹んでいました。

ただ、痛みをありのまま意識しながら内面を感じ取って行く作業を続けていくと、私にとって今回のこの体験はものすごく大きな意味を持つものなんだ、ということが見えてきました。


詳しく書いていくとずいぶん長くなりそうなので、今日は思いつくまま簡単に書いてみますが、まず、意識の光がまだ残っていた一番奥深くの緊張、収縮、痛みにまで届いたような感覚があります。

その部分を無意識に避けるために、見ないようにするために、「悟りを開いた私」「いつも温厚で優しい私」というアイデンティティにしがみついていたのですね。

でも、そうするためには心と身体をいつも緊張させておく必要がありますから、とても疲れます。その疲れすら意識しないように頑張ってきたのだな、ということに気づきました。

それが身体にあらわれたのが、今回の腰痛だったというわけです。


痛みをありのまま感じていると、信じられないくらい大きなエネルギーを伴った感情が次々浮かんできては、泣いたり怒ったり笑ったり、というプロセスが怒濤のように起こってきました。

でも、一方で、数年前の親知らず抜歯事件のときに比べれば、何が起こっても大丈夫、という安心感があります。それは、どんなに激しい嵐が起こっていても、自分とはその嵐のことではなく、空(そら)そのものだとわかっているからでしょう。

人間としての私はここまで傷ついて、これほどまでに苦しんでいたのか、ということに気づいて愕然としたのですが、でも、その「人間としての私」が本当の私、私のすべてではない、とより深くわかっていく感じです。

それがわかっていなければ、ここまで深い痛みを直接感じ取るのは難しいかもしれません。


少し違う言い方をすると、私は最初に一番上のチャクラが突然開いてしまったのですね。でも、人間として生きていく上でベースになる下のほうのチャクラが閉じたままでとてもバランスが悪かった。

今、そのバランスをとって行くプロセスが深く進行しているような感じがします。


今回の出来事でいろんなことを学びました。今思いつくのはこんなことでしょうか。
楽しむこと
無理をしないこと
コントロールを手放すこと

身体が思うように動かなくなってしまったら、もうコントロールすることさえできなくなってしまいますね。すると、もともとここにあった一番大切なものがよりはっきりと見えてきた感じがしています。そもそもの最初から、誰も何もコントロールしていなかったのだ、ということを思い出します。

ちょっとしばらくの間は仕事のペース、生活のペースを落とそうと思っています。生活全体をもっとのんびりしたい感じです。

9月以降のセッションのスケジュールも一部変更するかもしれません。できるだけ早くお知らせしたいと思いますので、少しお待ち下さい。


また、セッションのスタイルも少しずつ変わっていきそうな感じです。

ブレスワークやヒプノセラピーだけにこだわるのではなくて、今この瞬間に起こっていることに意識を向けながら、そこからのメッセージを読み取っていくような形のセッションも取り入れていこうと思います。

意識的には何もしないで今ここにしっかり根付いているだけで、必要なプロセスが自然と起こってくる、そんなセッションになっていくと思います。(すでに少しづつそうなってきてはいるのですが)


私にとってこの腰痛がとても大切なギフトであったように、誰もが抱えている「問題」もとても貴重なものです。

9月6日(土)のイベントは、悟りと非二元についての基本的なことに加え、今回の体験をふまえて、あなたのまわりにある「問題」「困ったこと(人)」を通して大いなるものとつながっていく方法についても少しお話したいと思っています。

上にも書いたように、まだ腰の状態は完全とは言えません。なので、立ったり座ったり、場合によっては横になったり?すごくゆる〜いトークライブになると思われます。(^_^)

会場の星誕音楽堂はとっても素敵なフローリングですので、床に直接座ったり横になったりしても大丈夫です。(もちろん、最初は椅子を並べておきます)

まだ空席がありますので、また一段と緩んできた私のエネルギーと素敵な音楽を味わってみたい方はお気軽にご参加下さい!

☆9月6日(土)13時30分〜16時30分
スペースまほろば&クオレヴォーチェ コラボ企画「"悟り"で楽に生きよう〜こころが軽くなる目覚めと癒しのお話会&コンサート」

 悟りや非二元の考え方になじみがない方にも、本当の意味で楽に生きる、ということがどういうことなのかをわかりやすくお伝えしていきます。
 また、2部のコンサートでは宍倉さんの透明な歌声を通して空(くう)の意識を直接体験していきます。
 なお、トークライブとお話会に集中するため2部のコンサートでの私のギター伴奏はなくなりました。楽しみにしていた方がおられましたら大変申し訳ありません。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話カウンセリングをご利用下さい。新大阪と境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
[ 2014/08/30 21:59 ] 腰痛その後 | TB(-) | CM(0)
「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
9月25日(月)〜27日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
 9月24日(日)13:15〜16:15
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
 10月29日(日)10:20〜16:50
スカイプお話会
 9月20日(水)20:00〜21:45

境港お話会
 9月16日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。