心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

クンダリーニ

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
※私の初めてのクンダリーニ覚醒体験についてはこちらをご覧下さい。
※クンダリーニの覚醒に興味のある方には深い呼吸を使ったセラピー「ブレスワーク」をお勧めします。

昨日のお話会に参加して下さった皆さん、ありがとうございました。そして、参加はされなかったけれど、このブログを読んで下さっている皆さんも本当にありがとうございます。

すべては一つにつながっているし、そのことを実感しながら、一見ばらばらの存在が集まっているように見えているこの世界を真剣に、かつ、いいかげんに生きていくことが大切なのだな、とあらためて感じました。なんだかわけのわからない感想ですが。(^_^)


ところで、昨日午前中は、オープンしたばかりの日本最大の書店「丸善&ジュンク堂書店梅田店」に行ってみました。なんと200万冊の本があるそうです!

心理学や精神世界の棚だけ見ても、これまで大阪では一番大きかったジュンク堂の大阪本店やなんば店では目に入らなかったいろんな本が気になって、なんだかワクワクします。

ただ、ご祝儀代わりに買おうと思っていたミンデルの「ドリームボディ~自己(セルフ)を明らかにする身体」(現在手に入るミンデルの日本語の本で唯一持っていない)を買おうとしたら、なぜかこれだけがありませんでした。残念。

そのかわりに少し前から気になっていてそのうち買おうと思っていた「恩寵の扉が開くまで完結編~フーマンを超えて」を買ってきました。まだぱらぱらと読んでみただけなのですが、クンダリーニのことが書かれているのが気になりました。45才~50才くらいなると、クンダリーニ・エネルギーを上昇させる時期だ、と。

私は22年前に最初のクンダリーニの目覚めを体験したのですが、これまで、どこかでそれを抑えてきたように思います。言い換えれば、「大きな自分」に気づいたのにそれを見ないようにしてきた、とも言えるでしょう。

ミンデル流に言えば、合意的現実だけに同一化してドリーミングを周縁化してきたわけです。

そうすることでもっと先にやるべき成長の課題と取り組むための状況を宇宙が与えてくれていたのだと思うのですが、もうその必要はないときが来たように感じている今日この頃です。


スピリチュアルな視点を持ったカウンセリング/セラピーの情報は「スペースまほろば」をご覧下さい。電話・スカイプでのセッションも行っています。クンダリーニの覚醒に興味のある方には深い呼吸を使ったセラピー「ブレスワーク」をお勧めします。
ご感想などはshinsaku@mahoroba.ne.jpまでお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
9月25日(月)〜27日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
 9月24日(日)13:15〜16:15
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
 10月29日(日)10:20〜16:50
スカイプお話会
 8月23日(水)20:00〜21:45

境港お話会
 8月19日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。