心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

頭の中を流れる音楽

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
前々回の記事(何気ない思考に気づく)では、自分を制限するような思考だけでなく、日常生活の中でほとんど気づかずに行っている微妙な思考、例えば、今やっていることを実況中継しているような思考に気づくことについて書きました。

心の中を流れていく思考を、単なる思考にしかすぎない、と気づくことで、思考を超えた大きな空間、大いなる存在を意識することができるようになり、その大いなる存在が本当の自分である、ということを思い出す道が開けてきます。

この前々回の記事を読んでいて、私自身の体験と関連して思い出したことがあるので、補足してみます。

-----

私はいつの頃からか音楽がないと生きていけない人でした。ウォークマンが一般的になると外出のときにはいつも持ち歩いていたし、10年前くらいからはそれがiPodに変わりました。音楽を聴いていないときにも、何かを考えていないときにはいつも頭の中を音楽が流れていたような気がします。

その音楽も、そのときのお気に入りの曲や、町中やテレビなどで偶然聴いた曲、はたまた、何の意味もない短い音階の繰り返しなど、いろんなパターンがあったように思います。

ところが、思考が少しずつ静まり始め、思考と思考の間の沈黙を意識する時間が増えるようになると、音楽を聴きたいという思いが少しずつなくなってきたのです。

10年前から大阪と境港を往復する生活をするようになってからも、最初の頃は3時間半のバスの中では必ず音楽を聴いていたのですが、今から5、6年前くらいからでしょうか、往復の道中で音楽を聴くことがだんだん少なくなってきました。やがて、私のiPodは外に持ち出されることも充電されることもなくなって、引き出しの中に眠ってしまったのです。

今でもまったく音楽を聴かないというわけではありませんが、聴くときは集中して聴くけれど、ただ漫然とBGMのように流しておくのは耐えられなくなっています。携帯音楽プレーヤーのたぐいも今はまったく持っていないのです。

最初の頃はこういった自分の変化が不思議でもあり、少し寂しくもあったのですが、今はそういうことも思わなくなりました。


以前、四六時中、頭の中を音楽やメロディーが流れていたときには、無意識に思考が流れていたときと同じように、そうすることで「今ここ」を避けていたのです。

もちろん、音楽そのものが悪いわけではありません。素晴らしい音楽が運んでくれるエネルギーにはずいぶん助けられてきましたし、今でもたまにはギターを弾いたりすることもあります。

でも、無意識に頭の中を音楽で埋め尽くしてしまうことは、もっと大切な何かを見失ってしまうことになります。


以前の私は、音楽を聴いてハイになることで、未解決の痛みを感じないようにしていました。音楽が精神安定剤のような役割を果たしていたのですね。

辛いときに音楽がその辛さを和らげてくれるとしたら、それはとてもいいことですが、あなたの準備ができたなら、ヘッドホンを外し、頭の中の音楽も止めて、その奥にあるエネルギーを直接味わってみるのもいいと思います。

最初のうちはさまざまな痛みが浮上してくる可能性がありますが、やがて内なる沈黙というまったく新しい次元が見えてきます。

世界で一番美しい音楽は「沈黙」だと思うのです。

-----

このブログも記事がかなり増えてきたので、記事の内容別にカテゴリー分けして、過去記事を読みやすくしたいなと思い始めました。最近の記事が「未分類」のままになっているのはそのためです。

しかし、なかなか面倒そうなので、いつできるかはわかりません。(^_^;)

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話カウンセリングをご利用下さい。新大阪と境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2012/10/24 22:14 ] 気づき(〜2012/12) | TB(0) | CM(6)
中野先生、こんばんは。
僕も子供の頃から頭の中で音楽を鳴らして楽しむ癖がずっとありました。
このお話を聞いて思い出したのですが小学校の時に全校集会のような
集まりであまりにも退屈で、頭の中でビッグバンドを想像し音楽を
鳴らしていたのですがその演奏がクライマックスに入り最高の形で
演奏が終わったときに拍手をしそうになってしまって…(;^_^
あれはかなり恥ずかしかったのを思い出します。

今も感情を感じようとする時に、まったく関係のない音楽が鳴ることがあるのですがこの記事でとてもよくわかりました。

音楽は気付いていない感情に気付かせてくれたり、創造の楽しさや
仲間との一体感、情緒的なつながり、たくさんのことを教えてくれました。
でもひとつひとつしがみつかないよう在りたいなと思います。
どうもありがとうございます!
[ 2012/10/24 23:10 ] [ 編集 ]
中野さん、

先日のお話会、ありがとうござました。

今日のブログを読んでいて、僕も最近ここの所1年ほど、徐々に音楽離れが起こっていました。

約10年間ほど、毎日10キロほど歩いていたのですが、そのほとんどを音楽をかけつつ歩いていました。音楽がなければ、退屈で退屈で、、、といった感じでしたが、抑圧された感情の貯蔵庫が空に近づくにつれ、とりわけ音楽なしでも散歩できるようになりました。

以前はバッテリーが切れると、うんざりするほど退屈を感じてましたが、意識が拡大してくると、好奇心が強くなるせいか、退屈だと感じることが随分減っているようです。

おっしゃっているように、今ここからの逃避、、つまり直面することが困難だった激情、怒り、恐れ、痛み、絶望感、無力感、から逃れる、、または、爆音に乗せて、激怒や殺意などの激情をとき放っていたように思います。

僕はXのヨシキの作った楽曲に随分と助けられました。

絶望や狂気、愛を求めてのたうちまわる、、といったようなものを表現してくれていたので、それがトリガーになり、僕もかなり癒されたようです。

5年の集中的な瞑想習慣をもったことによって、意識の拡大が起こり、それに伴ってどんどん好奇心も強くなっているようです。

おそらくどれだけ好奇心が強いかが、強烈な感情が出てきた時や、直面することが困難なものにどれだけアプローチ(観察すること)できるか、に影響しているのでしょう。

拡大された気づきがすべての鍵である、、ということの意味をそう言う風に受け取っています。

狂気や絶望感、無力感に対して好奇心を持つなんて、、以前は考えもしなかったことです^^;



[ 2012/10/25 07:16 ] [ 編集 ]
Re:
こうすけさん、コメントありがとうございます。

> 今も感情を感じようとする時に、まったく関係のない音楽が鳴ることがあるのですがこの記事でとてもよくわかりました。

感情を感じようとするときに音楽が鳴る、
ということを自覚しているのはとてもいいことです。

自分がどういう方法で「今ここ」を避けているのかに
できるだけ気づくようにしてみて下さいね。
[ 2012/10/27 21:34 ] [ 編集 ]
Re:
田中さん、先日はお話会へのご参加ありがとうございました。

> 狂気や絶望感、無力感に対して好奇心を持つなんて、、以前は考えもしなかったことです^^;

好奇心を持つ、というのは、起こってくることすべてに対して、
それをどうにかしようとしたり、違うものに変えようとしたりせずに、
 それはいったいどうなっているのか、
 それはそもそもいったい何なのか、
というような気持ちで接していくことと言ってもいいでしょう。

つまり、「愛」「慈悲」といった言葉で表されているものと
同じ性質を持っているのだと思います。

ただ、ありのままに存在を許すこと。
すると、思ってもいなかった新しい次元が開かれてきます。

[ 2012/10/27 21:41 ] [ 編集 ]
素晴らしい
洞察ですね。共感します。
世界で一番美しい音楽は
「沈黙」という言葉に、
静寂には全ての音があるという
話しを思い出しました。
[ 2013/01/14 17:35 ] [ 編集 ]
Re: 素晴らしい
陽介さん、コメントありがとうございます。

> 静寂には全ての音があるという
> 話しを思い出しました。

すてきなお話ですね。
このお話は私の内側にもとても響きました。
シェアして下さってありがとうございます。
[ 2013/01/17 18:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
9月25日(月)〜27日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
 9月24日(日)13:15〜16:15
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
 10月29日(日)10:20〜16:50
スカイプお話会
 8月23日(水)20:00〜21:45

境港お話会
 8月19日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。