心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

思考から解放される感覚

■2017年7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート
いったい全体、長い間何を悩んでいたのかな、と感じる瞬間が最近よくあります。この感覚が急に深まってきたのは、先日のゴールデンウイークの大阪お話会2daysの後からのような気がしています。


お話会の中では自分の本質に気づくための誘導瞑想をやることがよくあるのですが、これまで1回の瞑想の時間は10分か、せいぜい15分くらいでした。ところが、先日のお話会の2日目、いつものように誘導を終えて少ししてから「ゆっくりと目をあけてこの部屋に戻ってきて下さい」と言っても、参加者の方どなたも、一度は目を開けてもまた目を閉じて瞑想状態へと戻っていくのです。

かくいう私も、これまで体験したことのないような深い沈黙に引き込まれるような感覚があって、参加者の方と一緒にしばらくこの感覚にひたってみよう、という気持ちになってきました。

そうして40分近くの間、みなさんとともに深い瞑想状態の中にいたのです。

グループで瞑想することで、一人で瞑想するときよりも深い体験が起こりやすいということは、最近のお話会の体験からもある程度理解していたつもりだったのですが、ここまでの感覚が起こりうるのか、ということはちょっと意外でした。

これはきっと、私自身の意識の深まりと、参加者のみなさん一人一人の意識の深まりが相乗効果となって、より深い共鳴現象が起こっていたのではないかと思います。


ゴールデンウイークが明けて、普段の日常生活に戻ってからも、それ以前とは明らかに違う感覚が自分の中に生まれていること気づきました。

数年前から、夜寝る前や朝目が覚めた直後、布団に入ったままぼーっとしているときに、それ以前には体験したことのないような深い沈黙に引き込まれるような感覚が起こり、自分が今ここに生きているということの神秘がとても強烈に感じられることがときどき起こっていました。ただ、普段私は横を向いて寝る事が多いのですが、これが起こるのは仰向けになって身体を意識的にリラックスさせているときだけでした。

やがて、普通に横を向いて布団に入っているときにも、この感覚がときおりやってくるようになりました。

そのうち、布団に入って少し沈黙を意識するだけで、意識的にこの感覚に入っていけるようになってきます。これはとても心地よい感覚で、寝るのが楽しみになってきました。

でも、普段の日常生活の中でこの感覚を感じることはまれで、例えば、心地よいお天気の中で散歩をしているときなどに、ときたまフッとやってくるくらいでした。

ところが、このゴールデンウイーク明けには、普通に道を歩いているときでも、ちょっと意識しただけでその感覚に自然に入っていけるようになっていることに気づきました。

この感覚は、これまで想像もできなかった開放感であり、安堵感です。


いかに自分の思考に苦しめられてきたのか。

自分の内側を流れていく考えによって苦しんできたのか。

私たちは現実に起こっている状況によって苦しんでいるのではなく、それに反応して自分の中に流れていく思考を信じることで苦しんでいます。

その思考が単なる思考、単なるエネルギーの流れでしかない、ということがわかればわかるほど思考の背後にある沈黙に気づくようになり、その沈黙を意識的に感じていればいるほど思考はさらに静まってきます。

思考が静まってきたとき、そこに見えてくるのは文字通り「ありのまま」の世界です。

何の解釈も与えられていない、そのままの世界。

如性。


これまで自分だと思っていたもの、これまで世界だと思っていたものが、実は単なる思考の流れだとわかってきたとき「すべてがストーリーである」という言葉の意味が理解されます。

「私」が「ストーリー」から解放されたとき、「私」という言葉が本来もっている無限の広がり、空性、充満性が理解されます。

あなたは世界そのものである、と同時に、無、なのです。


何度も書いてきたように、自分の思考の流れを離れて見る視点を獲得すること、自分の思考を単なる思考、単なる思い込み、単なるストーリーだと気づくことと、その思考にエネルギーを供給している感情に気づき浄化していく作業、この2つを意識的に行っていくことで、その途中で自我の抵抗が起こることはありますが、目覚めのプロセスは確実に深まっていきます。

よく「なんとなく実感できるのだけれど、その感覚が維持できない」あるいは「なかなか深まっていかない」ということをおっしゃる方がいます。

しかし、そうおっしゃる方というのは、もうすでにずいぶんプロセスが進んできているのです。

いろんな目覚めた人の本を読んだり、私自身の体験からしても、ある一つの意識段階から次の意識段階に十分に移行していくまでには、順調に進んだとして5年前後の時間がかかります。

ですから、焦らないことが大切です。

このブログを読んで下さっている方は、自覚しているかどうかにかかわらず、確実に目覚めのプロセスを歩んでいます。


とはいえ、ただじっと座って瞑想しているだけでは、なかなかプロセスが深まっていかないこともあるようです。

少し長くなってきたので、次回はこのことについて書いてみようと思います。

-----

■お話会&読書会の今後の予定

・6月7日(金)ニューアース読書会(新大阪)

エックハルトトールのニューアースをテキストにした読書会の2回目です。今回は第2章「エゴという間違った自己のシステム」を中心に、癒しと目覚め・悟りの基本的なトピックについてお話していきます。

・6月16日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayミーティング

昨年12月に続いて府中駅前の府中グリーンプラザでのお話会です。目覚め・悟りと呼ばれる現象の本質と、どうしたらそれを体験できるのか、ということを、心理的な癒し・苦しみからの解放という視点からお話していきます。誘導瞑想や非二元的な意識を直接体験するための簡単なエクササイズなども行っていきます。

また、同時に行われる東京での個人セッションの空きは今のところ6月19日(水)16時30分〜の枠のみとなっていますが、ご希望があれば6月14日(金)の夜(19時〜)に枠を設定したいと思います。ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

-----

覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談は「スペースまほろば」をご覧下さい。
スカイプ・電話によるセッションも可能です。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
7月31日(月)〜8月2日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
皆生温泉リトリート
 7/1(土)〜3(月)
スカイプお話会
 6月7日(水)20:00〜21:45

境港お話会
 6月17日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。