心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

「私」という夢から目覚める

■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
■2017年11月19日(日)癒しと目覚めのお話会 in新大阪
前回の最初の覚醒体験を読んで下さった方、どんなことを感じられたでしょうか。

誤解のないように念のため強調しておきたいのですが、この体験をしたことで私が悟りを開いたとか、特別な人間になった、というわけではありません。この体験は、それをきっかけに始まって22年過ぎた今も続いている目覚めと癒しのプロセスのスタートに過ぎなかったのです。

そもそも、これはもっとずっと後になってからはっきりとわかってきたことなのですが、悟り、あるいは意識の目覚め、ということの本質は、悟ったり目覚めたりする分離した個人というものは思考が作り出したまぼろしのようなものだ、という気づきです。

今思えば、私自身もこの体験のあと「私は悟った」「私は目覚めた」というふうに考えたことが確かにありました。でも、そう考えていても、必ずそのあとに、いややっぱりそうではなかった、と思わされる出来事が必ずあるのです。

その後さまざまな体験をする中で、本当の目覚めというのは「私が目覚める」わけではなくて「私という夢から目覚める」ことなんだ、ということが見えてきました。ですから、そもそも「私が悟る」「私が目覚める」という言い方は矛盾しているわけです。

「私は目覚めた」とか「私は目覚めていない」といった思考の背景にいつも変わらずに存在している何かがあります。悩みや不安や喜びなどにほんろうされている小さな私がいるけれども、一方で、その悩みや不安や喜びが現れては消えていく大きな空間があるのです。

その背景、その空間を意識しつつ、この生々流転する世界を意識的に生きていくことが目覚めた人生と言えるのではないでしょうか。

つまり、今あなたがどんなに辛くて苦しくても、そのまま、その今のあなたの状態のまま目覚めることができる、ということなのです。誰もがすでに悟っている、という言葉はこんなことを表現しているのかもしれません。


スピリチュアルな視点を持ったカウンセリング/セラピーの情報は「スペースまほろば」をご覧下さい。電話・スカイプでのセッションも行っています。
ご感想などはshinsaku@mahoroba.ne.jpまでお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2010/07/15 23:28 ] 気づき(〜2012/12) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
11月20日(月)〜22日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
 10月29日(日)10:20〜16:50
癒しと目覚めのお話会 in新大阪
 11月19日(日)13:15〜16:15
境港お話会
 11月25日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。