心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

沈黙の心地よさ〜お話会東京1dayリトリートに参加して下さった方のご感想(2)

■2017年7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート
3月31日(日)の「癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート」に参加して下さったNさんからご感想のメールをいただきました。掲載のご承諾をいただきましたので、ご紹介させていただきます。Nさん、ありがとうございました。

-----ご感想ここから-----

中野さん、こんにちは。

東京1Dayリトリートに参加したNです。

当初は仕事上の理由で参加できないかもしれないという懸念がありましたが、無事参加させていただき、充実した1日を過ごさせていただきありがとうございました。今回は中野さん、そして他の参加者の皆さまと休み時間などでお話しができたこともとてもよかったと思っています。また、blogにも書かれておられましたが、あの1日はまさに「瞑想状態」だったように思います。
中野さんの絶妙な「間」をとられたお話しの進め方、参加者それぞれが持っている「今この瞬間にいようとするその心のあり方」が共鳴しておきた、あのなんともいえない心地よい感じ。休み時間にも参加者の方ともお話ししていましたが、中野さんの「間」の取り方は、まさに、「沈黙の心地よさ」を感じることのできる、絶妙なものだと思います。
私自身は、あの場でも皆さまにお伝えしましたが、イスを利用させていただいたせいもあるとは思いますが、終始、心地よい「揺れ」を感じながら過ごさせていただいておりました。
会の最後のところで瞑想が終わったとき、

「最後に一言ありますか?」

と、中野さんにきかれたときには、実はいろいろあったのですが気持ちよすぎて喋れなかったというのが本当のところです。
また、今回は少しですがメモをとっていたのですが、その後そのメモを読み返す機会が何度かあります。そして、そのメモを読んでいるうちに意識がまたあのときと同じような状態になっていくのです。

当日もお伝えしましたが、今回、中野さんがおっしゃっていた「何もしない」というキーワード、これが私には本当に響きました。決していい加減なわけではなく、「自分の中で起こったことには、何もせずに感じておく、意識しておく」、すると必要なことが起こってくる。
結果に対する期待を手放していく。そんなことが、ここ2,3ヶ月で感じているまさに自分の実感だったので、「ああ、やはり、これでいいんだ」とより自信を深めることができた想いがするのです。

そして、今回強く感じたのは、冒頭にもお伝えしましたが、「場を感じる」ということです。私にとっては中野さんのお話し会に参加させていただく大きな意義の一つは、その「場」を感じることに他ならなかったのだと今回実感致しました。

それから、最後の方で中野さんが、スピリチュアルを実践するという場合、片方だけ(ハイヤーセルフとつながるとか)を行うケースが多いように感じるが本当は両方が必要とおっしゃられていました。この点についても、私には非常に納得感を持って頷けることでした。
私にとって中野さんがすばらしいところは、何かサイキックな感じでいくのではなく、生きる上でのまさに癒しと目覚めについてのきっかけをつくり実践をされているところだと思うのです。うまい表現でなくて申し訳ないのですが、そのように思います。

日々生きていく中で、生活の中でどのような心の持ち方で生きるのか、それこそがスピリチュアルな生き方だと私は捉えています。だからこそ、何か目に見えない力だけを一方的に信じて・・・何か宗教のようになっていくのではなく、自分自身がどのような心の持ち方で、どのように生活していくのかこそが重要なのだと思うのです。中野さんは、そのきっかけやそして新しい、あるいは、ともするとうっかり忘れてしまいがちな大切なことに気付かせてくださるのだと思います。

感想のご連絡が遅くなってしまい恐縮ですが、とても有意義な時間を過ごさせていただきましたこと、深く感謝致します。また、お会いできる日を楽しみにしております。この度はありがとうございました。

-----ご感想ここまで-----

沈黙が心地よかった、というご感想は昨年12月の東京1dayミーティングの少し前あたりから、お話会に参加して下さる多くの方からうかがうようになりました。それ以前は、あまりそういうご感想を聞くことはなかったような気がします。

これはたぶん、私自身が沈黙をとても心地よく感じるようになってきていることと繋がっているような気がしています。そして、この最近特に、少し前の自分からは想像もできなかったほどに心が静まってきて、その状態に心地よくいられるようになってきているのを感じています。

ちょっと前にも同じことを書いたような気もしますが、それでも今また同じようなことを感じています。きっと、またしばらくしたら、同じようなことを書くのかもしれません。(^_^)

エックハルトトールも語っているように、この感覚の深まりには終わりはないのでしょう。

目覚めるということは何ら特別なことではなくて、ただ存在の自然な状態、存在の本来の状態に戻っていくだけです。

そのプロセスの中で「沈黙」はとても大切なポイントです。

ただ沈黙を味わうこと。

ただ沈黙と親しくすること。

これは、「意識そのものを意識すること」や「気づきそのものに気づいておくこと」と同じことを意味しています。

そして、これらの言葉の意味がよくわからなかったり、どうやって沈黙を味わうのかわからない、と感じたとしても大丈夫です。

わからないと感じているということや、そう感じているあなた自身がもともと沈黙そのものであって、そこから離れることすらできないのです。

ただ、そのまま。

ありのまま。

-----

お話会の今後の予定

5月4日(土・祝)、5日(日・祝)
「癒しと目覚めのお話会 大阪2daysミーティング&リトリート」
4日の1dayミーティングでは「本当の自分に目覚め楽に生きるための具体的な方法」をテーマに、どうしたら目覚めのプロセスを深めていけるのか、ということに関して、私のこれまでの学びをできるだけ体系的にまとめた形でお伝えします。
5日の1dayリトリートでは、4日のテーマをさらに深めながら、個人セッションに近い雰囲気で、目覚めの障害となっている心理的な問題などにも光を当てていきたいと思います。
どちらか1日だけの参加も(4日は半日参加も)可能です。

6月16日(日
「癒しと目覚めのお話会 東京1dayミーティング」
3月31日は少人数限定の「リトリート」でしたが、今回は昨年12月と同じ府中の会場で、定員も比較的多く、気軽に参加しやすい「ミーティング」として行います。テーマは現在検討中ですが、5月4日の大阪と同じテーマで行うことにするかもしれません。
なお、6月15、17、18日に行う東京での個人セッションはすでに満席となりました。キャンセル待ちを受け付けています。
その次の東京での個人セッションは8月31日、9月2、3日に行う予定です。

-----

覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談は「スペースまほろば」をご覧下さい。
スカイプ・電話によるセッションも可能です。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
7月31日(月)〜8月2日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
皆生温泉リトリート
 7/1(土)〜3(月)
スカイプお話会
 6月7日(水)20:00〜21:45

境港お話会
 6月17日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。