fc2ブログ

心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...
月別アーカイブ  [ 2018年05月 ] 

そんなに深刻にならなくてもいい

皆さん、こんにちは。スペースまほろばの中野です。このところ私自身が夢に意識を向けていることもあってか、個人セッションでも夢の話題を取り上げることが多くなっているので、引き続き夢について書いてみます。


子供の頃に何度も見ていた印象的な夢がいくつかあります。

1、下半身だけ何も身につけていない状態で人がたくさんいる場所にいて、とても恥ずかしい思いをしている。


この夢は小学生の頃よく見ていたような記憶があります。本にも書いていますが、小学6年生までおねしょをしていたことと関係しているのかもしれません。

2、たくさんの線路がある踏切を渡ろうとしているのだけれど、両方向から次々と電車がやってきてなかなか向こう側にたどり着けない。


この夢はもう少し大きくなるまで、多分中学や高校の頃まで見ていたかもしれません。どうしても向こう側にいけないというもどかしい感覚を伴っていました。そもそも、夢の中で一度でも向こう側にいけたことがあるのか、記憶がさだかではありません。

3、空を飛ぶ夢。身体にぐっと力を入れると上昇したり、力を抜くと降下したりする感じで、コントロールがとても難しい。でも、空高くあがって上空から地上を眺めるのはとても心地よいときもあった。


この夢はさらに大人になるまで、だぶん大学生からサラリーマン時代(30前後)くらいまで見ていたような気がします。

また、この夢はユング関係の書籍で、若い頃から目覚めの体験をして苦しんでいる人がよく見る夢だ、という話を読んだような記憶があるのですが、どの本だったかわからなくなってしまいました。もしご存知の方がおられたら教えて下さい。あるいは、この本の記憶そのものが夢のような気もしますが、、。(^_^;)

4、大学の卒業が近づいているのにまだ必要な単位が取れていなくて焦っている。特に数学をほとんど真面目に勉強していなくて、試験に出てもまったくわからない分野がたくさんあることがわかったので、その部分を勉強しなくてはと思っているけれど、教科書を読んでも理解できず途方にくれている。


この夢はかなり最近まで、大学を卒業してから40歳前後までは見ていた記憶があります。目が覚めてから、もう大学は卒業していることに気づいて毎回ホッとしていました。大学時代に何かをやり残している、と感じていたのかもしれません。

子供の頃は夢からメッセージを受け取るということはまったく意識していなかったのですが、何度も見ていた夢も成長するにつれてやがて見なくなっていました。

それはきっと、特に意識して夢からメッセージを受け取る、ということをしなくても、夢を見ることそのもので、無意識に抑圧しているエネルギーが表現され、自分という存在全体がバランスを取っているので、そのバランスを取るプロセスが十分体験できれば、やがて同じ夢は必要なくなるからではないかと思います。


ところで、4番目の大学を卒業できない夢はかなり最近まで見ていたので、今でもその感覚をはっきりと思い出すことができるのですが、それを思い出していたとき、最近感じていた似たような感覚を思い出しました。

私は、自分が人並みの人生を送れなかったということを実はとても気にしていて、それにともなう大きな寂しさや後悔のような否定的な感情を感じないように蓋をして生きていました。4年近く前の腰痛のあと、その感情が一気に噴き出してきて、そのことを初めてきちんと実感したのです。

いわゆるアダルトチルドレン、あるいは愛着障害のような状態で、人との深い関わりを50歳になるまで知らなかった。そんな自分をどうしても受け入れられないような感覚、何かをやり残しているような不全感がずっとあったのです。

でも、その不全感も夢のようなもの、きちんと感じ取る必要のある無意識からのメッセージだったのだな、ということに、この4番目の夢を思い出しているときにふと気がつきました。それもただありのまま感じておけばいい。そうすれば、その夢も必要なくなる。

そのことを思い出したとき、これまでの自分の人生もそれはそれでよかったのだ、という感覚がやってきたのです。これまであまり感じたことのなかった感覚です。

ある意味では人生全体が夢なのだ、ということにさらに深く気づいたような感覚でもあります。

人生が夢だ、というのは、それをいいかげんに扱っていい、ということではありません。この世界の中のすべての出来事は大いなるものの表れ、スピリットそのものの表現なのだ、と気づくことです。

すべてのものごとは同じように貴重で、同じようにどうなっても大丈夫なのだ、とわかることです。

すべてはただありのままなのだ、とわかることです。

悩んでもいいし、後悔してもいい。でも、そのことをそれほど深刻にとらえる必要もないのです。


たぶん、次回も夢に関することを書くと思います。



個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会
特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」 5月27日(日)13:30〜16:00 満席
皆生温泉リトリート 6月22日(金)〜24日(日) 残席7
Zoom読書会 6月10日(日)20:00〜22:00
境港お話会 次回開催は準備中です

大阪出張個人セッション
 5月28日(月)〜30日(水) キャンセル待ち受付中
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2018/05/15 18:27 ] | TB(-) | CM(-)
プロフィール

中野真作

Author:中野真作
スピリチュアルセラピスト。1997年からヒーリング&カウンセリングルーム「スペースまほろば」主宰。悟り・非二元の視点から人生のあらゆる苦しみを手放すお手伝いをしています。
スカイプセッションと境港での対面セッションは随時、東京・大阪での出張個人セッションやお話会も定期的に行っています。セッションの詳細につきましては、スペースまほろばをご覧下さい。

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪・福岡出張個人セッション
■福岡出張個人セッション
2024年1月11日(木),12日(金)
■東京出張個人セッション
2024年1月30日(火)〜2月1日(木)
■大阪出張個人セッション
2024年2月19日(月)〜22日(木)
オンラインでのセッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちらから。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
■中野真作の癒しと目覚めのお話会 福岡1dayリトリート~あなたの本質である沈黙のエネルギーを味わう~
2024/1/10(水)10:15〜17:00
■内なる真実に触れるワークショップin東京
2024/1/28(日)10:00〜16:45 ■大阪で開催予定。詳細は決まりしだいお知らせします。
・2024/2/18(日)10:00〜16:45
全記事表示リンク
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。