心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...
月別アーカイブ  [ 2017年06月 ] 

苦手なことをやってみる

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
先日の名古屋お話会で、正確な言葉は忘れてしまったのですが、参加者の方から「中野さんの声がいい」というようなことを言われました。これまでも、お話会や個人セッションで同じようなことを言われたことが何度かあるのですが、そのたびに、嬉しいような恥ずかしいような気持ちになっている私がいます。

というのも、私は若い頃から人前では緊張して吃ってしまい、全然話ができない人だったからです。

この仕事を始めた一番初期の頃には箱庭を使ったグループワークやエンカウンターグループをやっていた時期が少しありますが、それは私が主に話をするというわけではないし、その後10年くらいは、私の活動は個人セッションだけで、グループで何かをやるということは一切ありませんでした。

でも一方で、心のどこかで、いつかは講演のような形で人前で話をするようになるだろう、いや、いつかはそういうことをしないといけないのではないか、というような予感のようなものがあったのです。

とはいえ、人前では緊張して全然話ができない私が、いったいどうやったらそんなことができるようになるのか、まったく想像もつきませんでした。それが、大きな流れに乗って、今、癒しや悟りについてあれやこれやと自由に話をしている自分がいます。

こんなことは自分にはできない、と思っていた、ということは、こんなことをしたい、というエネルギーが自分の中にあったのだと思います。そのエネルギーに気づき、それを適切に表現していくことで自分の枠が広がり、すべてとしての自分、宇宙全体としての自分を思い出していくプロセスが深まるのです。

すべての人の中にすべてがあります。その一部を自分ではないものとして自分の世界から切り離し無意識に閉じ込めていくことで、もともと一つにつながっている世界が分離と対立に満ち溢れた世界のように見えてくるのです。

自分が苦手だなと感じることを意識的にやってみることは、目覚めと癒しのプロセスを深めていくための、日常生活でいつでもできる大切なワークになります。

それぞれが自分の得意なことに専念して分業を進めてきたことが、現代社会がここまで高度に発達してきた要因の一つなのかもしれません。でも、そうすることで宇宙の全体性、すべての存在の相互依存性を忘れてしまって、苦しみという幻想の中に閉じ込められているのだとしたら、ちょっと複雑な気持ちになってしまいます。

とはいえ、まずできることは自分の内側の分離を癒していくこと、自分自身の影の部分、シャドーになっている部分に気づき、その部分を意識的に生きていくことです。それが自分の周囲の人たち、ひいては世界全体を癒していくことにつながります。

——

ところで、前にもちょっとだけ書いたことがありますが、2年ほどまえから近くの小学校で読み聞かせのボランティアをやっています。小学校から大学に至るまで、教室で教科書を読むことが苦痛でしかなかったのに、以前から読み聞かせボランティアをやっていた妻に誘われたとき、自分にとって必要なことだからやってみよう、と考えている自分にちょっと驚きました。

心に浮かんでくることを自由に話すお話会ならともかく、決まった内容を読まなければいけない状況は今でもかなり苦手意識があるのですが、その苦手なことをやることが今の自分にとって必要なのではないか、と思ったのです。

案の定、最初はすごく緊張しましたが、最近は子供達の反応を見ながら話をする余裕も出てきました。男性の読み聞かせボランティアはその小学校では私だけしかいないので、とても歓迎されている、ということもわかってきました。

それに加えて、これも何度か書いていますが、私は子供の頃にまったく子供でいることができませんでした。学校生活が楽しいと感じたこともありません。

今、月に一度だけですが、小学校の雰囲気を感じ、子供たちと交流することは私にとっていろんな意味で癒しになっています。家の前が通学路になっているので、顔を覚えてくれた子供達に挨拶されることも増えてきました。

本の最後のところにもちょっと書いていますが、地域社会の中で自分を癒しつつ、周囲の人たちにも癒しのエネルギーを自然な形で広げていく、ということが今の私の課題の一つかな、と思っているところです。

小さな写真ですが、小学校のホームページで紹介していただきました。
2017/05/23 ボランティアさんによる読み聞かせ


-----

7月1日(土)〜3日(月)の皆生温泉リトリート、参加お申し込み受け付け中です。

1週間前の6月24日(土)で一旦お申し込みを締め切り、宿泊の部屋の調整をすることになりました。その後のお申し込み受付は部屋の状況しだいとなりますので、参加ご希望の方はできるだけ24日までにご連絡下さい。
癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート



個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート 7月1日(土)〜3日(月)
大阪出張個人セッション 7月31日(月)、8月1日(火)、2日(水)キャンセル待ち受付中。
スカイプお話会
癒しと目覚めのお話会in境港【境港お話会】
・次回東京出張は皆生温泉リトリート終了後の秋頃を予定しています。


私の初の著書『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。全国の書店でもお買い求めできます。
Amazonのなか見!検索では内容が少し読めるようになっています。Kindle Unlimitedにも対応。
読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。

まほろばの本棚〜スピリチュアルセラピスト中野真作のお勧めBooksには、私の本の巻末に載せている参考図書を一覧できるページを作っています。読書のきっかけにして下さい。

下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ いいね!お願いします
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2017/06/08 12:16 ] ブログ | TB(-) | CM(0)
「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
9月25日(月)〜27日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
 9月24日(日)13:15〜16:15
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
 10月29日(日)10:20〜16:50
スカイプお話会
 8月23日(水)20:00〜21:45

境港お話会
 8月19日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。