心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

ありのままの私

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
前回の「私」とは誰かの実験を試してみましたか?どんな感じがしたでしょうか。

私たちは普段、感覚の対象にばかり意識を向けていて、その感覚を感じている主体、つまり感覚を感じている「自分」のほうを意識することはほとんどありません。

そう言われると、「自分のことはよく考えるよ」とおっしゃる方もいるかもしれませんね。でも、それは、自分についていろいろと考えている、つまり自分に関してよいとか悪いとかの判断をしている、ということであることがほとんどです。

考えを通さずに、価値判断をせずに、自分をただ意識することができるでしょうか?これは、より深い自分に気づいていくための、とても大切なポイントです。

ほとんどの人は、自分の考えを自分自身だと思い込んでいますが、実はその「考え」も意識の主体ではなくて対象の一つなのです。つまり、考え=自分ではなくて、考えも自分が気づいているものの一つだ、ということです。

自分と外の世界を隔てているように見えているこの皮膚の外側で起こっているさまざまな出来事(車の音、窓から差し込む光、さわやかな風、、、)と同じように、この皮膚の内側で起こっている出来事(頭の中を流れていく言葉=思考、喜びや怒りのような感情、身体の中をうごめいているさまざまな微妙な感覚、、、)を意識することができるでしょうか。

外を走る車の音や雨の降る音は、あなたがコントロールすることの出来ない宇宙の自然な出来事の一部です。そして、あなたの心の中で起こる思考や感情もあなたがコントロールすることはできない宇宙の自然な出来事の一つだとしたら、どんな感じがするでしょうか。

あなたは、あなたの外で起こっていることも、内側で起こっていることも、ただありのまま眺めています。「ありのままでいい」というような言い方で使われる「ありのまま」という言葉のもっとも深い意味を感じてみて下さい。

さて、前回の「私」とは誰かの実験の最後の部分に

すべてに気づいているあなた。それが本当のあなたへたどりつくための最後のドアです。

と書きました。すべてに気づいている自分が本当の自分ではないのですか?というご質問をいただきましたので、次回はこのことについて書いてみましょう。


スピリチュアルな視点を持ったカウンセリング/セラピーの情報は「スペースまほろば」をご覧下さい。電話・スカイプでのセッションも行っています。
ご感想などはshinsaku@mahoroba.ne.jpまでお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2010/07/01 09:13 ] 気づき(〜2012/12) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
9月25日(月)〜27日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
 9月24日(日)13:15〜16:15
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
 10月29日(日)10:20〜16:50
スカイプお話会
 9月20日(水)20:00〜21:45

境港お話会
 9月16日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。