心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...
月別アーカイブ  [ 2018年02月 ] 

目覚めるために生きている

■2018年6月22日(金)〜24(日)皆生温泉リトリート
■2018年7月29日(日)特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」
寒波も去って、青空が戻ってきた境港です。幹線道路はきれいに除雪されていますが、住宅街の細い道はまだまだ踏み固められた圧雪ででこぼこのところが多く、運転には気を使います。

さて、皆生温泉リトリートが今年で4回目になるということは、新大阪のセッションルームを引き上げて新しい生活に入るきっかけとなった、腰痛でほとんど動けなくなった数ヶ月からもうすぐ4年になることになります。

最近、いろんなことが一段落して次のステップに進みつつあるような気がするので、この頃感じている気づきをまとめてみたい感じがしています。以前シリーズで書いていた「なーんだ、そうだったの?」の続きのような感じで書いてみようかと思います。

——

なによりはっきり感じるようになったのは、私たちがこうして肉体を持って生きているのは、目覚めるためだ、ということです。

目覚める、というのは、自分と世界の本質を思い出すこと、全体性を思い出すこと、すべての分離(私とあなた、私と私以外、あれとこれ、など)はある種の幻想、ある種の思い込み、つまりはストーリーであって、実際には存在していないということを思い出すこと、です。

それを思い出したとき、「本当の癒し」「苦しみからの解放」「悟り」「神を知る」そんな言葉で表現されていることの意味がわかります。

この現象世界全体が、一度、全体性、あるいは、大いなるものとしての自分を忘れてしまい、それを再び思い出す、というゲーム、あるいは、芝居のようなものなのです。

もちろん、本当に全体性を思い出したとき、すべてはゲームである、ということも一つにストーリーにすぎないこと、ゲームの一部だったということがわかります。でも、ゲームであることを忘れて苦しんでいる個人にとっては、とても役に立つストーリーだと思います。


世界全体が目覚めるためのゲームなのですから、あちらこちらにそのゲームの謎を解くヒントが仕組まれています。というよりも、この世界の中で体験するすべてが、これはゲームなのだよ、本当は分離はどこにもないのだよ、ということを教えてくれるメッセージなのです。

ところが、悲しいことにほとんどの人はこれがゲームであることを忘れて、唯一リアルな現実だと思い込み、いつでも目の前にある謎解きのヒントに気づくことすらありません。(最近、このことを思うたびに悲しくなって涙が出てきたりします)

そのヒントとは、心理学的に言うと「投影」という心の働きです。本当はすべてが「それ」、すべてが「自分」なのに、自分で受け入れられない自分の一部は自分から切り離し、自分ではないものとして無意識に抑圧してしまいます。その結果、自分の世界の中にとても心を揺り動かされるさまざまな人や出来事が現れてくるのです。

もちろん、その人や出来事は、ある意味ではこの世界というゲームを苦しくも楽しく彩ってくれる大切な一部です。このゲームが楽しく感じる間は十分に楽しむことも必要です。ただ、それがゲームだということを忘れてしまうと、楽しみすらそれに執着してしまうことで苦しみの原因となってしまいます。

すべてがゲームだとわかりながら、つまり、すべてははかないものなのだ、とわかりながら、ゲームの中で体験するあらゆる感情や感覚をありのまま感じ取り認めていくことで、そのゲームから抜け出していく道が見えてくるのです。


ただ、すべてはゲームなのだ、ある意味ではまぼろしなのだ、とわかり始めると、今度は「すべてはゲームなのだ」という思考に執着することで、自分から切り離してしまった感情を感じることを避ける、ということが起こりがちです。

個人としての人生の中でどんな辛いことがあったとしても、それすら目覚めへ導いてくれる道しるべであり、その苦しみすらも目覚めの表現、全体性の一部、光そのものなのです。

個人としての人生の中で辛い体験をしてきた方ほど、その辛いストーリーを一度しっかりと意識にのぼらせ、それにともなう様々な感情に光を当てていく必要があります。

私が「中野真作」と呼ばれてきたストーリーのもっとも深い部分にやっと気づくことができたのは、探求に否応無しに引き込まれてから25年以上もたった4年近く前の腰痛のおかげでした。

続きます。



個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会

東京1dayリトリート 3月4日(日)10:20〜16:50
新大阪お話会 3月25日(日)13:15〜16:15
皆生温泉リトリート 6月22日(金)〜24日(日)
境港お話会 2月17日は積雪のためお休みです
Zoomお話会 2月28日(水)20:00〜21:45

大阪出張個人セッション
 3月26日(月)〜28日(水)
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2018/02/14 09:35 ] 続・なーんだそうだったの? | TB(-) | CM(-)
プロフィール

中野真作

Author:中野真作
スピリチュアルセラピスト。1997年からヒーリング&カウンセリングルーム「スペースまほろば」主宰。悟り・非二元の視点から人生のあらゆる苦しみを手放すお手伝いをしています。
スカイプセッションと境港での対面セッションは随時、東京・大阪での出張個人セッションやお話会も定期的に行っています。セッションの詳細につきましては、スペースまほろばをご覧下さい。

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
2018年7月30日(月)〜8月1日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」(大阪)
 7月29日(日)13:15〜16:15
皆生温泉リトリート
 6月22日(金)〜24日(日) 残席4
境港お話会
 次回開催は準備中です。
Zoom読書会
 6月10日(日)20:00〜22:00
全記事表示リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。