心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

生老病死

■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
■2017年11月19日(日)癒しと目覚めのお話会 in新大阪
6月になりましたね。早いもので今年ももうすぐ半分終わります。

先日、少し大きな病院に行く機会がありました。そこを行き交う多くの人を眺めていると、生老病死とでも言うのか、人間の苦しみの根源を見るような不思議な気持ちになりました。自分自身の身体もやがて老いて朽ち果てていくという現実。

一方で、最近の意識の深まりの中でわかってきたことは、変化しない何か、時間や空間にしばられない何かが確かにあって、それを実感することがいわゆる「健康状態」ととても関係しているということです。

一般的にいう「健康」は、大きな流れ、宇宙の流れ、タオ、、、にどれだけ抵抗せずに、自然に従っているか、ということと繋がっています。流れに抵抗している程度によって、さまざまな「病気」と呼ばれる状態が生じるわけです。

では、抵抗しなければいいわけですが、それがなかなか難しい。

どこでどういうふうに抵抗しているか、ということが現在の「自分」という感覚、アイデンティティの感覚になっています。そうすれば人生がある程度予測できるものになり、かりそめの安心感を感じることができるわけですね。

その感覚を手放して流れに身をまかせるということは、不確実さを受け入れるということでもあります。人生が不確実なものだということを受け入れたときに、本当の安心感が生まれてくる。不思議なパラドックスではありますが。

もっとも、そんなことを言っている私が、いつも完全な安心感の中にいるというわけではありません。人に話していることをいつも完全に実行できているわけではないのです。

でも、手放すことが本当の安心感に繋がっていくという感覚はこの20年以上の探求の中でずいぶん深まってきました。「この安心感はさらに深まっていく」という、変化のプロセス、進化(深化)のプロセスに対する信頼を持てるようになりました。

小さな自分が完全な人間になることはないけれど、大きな自分は常に完全であって、完全にはなり得ない小さな自分も、実はそのまま完全なのだ、という感じでしょうか。


スピリチュアルな視点を持ったカウンセリング/セラピーの情報は「スペースまほろば」をご覧下さい。電話・スカイプでのセッションも行っています。
ご感想などはshinsaku@mahoroba.ne.jpまでお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
11月20日(月)〜22日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
 10月29日(日)10:20〜16:50
癒しと目覚めのお話会 in新大阪
 11月19日(日)13:15〜16:15
境港お話会
 11月25日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。