心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

明日は何が起こるのか、、

■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
■2017年11月19日(日)癒しと目覚めのお話会 in新大阪
一昨日の朝、とっても印象的な夢を見ました。

最近はどんなに印象的な夢を見ても、午後になったらほとんど忘れているのですが、3日たっても鮮明に憶えているので、久しぶりに夢をシェアしてみます。

この夢は、夢自体も印象的でしたが、目が覚めてから感じた感覚がこれまでにないものでした。

私の生まれ故郷の駅から実家に向かう駅前通りを歩いている。普段はほとんど人のいない通りなのに、なぜか今日は多くの人がいて活気に溢れている。

今は乗客も少なくなっていたはずのバスに多くの人たちが乗っている。バス停に着くと運転手が降りて来て、待っていた人たちの腕をつかむようにしてバスに載せ、ちょっと乱暴な運転で走り去っていく。

よく見ると日本人ではない人たちも大勢いる。どこか東南アジアの町のような雰囲気だ。ちょっと怖そうな大男たちにからまれそうになって、ほうほうの体で逃げ出す。

なんとか実家にたどり着いて家の中に入ると、そこは今住んでいる境港の家だった。

妻が私に何かを言っている。「明日は・・・だから気をつけてね」

一番大事なところが聞き取れなかったので聞き返してみるのだけれど、何度聞き返しても、明日何があるのか、一番気になるところがどうしてもわからないので、明日一体何が起こるのかとても心配になってくる。


私が子どもの頃の駅前通りは人も車も一杯で、いつも活気に溢れた町でした。車社会になっていくにつれ、お店は郊外のバイパス沿いに移り、バスに乗る人もわずかになっています。それがこの夢の中では、屋台がたくさん立ち並んでいる東南アジアの町のように大勢の人が行き交う活気溢れる町になっていました。

最近、自分の中に閉じ込めていたとても大きなエネルギーが少しずつ、恐る恐る動き始めているような感覚を感じています。そのエネルギーに圧倒されそうな感覚が夢に現れていたのでしょうか。

夢の中では、明日何があるのかわからずに不安になった感覚を憶えています。実際に次の日に何か大きな出来事でもあるのかな、とちょっと心配になったのですが、私の身近な現実には特別な変化はありませんでした。内的にはいろんなことが起こっているような感覚はありましたが。

ただ、朝のニュースで阿蘇山の噴火のことを知ったときにはちょっと不思議な気分になりました。


また、この夢を見たあと、夢を見たあとの感覚としてはこれまで感じたことのないような感覚がありました。

この夢を見て目覚めたとき、印象的な夢を見たときに感じる、身体全体がジーンとするような、深い感動を感じる感覚がありました。いつもならその感覚と完全に一つになって、それをただ感じているのに、その感覚をさらに包み込んでいるより大きな何かの存在を感じたのです。

これまでは、「ああ、またこのヌミノースの感覚がやってきた。また内側で何か大きな変化が起こっているな」というようなことを考え、その思考と完全に一体化していたのですが、今回は、それすらただの思考なんだ、一つのストーリーに過ぎないんだ、ということに気づきながら、その夢の感覚を味わっていたのです。

これは、悟りも目覚めもストーリーにすぎないんだ、ということとどこか繋がっているような気がします。


思考を観察するということを知り、意識的に実践していくと、それまでいかに多くの思考と同一化し、そうすることで自分を苦しめていたのか、自分と他者という分離を作り出していたのか、ということに気づき始めるときがあります。それらの思考は単なる思考、単なるストーリーにしか過ぎないのに、と。

一方で、そのことがわかってきたのに、どうしてもまた思考に巻き込まれてしまう、知らないうちに思考と同一化して苦しくなってしまう、とおっしゃる方も多いです。

でも、そう話しているときにはまったく気づいていないのです。「どうしてもまた思考に巻き込まれてしまう、知らないうちに思考と同一化して苦しくなってしまう」ということすら、単なる思考、単なるストーリーにしか過ぎないということに。


どんな思考も、単なる思考、単なる言葉の流れ、単なる音の流れ、単なるストーリーにしか過ぎない。私が考えているわけではなく、ただ自然に流れていくエネルギーにしか過ぎない。

そのことがわかってくると、どんな感情も、どんな行動も、単なる宇宙の自然なエネルギーの流れであって、その感情を感じている人、その行動を行為している人はどこにもいないのだ、ということがわかってきます。

すべてはただ自然にそうなっているだけです。

面白いことに、そのことに気づいて初めて、あなたは何でも自由に行うことができます。

自由という言葉の本当の意味がわかるのです。



-----

著書の私が感動してしまった、とても素敵なご感想をご紹介します。
【本】〈私〉の輪郭をじんわりゆるめてくれる本, 中野真作『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる』

以前にも一度書いた気がしますが、私の本のご感想を書いて下さっている方々のリンク集を作ってみたいと思っています。

-----

10月30日(日)の東京1dayリトリートは参加お申し込み受付中です。今のところ15名程度の方からお申込みをいただいています。定員は30名の予定です。

『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる』出版記念
中野真作の癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート 2016/10/30


-----

私の初の著書『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。Kindle版も発行されました。

Amazonのなか見!検索では内容が少し読めるようになっています。全国の書店でもお買い求めできます。



まほろばの本棚〜スピリチュアルセラピスト中野真作のお勧めBooksに、私の本の巻末に載せている参考図書を一覧できるページを作りました。読書のきっかけにして下さい。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。

このブログと中野を応援して下さる方は下記の2つバナーを一日一回クリックして下さるようお願い致します。このブログがより多くの人の目にとまるようになります。(クリックありがとうございます!)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ


【スペースまほろば】からのお知らせ
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。

【東京】
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート 10月30日(日) 参加お申込み受付中。

【大阪】
大阪出張個人セッション 次回は11月29日(火)〜12月1日(木) キャンセル待ち受付中です。
・11月28日(月)19時〜21時 大阪市内でお話会開催予定

【スカイプ】
スカイプお話会 スカイプの会議通話の利用したオンラインのお話会です。原則として毎月第1、3水曜日夜8時から開催。

【境港】
癒しと目覚めのお話会in境港

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
下記もご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ いいね!お願いします
facebook個人ページ 友達申請お待ちしています
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
関連記事
[ 2016/10/09 18:53 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
11月20日(月)〜22日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
 10月29日(日)10:20〜16:50
癒しと目覚めのお話会 in新大阪
 11月19日(日)13:15〜16:15
境港お話会
 11月25日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。