心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

大きくなりすぎた違和感

■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
■2017年11月19日(日)癒しと目覚めのお話会 in新大阪
次の文章はホームページの中の「なーんだそうだったの?~実践ガイド」の続きです。少しまとまったらホームページの方にも掲載する予定です。

この一つ前は「歯が抜ける~死と再生あるいは通過儀礼」をご覧下さい。

-----

■「なーんだそうだったの?~実践ガイド」(24)
 大きくなりすぎた違和感

もともと歯医者が怖くて大嫌いだった私の抜歯初体験は2時間もかかる大手術となり、大学病院で難しい抜歯をずいぶん手がけてきた先生が「これまでで一番時間がかかった」とおっしゃるほどでした。

しかし、その歯医者のイスの上での2時間は、私の精神的な変化のプロセスにとっては非常に意味のある時間だったのではないかと思えるようになってきました。

その夜家に帰ると、妻が驚いた顔で私を迎えてくれました。どうも妻は、歯を抜くというのは「麻酔をして器具で引っ張ればスポンと抜ける」ようなイメージで考えていたらしく、どうしてこんなに遅くなったのかを心配していたらしいのです。


それはともかく、そのときの私の一番の心配は、麻酔が切れたら痛くて寝るどころではなくて、朝まで痛みでのたうち回らなければいけなくなるのではないか、ということでした。家に帰った時点で、すでに患部の周辺はズキズキする感覚がありましたから。

口が開くのはせいぜい1センチくらいなので、みそ汁や牛乳だけの食事をして早々に寝ようと思っていたのですが、まったく予期していなかったこの体験を心の中だけにとどめておくのは難しかったのでしょう。妻にこの2時間の間に何が起こったのかを話し始めると涙があふれてきました。

もう、どこからこれほどの涙が出てくるのか不思議なくらい、話せば話すほど涙が次から次へと止めどなく流れてくるのです。

これまでの内的変化の旅の中でも、理由なく涙が出てくることは周期的に起こっていて、それについてもまた近いうちに詳しく書きたいと思っているのですが、これほど激しく泣き続けたのはそれまであまり記憶にありませんでした。

とはいえ、これも何か大切なことが起こっているのだ、という感覚があったので、もう起こっていることに身をゆだねてしまえ、というような気分でいました。このプロセスが落ち着くまでには1時間以上かかったと思います。

すると不思議なことに痛みはほとんどなくなっていました。心理的な痛み(苦しみ)だけではなく、ズキズキしていた抜歯後の身体的な痛みもほとんど感じなくなっていたのです。


その夜はまったく夢を見ない深い眠りが続いたようで、夜中に痛みで目が覚めることもなく、朝起きると不思議な静寂の中にいることに気がつきました。これまで短い時間であれば体験したことがある深い平安とでも表現したくなるような状態の中にいました。自分の内側深くで何かがまた変化したことを感じました。

もちろん痛み止めの薬が切れると強い痛みが襲ってきますので、薬は欠かせないのですが、顔の右側全体が腫れてお化けみたいになると言われていたのに比べれば実際の腫れはほんのわずかなものでしたし、痛みが辛いということもなく、本当に助かりました。


身体に症状や病気があらわれてくるということは、それまで長い間内面にあった微妙な違和感を無視し続けていた結果です。その違和感を、まだ症状として現れる前の微妙な感覚の段階でしっかり感じ取り、その感覚が表現しているエネルギーの存在を認め、それを通して大いなるものとつながる感覚を感じていけば、症状や病気としてあらわれてくる必要がなくなるわけです。

そう考えてみると、この私の親知らずの問題は、数十年かかってここまではっきりとした形で、そして私にとっては非常に強烈な形で姿を見せてくれるまでに大きなエネルギーになってきたわけですから、なんとまあ長い間無視してきてしまったのかなぁ、という気持ちになります。

しかし、それゆえに、22年前の最初の目覚めの体験以降、いや、それ以前も含めて、いつも心のどこかにあった、何かが足りない、いろんなことがわかってきたけれど何か最後の1ピースが見つからない、というような感覚の原因が、この抜歯体験のあとにはっきりとわかってきたのです。

とはいえ、それは抜歯の翌日に感じた平安を保ったまま、おだやかな理解としてやってきたわけではありません。

これまでの自分自身やセラピーを受けて下さる多くの方の体験を通してわかったことは、何か大きな変化が起こって楽になる体験をすると、それまではまだ受け止めることができなかったもっと大きな課題、深い部分の未解決の問題が浮上してくることがあります。逆に言えば、それを受け止められるだけの心の力がついてきたわけです。

この抜歯体験自体が私にとっては青天の霹靂と言ってもいいくらい、予想だにしていなかった出来事だったのに、そのあとにまさかこんなことが起こるなんて想像もしていませんでした。

この「なーんだそうだったの?~実践ガイド」の続きは死の恐怖を超えて


スピリチュアルな視点を持ったカウンセリング/セラピーの情報は「スペースまほろば」をご覧下さい。電話・スカイプでのセッションも行っています。
ご感想などはshinsaku@mahoroba.ne.jpまでお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
11月20日(月)〜22日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
 10月29日(日)10:20〜16:50
癒しと目覚めのお話会 in新大阪
 11月19日(日)13:15〜16:15
境港お話会
 11月25日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。