心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

感情を感じること=自分を愛すること=自分が緩んでいくこと

■2017年5月28日(日) 癒しと目覚めのお話会 in名古屋
■2017年7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート ※早割期限(5月2日)が近づいています。
7月17日(水)19時から新大阪ミニお話会です。今月のテーマは「死」「死ぬこと」です。
また、7月25日(木)20時からスタートするスカイプ読書会〜ステファン・ボディアン「過去にも未来にもとらわれない生き方」の詳細をアップしました。

-----

感情をありのまま感じることが大切だ、ということは私がセラピーの仕事を始めた最初の頃からずっと言い続けてきた言葉のような気がします。ただ、そのことがどうしてそれほど大切なのかは、わかっていたつもりで、実はもっとも深いレベルでは最近までよくわかっていなかったのかもしれません。


これまでは、感情を感じることの大切さを説明するときに、おおよそ以下のようなお話をしてきました。

それが怒りや悲しみといったような、通常は否定的なものだと考えられているような感情であっても、それらは本当の自分の大切な一部であるのだから、それらを否定して心の奥に閉じ込めてしまうことは、本当の自分の一部を否定してしまうこと、自分で自分を拒絶してしまうことになります。

そうやって否定している部分が大きくなればなるほど、生きることは苦しくなってきます。

また投影の原理によって、否定しているエネルギーはまるで周囲の世界から自分に向かってくるように見え、世界全体が自分の敵のように見えてきたりすることすらあります。

抑圧してきた感情にしっかり触れて、それをありのままに認め感じ取ることが、自分を愛すること、ありのままの自分を認めることと同じであり、そうすることでエネルギーが流れ、楽になっていきます。



この考え方はもちろんある意味正しいのですが、これだけでは何か十分でない感じがしていました。それがやっとうまく説明できるようになったような気がしています。


「私」という感覚は、本来は存在そのものの感覚です。

目を閉じて今ここに在る自分の身体を感じてみたとき、言葉を超えて確かに何かがここに在る、存在しているという感覚があると思います。存在しているというシンプルな感覚。

その存在感そのものが本来の大いなる私の感覚なのに、人間は成長のプロセスの中で、自分の中のある部分はよいもの、それ以外はよくないもの、と区別をし始め、よくないものとレッテルを貼られた感情のエネルギーは心の奥に閉じ込めて(抑圧されて)しまいます。

閉じ込めるために、その否定された感情の周囲でエネルギー的な収縮、緊張が起こります。それはまた実際の身体の緊張とも関係しています。

その緊張感、収縮感そのものが小さな私、周囲の世界と分離した私が存在している、という感覚そのものです。

つまり、自分を愛すること、自分のすべてをありのままに認めるということは、小さな自分、分離した自己感覚を緩めていくこととイコールなのです。


このことが理解できると、感情の浄化のプロセス、あるいは(同じことですが)身体の緊張が緩んでいくプロセスが実際に深まり始めると、一時的に不安や怖れを感じる方が多い、ということの意味がわかってきます。

それまで「これが自分だ」と思い込んでいた思い込み、自分という感覚そのものが緩んでくるからなのです。

私自身やセラピーを受けて下さっている多くの方の体験からみると、子どもの頃に適切な愛情を感じたことのない方ほど、このとき感じる不安や怖れは大きくなるようです。

これがエゴの死の恐怖です。

でも、感情はそれが起こってきたときに、ただありのまま感じ取って流していけば、やがてすぐに消えていきます。このプロセスの途中で感じる不安や怖れもまた同じなのです。

エゴの死の恐怖すら、単なる一つのエネルギーの流れであることに気づき、ただ流していくと、やがて自分の本来の姿である無限の広大さとしての私、限りないスペースとしての私に落ち着いてきます。

その大いなる私の中で、すべてのことはこれまでと同じように起こり続けています。でも、その中で何が起こっても、スペースそのものとしての私は何の影響も受けないのです。

そして、その感覚を意識し続けていると、スペースとその中で起こっているものとの間の境界も緩んできます。


ただ、在ること。

何をしているときでも、在ることそのものを意識しておくこと。


ただ、そのまま。

-----

■お話会&読書会の今後の予定

それぞれ参加お申込み受付中です。このブログに興味をお持ちの方、中野の話を聞いてみたい方、お気軽にご連絡下さい。

・癒しと目覚めのお話会 1dayリトリート
 7月 7日(日)大阪/天満橋
 8月 4日(日)名古屋/栄
 9月 1日(日)東京/府中

・新大阪での定例会
 7月17日(水)新大阪ミニお話会 テーマ「死」「死ぬこと」
 8月 2日(金)ニューアース読書会

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話カウンセリングをご利用下さい。新大阪と境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
関連記事
仰る通りですよね。☆
仰る通りだと思います。☆

私自信も、どうしても感じたくない感情があり、→(人を妬むジェラシーの感情や・人を憎む気持ちや・好き嫌いが激しくて選り好みして、嫌いな人を仲間外れにする気持ち・周りの人を考えずに図々しく無神経に自分の事しか考えない自分・周りの人は自分の要求を全て叶えるべきだ、という我がままな自分・周りの人は、常に自分の思い通りにしと、という幼稚な気持ち等)

どうしても感じたくなかったので、周りの人に転嫁して投影していましたが、

やっと、最近では、「ああ、よっぽど、それらの感情を感じたくなかったんだなぁ、大丈夫だよ、よしよし。タカヒロ愛してるよ。だから、少しずつ解放していこうね。☆」

と自分で自分に言い聞かせてあげれる様になってきました。☆

「自分の感情を否定せずに、味わい尽くす・・」という視点を持たせてくれた、中野先生に感謝です!

有難ございました!!(^^)

これからも応援しております。(__)
[ 2014/06/10 10:47 ] [ 編集 ]
Re: 仰る通りですよね。☆
柴田さん、コメントありがとうございます。

投影に気づくのは一時的には辛いこともありますが、
見たくないと思っていた感情すら
それをありのまま感じ取って行く作業を続けていくと、
それも大いなるものそのものだと気づき始めるときがきます。
存在のまったく違う次元が見えてくるのです。

そういう意味で、ジェラシーも憎しみも怒りも悲しみも
一番大切なことを思い出させてくれる、とても大切なものなのですね。

いつでもそのままで、あなたのままで大丈夫なのです。
[ 2014/06/16 21:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
5月30日(火),31日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
■名古屋お話会[New!]
 5月28日(日)午後開催予定。詳細は決まり次第お知らせ致します。
皆生温泉リトリート
 7/1(土)〜3(月)
スカイプお話会
 4月19日(水)20:00〜21:45

境港お話会
 4月15日(土)13:00
全記事表示リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。