心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

覚醒(悟り)のために出来ることはあるのか?

■2018年7月29日(日)特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in大阪
■2018年9月8日(土),9(日)2日間特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in東京
前回の記事(すべてのことはただ起こっているだけ)で、私が最近とても気にいってる2つの言葉をご紹介しました。

「あなたはただ開かれて在りなさい。あとはすべて愛がやってくれるでしょう。」ガンガジ

「すべては自発的にやってくる。ただ『私は在る』という感覚をつかむ必要があるだけだ。」ニサルガダッタ・マハラジ

一方で、私は次の言葉も大好きです。

「真のスピリチュアリティは、どうしても修行を前提とすることは確かである。」ケン・ウィルバー

でも、このケンウィルバーの言葉は、上の2つの言葉とは矛盾しているような気もします。

「悟りは時がくれば自然にやってくるもので、それを起こすことはできない」とか、「すべての人はもともと悟っているので、悟りを求めて何かをすることは悟りから離れることだ」というような言い方もあります。

そんな、一見矛盾するいろんな言葉を読むことで、混乱してしまう方も多いようです。


私自身の体験からこの問題について書いてみます。

かつての私は「すべては自然に起こってくる」というような考え方にひかれるものを感じながらも、なんらかの実践(セラピーや瞑想など)を行うことで、少しずつ目覚めの体験が深まってくるものだと思っていました。

いくら「物事は自然に起こるのだ」と言われても、「でもやっぱり自分の意思でやらなければいけないこともあるのではないか」というような感覚を持っていたように思います。

実際にセラピーや瞑想などを行うことで、この20年以上の間、目覚めと癒しのプロセスが深まって来ているのはまぎれもない事実です。

ところが一方で、深まってくればくるほど、それらの実践を行っている自分(周囲の世界と切り離されて個別の意思を持った私)というものはそもそも存在していないんだ、という感覚も深まってきます。

すると、自分の意思でやっていると思っていたさまざまな実践は、宇宙そのものが目覚めようとして、私の身体と心を通してやっていたのだな、ということがわかってくるのです。

もう少し簡単に言うと、自分の意思だと思っていたものが、実はすべてそのまま宇宙の意思だった、ということがわかるのです。

つまり「自分の意思と宇宙の意思」あるいは「自分がやろうと思ってやることと自分に自発的に起こる行為」はまったく同じことなのです。

そのことがわかってきてから、私は自分がやりたいと思う事を、以前に比べるとずいぶん自由にやることができるようになってきました。

自分がやりたいと思うことは、宇宙全体が自分の心と身体を通してやってほしいと思っていることなのです。


さて、悟りを得るために何かできることはあるのか、という最初の問題に戻りましょう。

答えはとてもシンプルです。あなたがやりたいと思う事を何でも自由にやること。それがあなたの悟りのために一番大切なことです。

もう少し理屈っぽく言うと、あなたがまだ個別の自分がいるという感覚にとらわれているならば、言い換えると、あなたがまだ「すべては自発的にやってくる」という言葉を心の底から実感できていないのであれば、悟りのためにできることはたくさんあります。

実践方法はたくさんありますから、自分にあっていると感じるものを心を込めて徹底的にやって下さい。

やがて、個別の自分がいるという感覚がうすれてくるときがやってきます。

そうなってくると、それまでいろんな実践をやってきたとしても、多くの実践体系は自分にはあわないような感じがして、実践そのものがとてもシンプルになってくるでしょう。

ただ意識そのものを意識する、というようなシンプルな実践にひかれるようになってきます。

そして、そのときには、上に書いたように、悟りのための実践は、自分が行っているという感覚ではなくなって、ただ必要なプロセスが自分に起こってくるだけだ、という感じになっているでしょう。

すると、悟りを得るためにできることはあるのか、という疑問そのものが消えていきます。

悟りを得るためにできることがあるのかと悩んできたことや、目覚めが深まっていくプロセスの中で体験した苦しみや、そもそもそれを体験してきた自分自身の存在すらも、大きな私の中で次々と形をかえながら、やってきては去って行くエネルギーの流れにすぎなかったことがわかるからです。

すべてはもともと悟っている、という言葉の本当の意味がわかってくるのです。


どうぞあまり難しく考え過ぎないように。今自分に必要だと思うことを自由にやって下さい。その行為自体が、あなたの悟りがこの宇宙に表現されている姿なのです。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話相談をご利用下さい。新大阪と境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jpまでお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキングを見てみる
人気ブログランキングを見てみる
関連記事
[ 2012/02/17 09:38 ] 気づき(〜2012/12) | TB(-) | CM(-)
プロフィール

中野真作

Author:中野真作
スピリチュアルセラピスト。1997年からヒーリング&カウンセリングルーム「スペースまほろば」主宰。悟り・非二元の視点から人生のあらゆる苦しみを手放すお手伝いをしています。
スカイプセッションと境港での対面セッションは随時、東京・大阪での出張個人セッションやお話会も定期的に行っています。セッションの詳細につきましては、スペースまほろばをご覧下さい。

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
2018年7月30日(月)〜8月1日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in大阪
 7月29日(日)13:15〜16:15
2日間特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in東京
 9月8日(土),9日(日)10:15〜16:45
境港お話会
 次回開催は準備中です。
Zoom読書会
 7月8日(日)20:00〜22:00
全記事表示リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。