心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

生命の輝き

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
久しぶりに五泊六日にもなった少し長めの大阪出張から昨日戻ってきました。「非二元と癒しのリトリート」と個人セッションでお目にかかれた皆さん、今回はお目にかかれなかったけれど、ブログを読みながら関心を持って下さっている皆さん、ありがとうございました。

今回の出張は、先日来書いている「何かが開き続けている感覚」がますます深まって行くような感じがとても印象的でした。


まずは、リトリートに参加して下さった方、お二人のご感想をご紹介します。最初はOさんのご感想です。

中野さん、ご一緒した皆さんありがとうございました。
何もしないスペースにいられた2日間でした。
沈黙の中に自分や参加者それぞれの生命の輝きがチラチラと見えつつ、ガンコにある自分のネガティブさにもくつろいでいられました。
そして家路についた今も生命の微細な振動がが聴こえてきているような気がしています。
この共有した沈黙を育てて行けたなぁ〜と思います。


もうお一方、鎌倉でシャンティハウスを運営しているさちえさんのご感想です。こちらはさちえさんのブログに直接リンクを貼らせていただきます。内的に感じたことに加えて、リトリートの場で実際にどんなことが起こっていたのか、とても参考になる記事です。(^_^)

中野真作さんリトリートに参加

Oさん、さちえさん、ご感想ありがとうございました。お二人ともが書かれている「生命」「いのち」ということ。私も今回のリトリートで強く感じました。

目覚めること、悟ること、楽になること、というのは、観念の世界、ストーリーの世界から抜け出すこと。ストーリーが単なるストーリーだとわかりながらストーリーを生きることです。

普段は観念の世界に完全に閉じ込められ、単なるストーリーを本当にリアルなものだと勘違いしているために、四六時中目の前で展開している信じられないほど奇跡的な生命の輝きが見えなくなってしまっているのです。

たとえ、覚醒や悟りの探求をしていたとしても、「覚醒」「悟り」というストーリーに閉じ込められてしまうと、真の解放から遠ざかってしまうことすらあるようです。


当初、今回のリトリートにあたっては、前回の皆生温泉リトリートよりも日程が短いので、短い時間でより密度の濃い体験をしていただくために、自由な対話だけではなくて、誘導瞑想やエクササイズの内容をある程度プログラムしておこうと考えていました。

しかし、開催日が近づくにつれ、具体的な部分を詰めようとするとどうしても抵抗を感じて、なかなか細かいところまで考えることができない自分に気がついていました。

もしかしたら、そんなに細かく内容を決めておく必要はないのかな、と思い始めていたのですが、結果として、夜のフットマッサージとその前に身体を感じる誘導瞑想を行った以外は、ほとんどの時間が自由な対話に充てられました。

私も含めてすべての参加者が自分のありのままを自由にシェアし、その間に自ずと起こる深い沈黙を味わっていった結果、知らず知らずのうちにその中に閉じ込められていたストーリーが浮上してきては溶けていく、というプロセスが自然に起こっていたような気がします。

その結果、ストーリーの奥に隠れて見えなくなっていた生命の輝きそのものが溢れ出してきたのです。自分の目の前にいる一人一人が信じられないほど奇跡的な生命の現れなのだ、ということが見えてきたのです。

これは、普段私がよく話している「沈黙と親しくする」「気づきそのものに気づいておく」というプロセスが、グループ全体の中で深まっていたのだと思います。


今回、全プログラムが終了後、皆さんとお別れしてユースホステルの自室に戻ったとき、これまでのお話会やリトリートの後には感じたことのなかった深い空虚感におそわれました。1時間くらいは続いたように思います。

しばらくはその感覚に浸ってベッドの上で呆然としていたのですが、やがてそれが通過していくと、不思議な解放感に包まれていました。何かが終わって、次に進んだような感覚がありました。

その翌日に、最近の懸案事項に新たな進展が起こったり、それまでなかなか進められなかった計画を具体的に進めていこうと思ったり、現実的な面でもいろんな変化が起こっています。

また、上でブログをご紹介したさちえさんも、その後のブログを拝見するとリトリートの直後にずいぶん大きな変化が起こっているようです。

心の力、心の包容力が広がった結果、それまでは受け止められなかった変化を自然に受け止められるようになったとき、新たな進展が自然に起こるのですね。

※参考記事「身近な人たちが愛し難くなるとき」


今回のリトリートは当初想定していたよりも少し参加者が少なかったのですが、今まさにこの場にいるべき方が集い、私も含めた皆さんが大切なものを持ち帰ってくれたような気がします。

また、今回は個人セッションでも、受けて下さる方との深いご縁を感じる瞬間がいつもより多くありました。

こうして、皆さんとの関わりの中で私自身が癒され沈黙が深まり、そしてそのエネルギーが今後出会っていく方々をさらに深く癒していく。

この循環の中にいられる幸福をじんわりと味わっているところです。

このブログを読んで下さっているすべての皆さんに感謝です。


-----

次回の宿泊付リトリートは来年6月頃に開催予定の「皆生温泉リトリート」です。今年と同じく二泊三日で開催する予定です。詳細は年が明けてから2月までには決めたいと思っています。

次回の一日通しのお話会は東京が1月24日(日)新大阪が2月28日(日)です。参加お申込み受付中です。ぼちぼちお申し込みをいただいています。参加ご希望の方はお早めにお申込み下さい。

また、これとは別に新大阪では、毎月一回のペースで2時間弱のトークライブを開こうと計画中です。日時等決まりましたらまたお知らせ致します。

なお、先日初めて開催して好評だったセラピスト・ボディーワーカー向けトークライブ、次回は2月11日(木・祝)の午後に前回と同じ大阪・天満橋の会場で開催が決まりました。詳細決まりしだいお知らせ致しますので、興味をお持ちの方は時間をあけておいて下さいね。



個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。

このブログと中野を応援して下さる方は下記の2つバナーを一日一回クリックして下さるようお願い致します。このブログがより多くの人の目にとまるようになります。(クリックありがとうございます!)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ


【スペースまほろば】からのお知らせ

癒しと目覚めのお話会in東京【東京お話会】1月24日(日)

癒しと目覚めのお話会in新大阪【新大阪お話会】2月28日(日)

■東京、大阪出張個人セッション
  東京 1月22〜27日 ご予約受付中
  大阪 2月29、3月1日 ご予約受付中
(※スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています)

スカイプお話会 毎週水曜日開催

境港お話会 12月19日(土)13時〜16時

皆生温泉リトリート 6月頃開催予定

お話会に参加して下さった方のご感想

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または070-6686-8697中野までお気軽にどうぞ。
「スペースまほろば」のホームページfacebooktwitteryoutubeのスペースまほろばチャンネルもご覧下さい。
関連記事
[ 2015/12/10 21:27 ] 癒しと目覚めのお話会のご感想 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
9月25日(月)〜27日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
 9月24日(日)13:15〜16:15
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
 10月29日(日)10:20〜16:50
スカイプお話会
 8月23日(水)20:00〜21:45

境港お話会
 8月19日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。