FC2ブログ

心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

皆生温泉リトリートに関してよく聞かれる質問

■2018年9月8日(土),9(日)2日間特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in東京
■2018年9月30日(日)新大阪お話会「スピリチュアルがうまくいかないとき」
■2018年10月6日(土)北九州お話会
皆生(かいけ)温泉リトリートの早割期限が近づいてきました。60日前にあたる4月23日(月)までにお申し込みとご入金をすませていただくと、参加費が割引になります。今日はあらためてお知らせをさせて下さい。

癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート【第4回】2018/6/22〜24

鳥取県米子市の皆生温泉での二泊三日のリトリートは今年で4回目になります。

日本海の絶景が広がるホテル最上階の展望会議室を会場に、普段のお話会では断片的にしかお伝えできない癒しと覚醒の全体像を、私の話、沈黙の共鳴、皆さんとの自由な対話、いくつかのエクササイズや誘導瞑想、他ではなかなか体験できないグループでのブレスワークなどを通して余すところなくお伝えしていきます。

人間としての自分を癒していくこと、自我の感覚をしっかり育てていくことをベースにしながら、その先にある悟り、非二元の意識に気づけるように全体の構成を考えています。

また、真の目覚めのプロセスが深まっていくときに経験する様々な困難とそこを通過していくときの対処法を私自身の体験からお伝えします。

-----

参加を考えておられる方からよく伺う質問がいくつかありますので、以下ご紹介します。

「遊びに行くような気持ちで参加しても大丈夫ですか?」

全然問題ありません。どうぞリゾート気分でご参加下さい。温泉も料理も日本海と大山(だいせん〜西日本最高峰の山)の景色も素晴らしいです。

私の本やブログの印象からして、真面目に勉強する集まりのような印象を受けている方もおられるようなのですが(^_^;)、一度でも私のお話会などに参加して下さった方はおわかりのように、よく言えば自由な、ちょっと言い方を変えれば、のんびりとした感じの集まりです。

大きな構成は考えていますが、実際に起こることはそのときの私と参加者の皆さんとのエネルギーの交流から自然に起こってくることにまかせています。

話したいときには何を話していただいてもいいですし、何も話さずにただそこにいるだけでも、様々な内的体験が起こると思います。セッション中でも、自由に横になったり居眠りしていただいても大丈夫です。過去には、二泊三日の間中ほとんど部屋の隅に横になったままくつろいでいる方もおられました。

そもそも、セッションそのものも参加自由ですので、一人になりたくなったら部屋を離れて海岸を散歩したり温泉に入ってきていただいてもオッケーです。ご自分のペースで自由に参加して下さい。

「私には目覚めの体験はないのですが、参加しても大丈夫ですか?」

はい、大丈夫です。そういった体験のない方のほうが多いです。悟りや覚醒、非二元に興味があるけれど、生きることが苦しい、という方が多く参加して下さっています。

私も、悟りについて話をする、というよりも、悟り(非二元)と癒しの両面から、どうしたら生きることが楽になるのか、という視点で話をしていきます。

参加者の皆さんも、ご自分の体験や苦しみを自由にわかちあっていただければ嬉しいです。

「お酒は飲めますか?」

はい、飲めます。

ただ、1日目の夜はアロママッサージを行いますので、あまり酔っ払わないようにすることをお勧めします。2日目は夜のセッションはなく、交流の時間としてホテル自慢の会席料理をご用意していますので、自由に飲んで下さってかまいません。

なお、参加費には二泊三日の間のすべての食事代も含まれていますが、ドリンクだけは各自で清算していただく形になります。

「他の人と同じ部屋で寝るのは苦手なのですが」

特に事情がある方のために、追加料金が必要となりますが、一人部屋、二人部屋をいくつか確保しています。ご希望の方はお早めにご相談下さい。※一人部屋、二人部屋は満室となりましたので、ご了承下さい。今後は相部屋でのお申し込みのみ受付致します。


「泳げますか?」

目の前が海水浴場ですが、海開きは7月の上旬で海水浴客用の設備や警備体制も整っていませんし、まだ水が冷たいので泳ぐのはお勧めしません。浜辺を散策して、日本海のエネルギーを堪能して下さい。

-----

本物の温泉と「中野温泉」と呼ばれる沈黙のエネルギーの共鳴の両方をじっくりと堪能して、深く癒され、リラックスできる貴重な機会です。

60日前にあたる4月23日(月)までにお申し込みとご入金を済ませていただくと早割料金が適用されますので、参加ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。

この山陰の澄んだエネルギーの中でご縁のある皆様とお目にかかれることを楽しみにしています。

詳細は下記のページをご覧下さい。

癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート【第4回】2018/6/22〜24

リトリート会場となる東光園さんの7階展望会議室。昨年のリトリート終了後、後片付けを終えて撤収直前に撮影したものです。



-----

5月27日(日)の大阪での特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」 と28〜30日の大阪出張個人セッションはどちらも満席となりましたのでキャンセル待ちを受け付けています。

27日のセミナーのキャンセル待ちを申し込んで下さった方には、次回同内容のセミナー開催時に優先的にご案内を差し上げます。



個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会
特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」 5月27日(日)13:30〜16:00 満席 キャンセル待ち受付中
皆生温泉リトリート 6月22日(金)〜24日(日) 早割期限は4月23日までです。
境港お話会 4月21日(土)13:00〜16:00
Zoomお話会 4月18日(水)20:00〜21:45

大阪出張個人セッション
 5月28日(月)〜30日(水) キャンセル待ち受付中
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
関連記事
[ 2018/04/13 11:59 ] 皆生温泉リトリート | TB(-) | CM(-)
プロフィール

中野真作

Author:中野真作
スピリチュアルセラピスト。1997年からヒーリング&カウンセリングルーム「スペースまほろば」主宰。悟り・非二元の視点から人生のあらゆる苦しみを手放すお手伝いをしています。
スカイプセッションと境港での対面セッションは随時、東京・大阪での出張個人セッションやお話会も定期的に行っています。セッションの詳細につきましては、スペースまほろばをご覧下さい。

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
2018年10月1日(月)〜3日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
2日間特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in東京
 9月8日(土),9日(日)10:15〜16:45
新大阪お話会「スピリチュアルがうまくいかないとき」
 9月30日(日)13:15〜16:15
北九州お話会
 10月6日(土)13:00〜16:00
境港お話会
 次回開催は準備中です。
Zoom読書会
 9月2日(日)20:00〜22:00
皆生温泉リトリート
 2019年6月21日(金)〜23日(日) 仮予約受付中
全記事表示リンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。