FC2ブログ

心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

「ありのまま」と安心感

■2018年9月30日(日)新大阪お話会「スピリチュアルがうまくいかないとき」
■2018年10月6日(土)北九州お話会
(2018/06/16追記) 6月22日(金)〜24日(日)の皆生温泉リトリートはあと男女各1名様のみ受付可能です。

-----

私と話をしていると「ありのままでいいんだ、と感じて安心する」とおっしゃって下さる方がよくおられます。そういう言葉を聞くと、嬉しいと同時に、ちょっと気恥ずかしくもなります。なぜなら、私自身、まだまだ自分のありのままの姿を受け入れられていない部分もあるからです。


本にも書いたように「ありのまま」という言葉には二つの意味があります。

一つは大いなる視点、彼岸の視点から見た「ありのまま」。

すべてはもともとありのままであって、ありのままでないものは何もない。ありのままでいいとかよくないとか考えること自体もありのままの表現であって、そのままでいい。そもそも、よいとかよくないと言った視点を手放してしまうこと、ストーリーから離れること。つまり、分離の夢から覚めた視点から見た「ありのまま」です。

もう一つの「ありのまま」。これはすなわち、分離の視点の中から見た「ありのまま」と言ってもいいでしょう。

自分の中にあるのに、まだ存在を許されていないものをありのまま認めていく、ありのまま存在を許していく。そういう意味での「ありのまま」。もちろん、認められていないものがあることも夢から覚めた視点から見ればありままなので問題ないのだけれど、その感覚が実感できないとしたら、認められてこなかったものを認めていく必要があります。


私たちは心の奥では、最初の意味での「ありのまま」を知りたいと思っています。つまり、分離の夢から抜け出したい、本当のことを知りたい、悟りたいと思っています。私たちが何かを求めて行動するのは、もっとも深い部分ではこのことを求めているのです。

でも、どうしたらそれが得られるのかわからなかったり、そもそも本当にそんなものがあるのかどうか信じられなかったりします。

そのときに大切なことは、まず人間としての自分のありのままをありのまま認めていくことです。怒りや悲しみや嫉妬や絶望を抱えている自分をそのまま許していくことです。それは考えることではなく感じること。

考えることは分離を生み出し、自分でも知らないうちに自分の一部を否定することになります。

感じることは分離を癒し、否定していた自分の一部を自分に取り戻していくことです。

つまり、2番目の意味での「ありのまま」の自分を認めていく作業を行なっていくことで、1番目の意味での「ありのまま」がわかるのです。


とはいえ、それがなかなか難しい場合もあります。そんなとき、自分の内側にもともとある大いなるスペース、存在のもう一つの次元に気づくことができると、そのスペースの中で自分が癒されていきます。その受容的な空間の中に、それまでどうしても受け入れることができなかった自分の一部が自然と浮上してきて、その存在が包み込まれていくのです。

私自身、その空間への気づきを深めていくことで、以前はなかなかありのまま認めることのできなかった自分の人間的な痛みがどんどん癒されていく感じがしています。

私と話をする方が、ありのままでいいのだと感じて安心してくださるのは、私が自分の内側の空間に意識的でいると、私の空間とその方の空間(本当は同じ一つの空間なのですが)が共鳴しあって、その方のありのままを受け止めやすくなるのだと思います。

こうして他者の力を借りることが必要な時期もあると思いますが、ありのままの自分が許される感覚を一度でも実感したら、今度は自分の内側にもともとある受容的な空間、存在のもう一つの次元に自分で繋がっていくことが大切です。

そもそも、あなたを助けてくれる(ように見える)他者は、本当はあなた自身なのです。あなたの内側のあなたを助けてくれる力、内なるスピリットを外の世界に投影しているだけなのです。そのことに気づいたとき、あなたは誰の助けも必要としなくなります。本当の意味で他者を助けることができるようになるのです。

誰かの力を借りるのは、自分の中にある力を発見するためのきっかけなのだ、ということを忘れないようにして下さい。


言葉を離れて、ただ感じる感覚、内側の沈黙とともにいる感覚、何気ない日常生活の中でふっとやってくる存在の不思議さの感覚を大切にして味わってみましょう。

あなたは、あなたが考えているようなちっぽけな存在ではないのです。

あなたの中にすべてがあります。

安心していいのです。




個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

■癒しと目覚めのお話会などのグループセッション
Zoom読書会「「私」という夢から覚めてわたしを生きる」 6月10日(日)20:00〜22:00
皆生温泉リトリート 6月22日(金)〜24日(日) 残席4
特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in大阪 7月29日(日)13:15〜16:15
境港お話会 次回開催は準備中です

大阪出張個人セッション
 7月30日(月)〜8月1日(水) 残席1
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

■著書のご案内
『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。このブログのエッセンスが詰まっています。全国の書店でもお買い求めできます。読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
関連記事
[ 2018/06/07 14:49 ] ブログ | TB(-) | CM(-)
プロフィール

中野真作

Author:中野真作
スピリチュアルセラピスト。1997年からヒーリング&カウンセリングルーム「スペースまほろば」主宰。悟り・非二元の視点から人生のあらゆる苦しみを手放すお手伝いをしています。
スカイプセッションと境港での対面セッションは随時、東京・大阪での出張個人セッションやお話会も定期的に行っています。セッションの詳細につきましては、スペースまほろばをご覧下さい。

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
2018年10月1日(月)〜3日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
新大阪お話会「スピリチュアルがうまくいかないとき」
 9月30日(日)13:15〜16:15
北九州お話会
 10月6日(土)13:00〜16:00
2日間特別セミナー「目覚めのプロセスを生きる」in大阪
 12月1日(土),2日(日)10:15〜16:45
境港お話会
 次回開催は準備中です。
Zoom読書会
 10月14日(日)20:00〜22:00
皆生温泉リトリート
 2019年6月21日(金)〜23日(日) 仮予約受付中
全記事表示リンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。