fc2ブログ

心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

沈黙は変容の器〜雰囲気を意識する

皆さん、こんにちは。スペースまほろばの中野です。

10月の大阪に続き、11月の東京でも「沈黙」に焦点を当てた会を開催します。最近、自分と自分の周囲の世界がまた深く変容しつつあるので、当初なかった「沈黙は変容の器」というサブタイトルをつけました。

沈黙のエネルギー共鳴お話会&1dayリトリートin東京「沈黙は変容の器」 2022/11/26,27

人は人生の中で何度か大きな変容の時期を経験します。私もこれまでに何度かそんな体験をしてきましたが、この2年ほどの間に起こっている体験は自分のアイデンティティの根幹を揺るがすようで、なかなかヘビーです。笑

でも、それは同時に、まったく新しい世界へ抜け出していくような感覚もあり、どこかわくわくもします。そして、今、そんな感覚を感じている方が多いようです。


もっとも深い変容には「自分」という感覚が根本的に変わっていく感覚を伴っています。これが自分だと思い込んでいたものが一度崩れて再構築されていくのです。死と再生のプロセスです。そのプロセスが進んでいくときに恐れや不安を感じることがあります。それは心理的に一度死んでしまうことだからです。

そんなプロセスを深めていくときには、一度思考から離れてありのままを感じることが大切になります。本当に変化していくときは、それまでの自分の思考では考えもつかない可能性が開いて行きます。今の自分では考えもおよばない道が見えてくるのです。そんなときにいくら頭で考えても、それまでの自分の制限された思考の枠組みの中にあるものしか見えてきません。古い思考の制限から外に出る必要があるのです。

そのときにこそ内なる沈黙が意味を持ってきます。沈黙を意識しておくことで思考が静まり、制限された古い思考の枠組みから抜け出すことができるのです。

また、沈黙はすべてをありのまま受け止めてくれる愛のスペースでもあります。私たちは一番深い部分ではもとからすべてを知っています。最初から悟っているのです。それが見えなくなっているのは自分で自分の一部を否定しているから、自分の内側に分離を作っているからです。沈黙を意識することで自分のすべてを受け入れ分離を癒す作業が進んでいきます。

そして、もう一つ大切な視点は、沈黙とは、神、スピリット、存在、意識、気づき、愛などと呼ばれる、この世界を作っているたった一つの何かの別名でもあるということです。沈黙を意識するということは、自分と世界の本質を意識することでもあるのです。


この深い変容のプロセスを通過していくときに、最近私自身に役立っている具体的な実践方法を一つご紹介しておきます。

ありのままの自分を愛すること=考えるのではなく感じることが大切だ、という話をするときに、身体感覚を感じ、味わってみましょう、ということをよくお伝えします。沈黙のスペースの中ではその感覚がより感じやすくなります。そのときに、さらに深めていくためには、はっきりと意識できる身体感覚だけではなくて、もっと微妙で普段は意識しにくい、エネルギー的な感覚、その場の雰囲気のようなものも意識するようにしてみて下さい。

はっきりとした感情や思考、身体の感覚として現れてくる前段階の微妙な雰囲気、今現われ出でようとしている感覚の萌芽のようなもの。

そして、そんな微妙な感覚を感じている時に感じるエネルギー的な変化や浮かんでくるイメージをただ味わってみます。

微妙な感覚、雰囲気のような感じることで、より深いレベルでありのままの自分を愛することができ、変容が起こりやすくなるのです。


私たちはもともと一つに繋がっていて皆で一緒に大いなる芝居を演じています。その中で一見さまざまなストーリーが展開されていきますが、その本質は、互いが互いを目覚めさせようとする、互いに互いの本当の姿を思い出させようとするプロセスなのです。

そのことを意識しながらこの現象世界を生き、人間ゲームを演じることができれば、人生がますます豊かに、自由になっていきます。

そして、今とは違ういつかどこかにたどりつく最終地点があるわけではなく、この変化し続ける流れそのものがスピリットの現れ、大きな私の表現であり、いつも何の問題もないのだ、ということが思い出されるのです。


——

11月の東京では、土曜日に2時間半のお話会、日曜日に1日通しのリトリートを開催します。

沈黙のエネルギー共鳴お話会&1dayリトリートin東京「沈黙は変容の器」 2022/11/26,27

土曜日のお話会は主に私の会が初めての方向けに、まず基本的なことを1時間程度お話したあと、最初にやってほしい瞑想やエクササイズ、質疑応答を行います。

日曜日のリトリートはさらに深めていきたい方向けに、基本的なことを簡単にお話ししたあとは特にテーマを決めずに、参加者お一人お一人のエネルギーを感じながらそのときどきに必要なメッセージをお伝えし、より深めていくための瞑想やエクササイズを行います。今日のブログに書いたような、微妙な感覚を意識するエクササイズも行います。

どちらの日もどなたでも参加できますし、1日のみの参加も可能です。両日参加の方には参加費の割引があります。

沈黙のエネルギー共鳴お話会&1dayリトリートin東京「沈黙は変容の器」 2022/11/26,27

また11月29日(火)〜12月1日(木)には東京出張個人セッションを行います。現在対面でセッションを受けていただけるのは東京と大阪での出張個人セッションだけとなっています。ブレスワークやヒプノセラピーも可能です。残席4となっていますので、ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。

東京出張個人セッション


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。その他の個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。


【スペースまほろば】からのお知らせ

※現在、新型コロナウイルスの影響により、個人セッションはすべてオンライン(zoom、スカイプ、お電話など)で行なっています。(東京と大阪の出張個人セッションは除く)

沈黙のエネルギー共鳴お話会&1dayリトリートin東京
 2022年11月26日(土),27日(日) 1日のみの参加もできます。

東京出張個人セッション
 2022年11月29日(火)〜12月1日(木)

沈黙のエネルギー共鳴お話会in新大阪
 2022年12月17日(土)13:30〜16:00

大阪出張個人セッション
 2022年12月18日(日)〜21日(水)

オンラインお話会 
 毎月2回、日曜夜と平日午前に開催中。
 2022年 
 11月22日(火)10:30〜12:00
 12月4日(日)20:00〜21:30

■著書のご案内


■下記もあわせてご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
第二ブログ「光の中を歩む〜生きることが辛くなったときに読む魂の処方箋」
スペースまほろばのfacebookページ
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
関連記事
[ 2022/11/14 21:12 ] ブログ | TB(-) | CM(-)
プロフィール

中野真作

Author:中野真作
スピリチュアルセラピスト。1997年からヒーリング&カウンセリングルーム「スペースまほろば」主宰。悟り・非二元の視点から人生のあらゆる苦しみを手放すお手伝いをしています。
スカイプセッションと境港での対面セッションは随時、東京・大阪での出張個人セッションやお話会も定期的に行っています。セッションの詳細につきましては、スペースまほろばをご覧下さい。

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪・福岡出張個人セッション
■福岡出張個人セッション
2024年1月11日(木),12日(金)
■東京出張個人セッション
2024年1月30日(火)〜2月1日(木)
■大阪出張個人セッション
2024年2月19日(月)〜22日(木)
オンラインでのセッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちらから。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
■中野真作の癒しと目覚めのお話会 福岡1dayリトリート~あなたの本質である沈黙のエネルギーを味わう~
2024/1/10(水)10:15〜17:00
■内なる真実に触れるワークショップin東京
2024/1/28(日)10:00〜16:45 ■大阪で開催予定。詳細は決まりしだいお知らせします。
・2024/2/18(日)10:00〜16:45
全記事表示リンク
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。