心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

「スピリチュアル」「精神世界」の読み方

■2017年5月28日(日) 癒しと目覚めのお話会 in名古屋
■2017年7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート
さて、このブログでは、この20数年の探求の中で見えてきたことをできるだけわかりやすい言葉で表現していきたいと思っています。

ただ、見えてきたことの一つは、真実は言葉では表現できない、ということでもあったりします。言葉はあくまで真実を指し示す道具にしか過ぎません。

ですから、これから私がここで書いていくことをそのまま信じる必要はありません。私自身もこれからさらに探求を続けていく中で、もっと理解が深まっていく可能性もあります。また、ここで書いていくことは、あなた自身で実験し、それが真実かどうかを確かめることができるものばかりですから、まずはさまざまなエクササイズや瞑想法などを通して、自分で確認してみてほしいのです。

もちろん、書かれていることを信じることで少しでもあなたが楽に生きられるようになるのであれば、ぜひそうして下さい。でも、自分で体験し、直接知ることができれば、もう信じる必要はありません。

このことは、いわゆる「精神世界」「スピリチュアル」といった分野の本を読むときにもあてはまります。そこに書かれている言葉の意味を一つ一つ考えて、内容を理論的に理解する必要はありません。同じ言葉であっても、人によってはまったく違う意味で使っていることも多いのです。

よくわからないところは、飛ばして読んでも大丈夫です。そのときわからなかった文章があとで必要になるときがくるかもしれません。

そういった本を読むときには、その本がまるで「詩」であるかのように読んでみてほしいのです。「詩」を読むときにはその内容を頭で理解しようとはしないと思います。それよりも、その文章を読んだときの自分の内面の反応をよく感じみて下さい。心に響く文章があったとき、その文章を何度もはんすうして、よく味わってみて下さい。文章の内容よりも、それを読んだときに自分の中で起こっているさまざまな出来事に意識を向けてみて下さい。

そういった体験を繰り返していくうちに、その文章が本当に伝えようとしていることが、あなたの中からやってきます。

必要なことはすべて自分の中にある、とはよく言われる言葉ですが、上に書いたような読み方をしていくうちに、あなたの中に眠っていた真実が目覚めてくるわけです。あなたの読む文章は、真実を活性化させる起爆剤になるのです。


スピリチュアルな視点を持ったカウンセリング/セラピーの情報は「スペースまほろば」をご覧下さい。電話・スカイプでのセッションも行っています。
ご感想などはshinsaku@mahoroba.ne.jpまでお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2010/06/23 16:13 ] 気づき(〜2012/12) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
5月30日(火),31日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
名古屋お話会[New!]
 5月28日(日)13:30〜16:30
皆生温泉リトリート
 7/1(土)〜3(月)
スカイプお話会
 5月17日(水)20:00〜21:45

境港お話会
 5月20日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。