FC2ブログ

心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...
月別アーカイブ  [ 2019年02月 ] 

地に足が着く感じ

今年も確定申告の時期がやってきました。今年はなんと!受付の初日(2月18日)に書類を提出しました。これまでにないことです。

来月は忙しくなりそうなので早めに済ませておきたかったという事情もありますが、昨年は日々の記帳そのものがルーズになっていたので、3月に入って始めたのでは間に合わないかもしれないと心配で年明けからぼちぼち準備していたら、その流れで早く終わってしまった、といったほうがいいかもしれません。

ともかく、年初めの大きな仕事が終わったので、また次のステップに進めそうな感じがしています。

-----

最近、以前の私は地に足が着いていなかったな、という感じがしています。

違う表現を使うと、

 自己否定の中にいた
 自分の感情や欲求に気づいていなかった
 身体の中にいなかった
 今ここにいなかった
 生きていなかった

そんな感じです。

すごく象徴的なこととして思い出すのは、若い頃の私はいつもつま先で歩いていたことです。ふと気がつくと、つま先立って、宙を飛ぶように息をひそめて歩いていることがよくありました。これでは膝や腰が悪くなって当然でした。地面と切り離されていた、自分と切り離されていたことの身体的な表現だったのでしょう。

そういえば、以前のブログ記事「そんなに深刻にならなくてもいい」で書いた空を飛ぶ夢は、この「つま先立って歩く感覚」ととてもよく似ているような気がします。

それが、最近になって、やっと地面に足がしっかり着く感覚、かかとから足の裏全体で歩いている感覚を感じられるようになってきました。自分と、そして、世界としっかり繋がってきたようです。

それは、それまで見ないようにしていた怒りや悲しみや絶望感、さらに、生きることそのものに由来する切なさにしっかりと触れることでもあったので、単純に楽になる、というものではありませんでした。

また、身体的には、一時的に腰の痛みがひどくなったこともありました。今でもちょっと無理をすると腰に痛みを感じることがあります。でも、痛みを通して存在の一番深い部分に触れているような感覚があって、痛みを否定的なものだと感じなくなってきています。腰の痛みは、無理をし過ぎないように、私をいつでも中庸に引き戻してくれる大切な存在だなと思います。


目覚めと癒しのプロセスとは、あるものを、ただある、と認めていくプロセスです。すでにあるのに、それをないものとして否定することで、自分の全体性、自分とはすべてであるという単純な事実を忘れてしまうのです。

でも、私たちは何かを否定しているということすら忘れています。ありのままを否定することによって生まれた「私という夢」をあたかも実体のあるものだと思い込んで、私がいる、ということを当たり前の前提として生きてしまっています。それが苦しみを生んでいるなんて考えもせずに。

すごく単純なことなのに、気づくのが難しい。単純すぎてわかならい。

このパラドックスの存在に気づくだけで、何かが変わります。

変える必要のあるものなど、どこにもなかったことがわかります。



-----

3月2日(土)、3日(日)は半年ぶりに東京に行きます。今回の2日間特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in東京 では、1日目に悟り・非二元の基本的なことをお伝えし、2日目には私自身の体験にもとづいて、悟りと癒しの関係、目覚めのプロセスで起こる出来事とそれに対する対処法などを詳しくお話します。また、私の本でご紹介しているものを中心に様々なエクササイズや瞑想なども行います。

現在、東京出張は半年に1回程度になっていますし、次回の東京出張は次の本が出版された後になりそうですので、セミナーやお話会のスタイルも変わるかもしれません。ご興味お持ちの方はこの機会にご参加下さい。

今のところ参加予定の方は10名ほどでまだ余裕があります。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会などのグループセッション
2日間特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in東京  3月2日(土),3日(日)10:15〜16:45
新大阪1dayリトリート 3月23日(土)10:15〜17:15
皆生温泉リトリート 6月21日(金)〜23(日)
境港お話会 次回開催は準備中です
Zoom読書会「「私」という夢から覚めてわたしを生きる」 2月3日(日)20:00〜22:00

大阪出張個人セッション
 3月24日(日)〜26日(火)
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。


[ 2019/02/20 16:41 ] ブログ | TB(-) | CM(-)

明日を生きる力

今日は朝から抜けるような青空が広がっています。今朝、庭に出た瞬間、ほのかに草や土の香りをかいだとき、大きな命とのつながりを感じて、なんだかほっとしました。

私が本やブログ、お話会などで情報発信しているのはなぜなんだろう、という考えが浮かんできました。それがただ起こっているだけ、というのが一番の答えではあるのですが、そのときふと思ったのは、明日を生きる力をみなさんに感じてほしい、ということでした。


私は長いことちゃんと生きていなかったな、ということに数年前に気がつきました。それ以前の私はこういう仕事をしながらも、どこか世界と切り離されていて、四六時中不安や恐れで一杯だった気がします。そして、その不安や恐れに触れてしまわないように心(思考)と身体をわざと忙しくしていたのです。

その不安や恐れの一番根源にしっかりと触れ、癒していくプロセスがこの数年間続きました。そこをある程度通過して初めて、不安や恐れのない状態というのが確かにあるのだ、ということがわかってきました。ない状態を体験して初めて、以前はそれがあるのが当たり前になっていたのだ、ということもわかりました。

ほとんどの人は、自分でも気づいていないまま、心の一番奥にいつも不安や恐れを持っているようです。それがあまりに大きくなってくると、様々な心身の不調となってあらわれてきますが、そこまでいかなくても、何か落ち着かない感覚、しっくりこない違和感、もっと何かがあるのではないかというような焦燥感を感じていることが多いと思います。

人間として生きていたら、それは避けられないことだと考えてやり過ごすこともできます。確かに「人間として」だけ生きていたらその通りです。でも、私たちは人間であると同時に、大いなるものそのものなのです。人間であると同時に神なのです。

大いなるものとして生きる感覚を思い出したとき、不安や恐れのない生きる感覚がたしかにあることがわかります。不安や恐れは、自分のことをこの心と身体に制限された存在だと思い込んでしまうことそのもの、分離の夢の中に閉じ込められることから生まれているのです。

分離の夢の中だけに生きていると、生きているだけで苦しくなってしまいます。明日がくるのが憂鬱になってしまうこともあるでしょう。私もはっきりとは意識しないまま、ずっとそういう状態で生きていたような気がします。

今、やっと、その状態から本当に抜け出しつつあるような感じです。

自分=人間である、という夢から抜け出して初めて、人間として生きる力が自然に湧き出してくるような感覚があります。神であることを思い出して、やっと人間になれる感覚と言ってもいいでしょう。

自分がやっているわけではなく、大いなるものがやっているのだとわかることで、自分の行動に芯が通るような感じ、もう少し普通の言葉で言えば、自信を持って行動できるような感じがします。

非二元の知恵、悟りの知恵は、明日を生きる力につながっているな、そんなことを思った春近しを感じる一日でした。



-----

3月2日(土)、3日(日)は半年ぶりに東京に行きます。今回の2日間特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in東京 では、1日目に悟り・非二元の基本的なことをお伝えし、2日目には私自身の体験にもとづいて、悟りと癒しの関係、目覚めのプロセスで起こる出来事とそれに対する対処法などを詳しくお話します。また、私の本でご紹介しているものを中心に様々なエクササイズや瞑想なども行います。

一日のみの参加もできます。最近の気づきなどについては2日目に詳しくお話する予定です。

現在、東京出張は半年に1回程度になっています。また、次回の東京出張は次の本が出版された後になりそうですので、セミナーやお話会のスタイルも変わるかもしれません。ご興味お持ちの方はこの機会にご参加下さい。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会などのグループセッション
2日間特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in東京  3月2日(土),3日(日)10:15〜16:45
新大阪1dayリトリート 3月23日(土)10:15〜17:15
皆生温泉リトリート 6月21日(金)〜23(日)
境港お話会 次回開催は準備中です
Zoom読書会「「私」という夢から覚めてわたしを生きる」 3月10日(日)20:00〜22:00

大阪出張個人セッション
 3月24日(日)〜26日(火) 残席1
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
[ 2019/02/24 11:12 ] ブログ | TB(-) | CM(-)
プロフィール

中野真作

Author:中野真作
スピリチュアルセラピスト。1997年からヒーリング&カウンセリングルーム「スペースまほろば」主宰。悟り・非二元の視点から人生のあらゆる苦しみを手放すお手伝いをしています。
スカイプセッションと境港での対面セッションは随時、東京・大阪での出張個人セッションやお話会も定期的に行っています。セッションの詳細につきましては、スペースまほろばをご覧下さい。

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
オンラインお話会
 12月27日(日)20:00〜21:30
全記事表示リンク
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。