心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

氷が溶ける夢

■2017年5月28日(日) 癒しと目覚めのお話会 in名古屋
■2017年7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート ※早割期限(5月2日)が近づいています。
(2014/12/02記) 明日12月3日(水)20時からスカイプお話会です。明日は特にテーマを決めないフリートークの日。私が最近の気づきなどお話してから、あとは自由に語り合いましょう。直前の参加お申し込みも歓迎致します。参加費は後払いでも結構です。

-----

今日の境港は久しぶりのいい天気に恵まれました。朝から大量の洗濯物を干してすっきりしたところです。

今朝、こんな夢を見ました。

どこかの町を知らない女性と歩いている。知らない人なんだけれど、どこかなじみのあるエネルギーを感じる人。

その町は町中が凍り付いている。つるつる滑りながら歩いていると、足下の氷から道路標識の一番先っぽのところだけが顔を出していた。人の背丈以上の氷が町中を埋め尽くしているんだ。

どこかの家の中にその女性と2人でやってきた。かなり高齢の老婆と若い男性(私の子供?あるいは弟?)がいる。

一緒に来た女性がその老婆の肩をやさしく揉み始めた。老婆は涙を流している。


この夢を見た後、夢のイメージを膨らませていくワークを自分でやってみました。するとこんなイメージが浮かんできました。

私も老婆の肩を揉んでいる女性もそこに一緒にいた若い男性も皆泣き始める。

涙が部屋一杯になるほどになり、やがて周囲に流れ出す。

暖かい涙が町全体に広がっていき、町中を覆い尽くしていた氷を溶かし始めた。

町の人たちが外に出て来て、久しぶりに氷のない町並みを眺めて笑顔を交わしている。

お祝いの祭りが始まるようだ。


少し前に作家の村上春樹さんが何かの文学賞を受賞したときのインタービューかコメントの中で「作家の役割というのは物語を通して2つの世界(意識と無意識だったか、こちらの世界とあちらの世界だったか、言葉は忘れてしまいましたが)をつなぐことだ」と語っていたのがとても印象に残っています。

私には物語を書く程の文章力はないのですが、こうして夢の形で自然に物語が浮上していくることがあります。これはすべての人が持っている自分自身を癒す力です。全体性へと、悟りへと向かう、誰もが本来持っている衝動と言ってもいいでしょう。

夜見る夢に意識を向けるというのは、その衝動を自然に展開させていく、簡単だけれどとても効果的な一つの方法だと思います。夢の日記をつけてみたり、身近な人と夢について語り合ったりしてみて下さい。それだけで、問題が解決したり、エネルギーが流れ出したりすることもあります。

夢はあまり見ない、という人もいるかもしれませんが、実は私たちは四六時中夢を見ています。

それは、例えば、気になる人や、自分を困らせる身体の症状、気分などとして現れているかもしれません。はたまた、窓の外から聞こえる誰か知らない人の声や、ニュースから流れてくる異国の事件として現れている可能性もあります。

あなたの世界の中であなたの興味を(よくも悪くも)引きつけるものは、あなたが見ている夢、あなたの中にあってまだ光が当たっていない大切なものなのです。

あなたの心にひっかかる何か、それが夜見た夢であっても、今日会ったあの人であっても、気になるニュースであっても、そのことについて感じることや浮かんでくるイメージを大切に味わってみて下さい。

外の世界にあってあなたの心を動かす何かが、実は自分自身だったのだと気づいていくことが、2つの世界を結びつけていくことになります。

やがて、あちらの世界とこちらの世界、意識と無意識、あなたと私、といった言葉による区別が、想像上、便宜上のものでしかったなかったことを思い出します。

2つでない(非二元)という言葉の意味を思い出します。

境界が溶けていくのです。

今朝の夢を見たことで、私の中でもまた何かが溶け始めた感じがしています。

では、今日はこのへんで。(^_^)/

-----

■箱庭療法のご案内

対面セッションは当分の間境港だけになりますので、道具の関係で大阪では受けていただけなかった箱庭療法のことを少しご紹介します。

箱庭を作るということは、意識的に夢を見ることです。

箱の中に作った世界は、夜見る夢と同じであなたの無意識を表現しています。

その世界について語りあったり、物語を作ってみたり、その感触をただ味わっていくことで、2つの世界を結びつけていきます。

ただ作るだけで、表現するだけで、何かが変わっていくこともよくあります。

10年ほど前に日本経済新聞の取材を受けたときの記事の中に「誰でも自分で自分を癒す物語を意識の深部に持っている」と私が語っています。そんな素敵なことを言ったなんて自分ではすっかり忘れているのですが。(^_^;)

境港でセッションを受けて下さる方は、箱庭作りにもチャレンジしてみて下さいね。

・取材を受けた新聞記事
 2004年6月15日 日本経済新聞夕刊
 拝啓こんな日々です第12話 私をめぐる「物語」


・箱庭療法のご紹介
 箱庭療法の世界

-----

■スカイプお話会

毎週水曜日、第一、第三水曜日は夜8時から、第二、第四水曜日は午前10時から、スカイプの会議通話を利用したグループセッションを行っています。参加費は1回3,000円です。

次回はは12月3日(水)午後8時から、その次は12月10日(水)午前10時からです。

詳細はこちらをご覧下さい。
癒しと目覚めのお話会on sykpe【スカイプお話会】

前回のスカイプお話会では初めてビデオも使って複数の方をお話する体験を初めてしました。声だけの場合と違ってより皆さんを身近に感じることができてとても面白い体験でした。

今後も可能な場合は、ご希望の方のみビデオを使ってみようと思います。参加者が多い場合は音声だけになります。ビデオを使いたくない方(顔を見せたくない方)は音声だけでご参加いただいても大丈夫です。

-----

■境港お話会

毎月第三土曜日13時〜16時は境港お話会です。次回は12月20日(土)に開催します。参加費は1回5,000円です。

詳細は下記をご覧下さい。
中野真作の癒しと目覚めのお話会in境港【境港お話会】

遠方からお越しの方のために交通ガイドをつくりました。
境港お話会参加者のための交通情報

宿泊など、その他疑問の点がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。大阪、東京でのお話会はしばらくの間お休み致します。

-----

最後まで読んで下さってありがとうございます。覚醒、悟り、真の癒しのプロセスについてのご相談はスカイプ・電話カウンセリングをご利用下さい。境港ではブレスワークヒプノセラピーなどの対面セッションも行っています。詳しくは「スペースまほろば」もご覧下さい。お問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jpまたは070-6686-8697中野までお願い致します。
twitter@shinsaku0323

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2014/11/27 16:10 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
5月30日(火),31日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
■名古屋お話会[New!]
 5月28日(日)午後開催予定。詳細は決まり次第お知らせ致します。
皆生温泉リトリート
 7/1(土)〜3(月)
スカイプお話会
 4月19日(水)20:00〜21:45

境港お話会
 4月15日(土)13:00
全記事表示リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。