心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

お話会東京1dayミーティングに参加して下さった方のご感想(3)

■2017年7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート
12月23日の「癒しと目覚めのお話会東京1dayミーティング」に参加して下さったKさんからご感想をいただきました。掲載のご承諾をいただきましたので、ご紹介致します。

かなりの長文になりますが、とても大切な内容が含まれていますので、プライバシーに関わる部分以外はそのまま掲載致します。Kさん、ありがとうございました。(改行を一部変更しています)

-----ご感想ここから-----

先日はお話会に参加させていただき、ありがとうございました。

帰宅後、布団に入ってから、涙が出て止まりませんでした。自分のインナーボディを意識してみたのですが、そこには悲しみも寂しさも悔しさも切なさも怒りもイラつきも感じられませんでした。ただ、胸の辺りが微かにふわん…と緩むような感じがするだけです。お話の中にあった「(自分の) もっとも深い場所にある感情」の認識が出来ていないのでしょうね。

自己紹介でもお話しした通り、中野さんのことはTwitter以外はきちんと拝見したことは無く、そのTwitterも、こういう取り組みに対して絶望というか、諦めに近い感覚に呑まれつつあり、拝見することも少なくなっていたところに東京でのお話会を知り、違う空気を感じてみたい、覚醒している方はどんな雰囲気なのか感じてみたいと思い、参加を決めました。


〈余談ですが〉
"違う空気"と言うのは…。
自己覚知やさらに踏み込んで覚醒へと進む取り組みは、さまざまな人たちが独りでまたはグループで取り組んでいます。かくいう私も、あるグループに属することで、取り組みを続けています。ただ、そのグループ(グループと言うと少し違うのですが)に常に属していると、なんというか、息が詰まる感覚がするようになりました。

そこでの私は、自分及び他人に対する判断や思考を止められず、周囲からどんどん置いて行かれるような焦燥感だったり、強烈な孤立感だったり、自己憐憫だったりが浮上してきます。どうしても、そこに集まる人々と自分とのギャップを感じずにはいられなくて、"違う空気"を感じてみたい、と思ったのです。覚醒している方の下に集まるのはどんな人たちなのか?と興味もありました。


参加して驚いたのは、男性が多いこと(笑)。そして、集まった方々が、とても静かな人たちである、ということ。私が参加してきた集まりでは、交流会やワークショップにおいて「私個人の質問に答えて!」という姿勢の人が、多かった気がします。そういう質問でも、その場にいる全員の糧となっていることもあれば、やはりまったく個人的なものも感じられ、正直、辟易することもありました。

ですが、中野さんのお話会で出た質問やシェアは、何一つ無駄がない気がしました。質問はあの場にいた人全ての中に在って、発言者が代表して質問しているような感じもしました。そして、その質問やシェアに答える中野さんの姿勢、言葉、沈黙が、新鮮に感じました。中野さん自身のお言葉であるのは判るのですが、それと同時に、もっとべつな流れから…。巧く表現出来ませんが、降りてくる言葉、という感じでしょうか。チャネリングなどではなく、中野さんご自身の、ずっと深い場所から言葉が湧き上がって、お話しされているように感じたのが新鮮でした。

如いて言うなら、中野さんご自身は媒体?であるかのような。現状の私には未だ、「最も深いリアリティ」から物事を認識することは叶いませんが、中野さんから発せられる「最も深いリアリティ」という言葉の奥に、静謐なモノを感じました。


また、感情のエネルギーにレッテルを貼らない、というのはとても胸に残りました。今までは、例えば怒りなら「怒りを感じている」と認識して、客観視するようにしてきましたが、「怒り」という言葉によってレッテルを貼ってしまうと、過去に経験した「怒り」にまで枝を張ってしまうというのは、とても新鮮でした。

でも、感情をただのエネルギーとして感じるのは、難しいです。私は、「エネルギーを感じる」ということ自体が、よく解りません(これが、前述の焦燥感や自己憐憫に繋がるかもしれません)。体感として感じるのはわかりますが、それがどういう流れで動いているか?までは感知出来ません。


あの日のあの空間は、私に取って、不思議な雰囲気の空間でした。帰宅の途中、私は少し属している集まりの観念に縛られていたのかな?と思いました。覚醒には、知識や経験はさほど関係がないとおっしゃっていましたが、そのお言葉が、なんとなくですが、掴めそうな気がしました。

あの空間は一貫して、中野さんの深い、深い思いやりが感じられ、私の内側が静かになった気がします。「ありのまま」で認識することが出来れば、それだけで深い癒しが起こるのですね?未だ言葉を持たない赤ちゃんが、見るモノ全てに興味を示して「そのもの」に触れようとするような、無垢な認識というか…。

まずは、思考の背後にある沈黙を感じてみるようにしています。やはり、仕事や家庭に入ってしまうとなかなか難しいのですが旧い習慣を剥ぐには、それを身につけた時と同じ時間経過が必要なのかもしれません。


それと、中野さんのセッションにも興味が出始めました。特に、ブレスワークが気になり始めました。理由は、私の呼吸は浅くて、意識して深くしようとすると辛いだけで終わってしまうからです。ですが、大阪となると経費の面でも問題が出てきますので(><;)、すぐにお願いします!と言えないところが、なんとも…。
機会があれば、グループセッションやお話会にも、ぜひ参加したいです。これから少しずつブログも拝見していこうかなと思います。

とりとめの無い長文になってしまい、誠に申し訳ありません。寒さ厳しい日が続きますが、どうか御自愛くださいませ。良いお年を。

-----ご感想ここまで-----

お話会当日は、私の中ではあっけないくらいあっと言う間に時間がすぎてしまい「いったいこれでよかったのかな?」という思いもあったのですが、こういったご感想を拝見すると、とても勇気づけられます。

自分が何かをしようとすることなく、ただ起こっていること、起こっている流れにまかせていれば、そのとき一番必要がことが自然に起こるのだな、ということをあらためて感じました。

Kさん、長文のご感想ありがとうございました。

-----

2月に名古屋で1dayミーティングを開催する方向で調整しています。3月と6月の東京でのグループと合わせて、1月中旬までには詳細をお知らせできると思います。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話カウンセリングをご利用下さい。新大阪と境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
7月31日(月)〜8月2日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
皆生温泉リトリート
 7/1(土)〜3(月)
スカイプお話会
 6月7日(水)20:00〜21:45

境港お話会
 6月17日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。