心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

「不安感」の大切さ

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
4月6日(日)10時から癒しと目覚めのお話会 名古屋1dayリトリートを開催します。今回は定員10名になりしだいお申し込み受付を終了します。空きがあれば当日参加も受け付けますが、念のため070-6686-8697中野まで空席状況をご確認下さい。

-----

最近の私のブログ記事は非二元的な傾向がますます強くなっているな〜と感じていました。たしかにどれも自分の内側から出てきている言葉なのですが、そればかりを強調するのはどこか違うな、という思いも同時に起こっています。読者の中には、少しついていけないよ、と思っている方もいるかもしれません。

そもそも私が内的探求を始めたのは、なんだかわからないけれどいつもあった苦しさ、生きることの辛さをどうにかしたい、というところが出発点でした。

その探求が深まってきた結果、最近ブログで繰り返し書いているような「すべてはそれである」とか「何かをしているだれかがいるわけではない」といったようなことを実感として理解するようになり、以前感じていたような生きることの苦しさはずいぶん小さくなってきたのですが、本当の気づきはそういった非二元的な表現を呪文のように繰り返しているだけでは起こらないことが多いのもまた事実です。

心理的な癒しのプロセスについてはこのブログの中でも、そしてこのブログを始める前にメールマガジンを通して発表していた文章の中にもずいぶん書いていますが、今振り返ってみれば、心理的な癒しのプロセスと悟りのプロセスは別物ではない、という思いをあらためて強く感じます。(悟りにプロセスがあれば、ですが)

このあたりで、ゴールデンウイークの特別セミナー「神経症と悟り」でお話したいと思っていることをまとめていく意味でも、少し二元的な、私のストーリーとも関わることを書いてみようかと思います。


私は長いこと自分がどこか他の人とは違っているな、という違和感を感じていました。それは25年前に最初の覚醒体験が起こるよりずっと前からで、どこか自分はおかしいのではないかと思っていたのです。

大学に入って心理学の本を読むようになってからは、自分の問題が「神経症」とか「ノイローゼ」と呼ばれるようなものなのだな、ということがわかってきました。もっとも、現在では精神医学の分野では「神経症」「ノイローゼ」という言葉は使われずに、「社会不安障害」などといった言葉に変わっているようですが。

いつも自分が不確かな感じ、自分がいないような感じ、これでいいのだろうか、という感覚がありました。

大学に入ったばかりの頃、いろんなところで自己紹介をする機会があったのですが、「紹介する自己なんかないよな」と思っていた記憶があります。

今、それとは少し違う意味で「自分って本当はいないんだ」ということもわかってきたのですが、今思えば、人間が成長のある段階で自分というものの不確かさを感じるのは、存在の根源的なリアリティにもともと付随している性質から来ているのではないか、という気がしています。

そもそもすべての存在は切れ目なく一つにつながっていて、個別の私やあなたがいるわけではないのですから、自分というものはある意味では不確かで当たり前なのですね。

通常の心理学的なアプローチでは、そういった不安を感じないようにできるだけ強固な自我を作っていくことを目的としているように感じることがあります。

とはいえ、この見かけ上の世界の中で一人の人間として機能していく上では、見かけ上の私(いわゆる自我)を形作っていくことは必要なことでもあります。ただそのときに、しっかりした自我を形づくることだけに重きをおくのではなく、自我形成のプロセスの中で感じる不確かさ、不安感を、より深いリアリティへとつながる通路の一つとしてもっと大切にしていく視点が必要なのではないでしょうか。

不安感、混沌とした感じ、よくわからなくなってくる感じ、というのは真の目覚めのプロセスが深まってくるとき、思考による思い込みによって作られた世界から抜け出していくときに必ず体験することなのですが、それを少し早くから体験しているのですから、不安を感じることは悪いことばかりではなく、ある意味では大切なことなのです。

少し長くなってきましたので、続きは次回に。

今日の記事の内容につきましては、5月3、4日のスペースまほろば特別セミナー「神経症と悟り」大阪/天満橋の中でも詳しくお話する予定です。

-----

■お話会&読書会の今後の予定

・4月27日(日)13時〜15時癒しと目覚めのお話会 in東京/代々木上原テーマ「悟りと非二元」
東京では初めての日曜午後2時間のお話会です。参加費5,000円(当日6,000円)。終了後懇親会も行います。また、4月28日(月)は東京で個人セッションを行います。

・1日通しのワークショップ
 4月 6日(日)癒しと目覚めのお話会 名古屋1dayリトリート
 5月3、4日スペースまほろば特別セミナー「神経症と悟り」大阪/天満橋
 6月22日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
  ※6/20〜25は東京で個人セッションを行います。

・新大阪での平日夜の定例会
  4月 4日(金)ニューアース読書会
  4月16日(水)新大阪ミニお話会 テーマ「罪悪感」

・スカイプでのグループ
  4月24日(木)ステファンボディアン「過去にも未来にもとらわれない生き方」スカイプ読書会

スケジュールの一覧につきましては、下記のリンクをご覧下さい。
「中野真作の癒しと目覚めのお話会」&読書会のご案内

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話カウンセリングをご利用下さい。新大阪と境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2014/04/03 22:41 ] 神経症と悟り | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
9月25日(月)〜27日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
 9月24日(日)13:15〜16:15
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
 10月29日(日)10:20〜16:50
スカイプお話会
 8月23日(水)20:00〜21:45

境港お話会
 8月19日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。