心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

中年の危機

■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
■2017年11月19日(日)癒しと目覚めのお話会 in新大阪
4月7日(火)午後7時から境港お話会、8日(水)午前10時からスカイプお話会です。悟りや非二元のこと、このブログを読んで感じること、日常感じるいろんなこと、何でも語り合いましょう。

-----

「『自分を愛する』ということ」に続いて、昔メールマガジンで発表した文章の中からお勧め記事をご紹介するシリーズの第二弾です。

最後に今の私からの注釈もつけています。

-----

■中年の危機(2009/04/01)

「中年の危機」という言葉があります。これは、中年になって(私のように)お腹がぽっこり膨らんでくる、ということではありません。(多少は関係しているかもしれませんが、、)

人間は、人生の前半期、自分という感覚をしっかり育て、知識を貯え、社会の中での居場所を確保し、伴侶を得て子孫を残し、つまるところ、目に見える形での拡大を求めていきます。そうすることで経済的にも精神的にも安定してくるし「それが生きるということなのだ」と周囲の人々(=社会)から、はっきりとした言葉で、あるいは無意識のうちに伝えられるからです。

その気になってがんばっていれば、まあまあものごとは順調に進んでいき、何かを達成したときには、ある程度の充実感を感じることもあって、多少の不安や不満はそれほどはっきりとは意識されないまま、人生の時間は過ぎて行くことが多いのでしょう。

ところが、人によってその時期は違うかもしれませんが、人生のある地点に達すると、「何かが違う」という感覚が大きくなるときがやってきます。それは、最初はそれと気づかないような微妙な感覚で始まることもあれば、身体の不調としてあらわれることもあります。退職、結婚、離婚、子供の自立などの人生の節目に感じ始めることも多いようです。

そんなとき、周囲の人たちに相談すると、一般的には「何か目標を持て」とか「趣味を持ってみたら」というようなアドバイスをされることが多いかもしれません。それはつまり、「何かが違う」という感覚を感じないように、気をまぎらす、という方向です。一時的にはうまくいくかもしれませんが、「何かが違う」感覚は、そのうちもっと大きくなってきて、もう無視できないほどのエネルギーとなって人生を揺るがし始めるのです。

それは、もしかしたら、大きな病気であったり、事故であったり、とりかえしのつかない(と感じる)大きなトラブルであったりするかもしれません。ここまできてやっと、この「何かが違う」という感覚をもっと大事にしなければ、と気づき始める人もあらわれるのかもしれません。

実は、この目に見える物質的な世界というのは、この世界全体の、いわば、半分だけと言ってもいいでしょう。人生の後半は、誰にとっても避けようのない肉体の死に向けて、人生の前半期には触れないようにしていた人生の残り半分を探究し、統合していくための時間なのです。

この移行の時期には、それまでの人生を生きていく上で大切にしていたものの見方や受け止め方、つまり、人生の枠組み自体が大きく変わっていく時期になります。別の言い方をすると、それまでの古い自分が死に、新しい自分に生まれ変わっていく時期でもあるのです。

もちろん、その「死」は心理的な意味の死なのですが、それに対して抵抗していると、とても怖いもののように感じます。一方、その移行のプロセスに意識的に心を開いて、体験を味わっていくと、人生がもたらしてくれる最大の喜びを感じることができます。私達がなぜ生きているのか、ということが直感的にわかり、「これでいいのだ」という安心感が大きくなってくるのです。「中年の危機」というのは、この移行期間に体験するさまざまな困難を表している言葉なのです。

この困難を乗り越えていく最大のポイントは「自分が本当のところは、何を感じて生きてきたのか、ということに気づいていく」ことです。多くの人は、個人としての自分を確立していく中で、本当の自分の一部を、魂としての自分の一部を無意識のうちに切り捨ててしまっています。その部分を再び取り戻していくことが大切です。

この困難を特に強く感じる方は、切り捨ててしまった部分のエネルギーがあまりにも大きいのかもしれません。そうなると、生まれ変わることにとても強い抵抗を感じ、頑に古い自分にしがみつくことで、一時的な安心感を得ようとしてしまいます。自殺にまで追い詰められる方は、心理的な死(=新しい自分として生まれ変わること)があまりにも怖く、あるいは、そんな可能性すら考えられなくて、肉体を終わりにしてしまうのではないでしょうか。

現代の社会の中では、こういった人生の深い移行期に関する情報があまりに少なく、その苦しみの先には人間として生まれてきた意味を完結させるとても意義深い体験が待っているのに、そこにたどり着けないまま人生の後半期を不安や怖れの中で漫然と過ごしている人があまりにも多いように感じます。

まずは、あなたの内側には、まだあなたが意識したことすらない大きな可能性がある、ということを考えてみて下さい。その可能性に気づくために、自分の中にあるさまざまな条件付け(こうでなければならない、という思考)によって切り捨てられてきた、自分の正直な感情、感覚を意識してみて下さい。それがどんなにとんでもない感情や感覚のように感じられても大丈夫です。ただ、長い間ほったらかしにされていたがゆえにそう感じるだけで、きちんと光をあててあげれば、大したことはないのです。

一方、宇宙全体の意識の進化が進んでいる現代では、「中年」と呼ばれるような年齢に達していない、つまり物質的な世界での拡大をまだそれほど体験していない若い人たちの間にも、深い意識の変容を体験する方が確実に増えています。そんな人たちは、これからの世界の中でとても大きな役割を持っている人たちなのではないかと思うのです。

-----

(今この文章を読んで感じること)

ぽっこりふくらんできたお腹は昨年、腰痛がひどかったときに10kgも体重が減ったおかげでずいぶんへこんできました。(笑)

とはいえ、昨年来私に起こった様々な出来事はまさしく「中年の危機」だなあとあらためて感じる今日この頃。この文章の中に書いているように「切り捨ててしまった部分のエネルギーがあまりにも大き」かったのですね。

それを幾度かの大きなプロセスと日々の小さな気づきの積み重ねの中でかなり消化してきていたつもりだったのに、本来の意味での中年と呼ばれる年齢になってやっとこうして光が届いた部分があったことが不思議でもあり、同時に、なるべくしてこうなっているのだな、という安心感もあります。

ずいぶん前から「目覚めが深まって始めて意識の光が浸透していく深い傷、痛みというものがあります」ということをよく強調してお話していたのですが、特に強調して何度も話すことというのは、実は自分自身にとって必要な情報なのだな、ということを再確認しています。

例えば、以前は感情の解放が大切、ということをよく強調していました。もちろん、今でもそれが大切だと思う気持ちは変わっていないのですが、それを特に強調していたときというのは、私自身に感情の解放が必要だったわけです。

2009年に発表したこの文章は今読むとなんだか中途半端なところで終わっていますが、やっぱりまだ続編があったということですね。

近いうちに中年の危機ということに関して、最近の体験もふまえてあらためて記事を書いてみたいと思っています。




-----

参考記事
変容のスペース

-----

このブログと中野を応援して下さる方は下記の2つバナーを一日一回クリックして下さるようお願い致します。このブログがより多くの人の目にとまるようになります。(クリックありがとうございます!)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ


このブログ記事の内容についてもっと詳しく知りたい方、中野と直接話してみたい方は「癒しと目覚めのお話会」に参加してみて下さい。個人的なサポートが必要な方は「中野真作の個人セッションのご案内」をご覧下さい。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■4月25日(土)中野真作の癒しと目覚めのお話会 in新大阪
昨年7月以来、久しぶりの大阪でのお話会です。昨年後半の激動を通過する中で体験した新たな気づきなどについてお話します。お話会の後に懇親会も行います。>>>詳細はこちら

■皆生温泉リトリート(6月26〜28日)参加お申し込み受付中です。残席9(定員20名予定)となっています。>>>詳細はこちら
resonanz360のヒロさんが温泉リトリートのとても素敵な紹介文を書いて下さっています。
温泉リトリート!

「中野真作の癒しと目覚めのお話会」東京・大阪・境港・スカイプで開催中
悟り・非二元の視点から苦しみから解放され楽に生きていく方法について、セラピストして長く活動してきた私ならではの視点でお伝えしています。
新大阪お話会 4月25日(土)
・東京お話会 次回開催は未定です
境港お話会スカイプお話会は随時開催中

■earth-tvに出演したときの動画をyoutubeで見られます。
 苦しみからの解放、あなたは絶対に大丈夫。「スペースまほろば」中野真作さん 20150228

ナチュラルスピリット社の雑誌「スターピープルvol.54」に私のインタビュー記事が掲載されています。

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または070-6686-8697中野までお気軽にどうぞ。
「スペースまほろば」のホームページfacebooktwitterもご覧下さい。
関連記事
[ 2015/04/06 10:34 ] 「言葉の森」お勧め記事 | TB(-) | CM(2)
中年の危機について書かれた貴重な一文
久しぶりにこの文章を読み,初めて読んだ2010年の秋のことを思い出していました。

当時,本当に今までの自分が死んでしまったような状況の中にいて,この文章を見つけたときは「私のために書かれたものがこんなところにあった!」という驚きと九死に一生を得たような安堵感を感じたものでした。そのとき初めて中野さんにメールさせていただき,温かい励ましのお返事に涙したことは忘れられません。

その頃,中年の危機については河合隼雄さんの書かれたものや「ミドル・パッセージ」などいくつか読みましたが,この文章ほど私の状況を的確に表現してくれているものは見つかりませんでした。

いま読み返してみても,本当にこの文章と出会えてよかったと感謝しかありません。精神世界のことはおろか,心理学すらよく知らなかった私にとっては,この文章がその後の指針となり,中野さんのHP・ブログとの出会いが今の私をつくったといっても言い過ぎではないと思います。

この文についての今の中野さんからのコメント部分を読み,私はあれからずっと,この文章の続編を生き続けてきたのかなぁと感じました。そして,そろそろ続編は終わりにして,新編に移ってもいいのかなぁという気もちも湧いてきました。

中野さんの新しい「中年の危機」の記事,楽しみにしています(^^♪

[ 2015/04/06 21:19 ] [ 編集 ]
Re: 中年の危機について書かれた貴重な一文
yuriさん、コメントありがとうございます。
何が起こっているかわからないと、とても混乱してしまうかもしれませんが、
その意味を頭で理解しているだけで、受け止め方がずいぶん変わる気がします。
新編は、「それ」そのものとして生きる、ということかもしれません。
新しい記事はいつ書けるかわかりませんが、楽しみにしていて下さいね。
[ 2015/04/07 21:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
11月20日(月)〜22日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
 10月29日(日)10:20〜16:50
癒しと目覚めのお話会 in新大阪
 11月19日(日)13:15〜16:15
境港お話会
 11月25日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。