心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

目覚めた人と目覚めていない人(2)

■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
■2017年11月19日(日)癒しと目覚めのお話会 in新大阪
先日書いた「目覚めた人と目覚めていない人」を読み返していて思い浮かんだことをもう少し書いてみました。

-----

自分の内側で目覚めのプロセスが始まって、世界のより深い次元を感じ取るようになると、「あの人は目覚めているけど、この人はまだ目覚めていない」というような思考が自然と心に浮かんでくる時期があります。

誰に出会っても、その人がどの程度目覚めているのか、自分よりも目覚めているのか、ということが気になってしまったりします。

自分のほうが目覚めが深いぞ、と思えば優越感を感じ、この人は自分よりも目覚めているようだ、と思えば劣等感を感じてしまいます。

もう少し気づきが深まってくると、そんな判断をしてしまう自分自身に罪悪感を感じてしまうこともあるかもしれません。

でも、どんな思考が心に浮かんできても、それをそのまま信じる必要はないのです。

「あの人は目覚めている」「この人は目覚めていない」というような思考が浮かんできたら、それを単なる一つの思考だと気づいて、ただ流していきましょう。

人の目覚めについてあれこれ判断を下す自分自身を判断している思考に気づいたら、それも単なる一つの思考だと気づいて、ただ流していきましょう。

そういう思考(言葉の流れ)が頭の中を通り過ぎていくことに、ただ気づいておきましょう。


少し別の視点から見れば、他者が目覚めているかどうかということが気になるということは、自分自身がまだ目覚めていない、とうことを教えてくれる大切なメッセージです。

真実の目覚めの状態に落ち着いてくると、つまり、あらゆる二元性を超えてすべてのものをありのまま見ることができるようになってくると、目覚めている人、目覚めていない人、という視点も抜け落ちていきます。

目覚めているように見えたり、目覚めていないように見えたりするその状況そのものが、目覚めそのもの、空そのもの、存在そのもののかけがえのない表現であることが見えてきます。

「すべてのことはただそうなっているだけである」という言葉の意味が理解されます。

「ありのまま」という言葉の意味が理解されます。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話カウンセリングをご利用下さい。新大阪と境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキングを見てみる
人気ブログランキングを見てみる
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
11月20日(月)〜22日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
 10月29日(日)10:20〜16:50
癒しと目覚めのお話会 in新大阪
 11月19日(日)13:15〜16:15
境港お話会
 11月25日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。