心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

抵抗しない

■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
■2017年11月19日(日)癒しと目覚めのお話会 in新大阪
昨日は自然の流れに抵抗しないことが健康につながる、ということを書きました。いろんな教えの中にも「抵抗しない」「ゆだねる」というような言葉がよく出てきますね。

では、何が起こっても、何もしないでただ眺めていればいいのでしょうか。

病気になっても、何も治療しないでほっておけばいいのでしょうか?
誰かからひどい扱いをうけても、何もしないで我慢していればいいのでしょうか?
困難なことが起こったときに、何もしないでそれに身をまかせていればいいのでしょうか?

これは「抵抗しない」を誤解しています。

何かが起こったときに、あなたの心の中で何かをしたい衝動が自然に生まれます。そのエネルギーに抵抗しないようにする、ということです。その衝動のエネルギーも宇宙の大きな自然の流れの一部であるということに気づくこと。

そして、もっと言えば、あなたがその衝動に従って何かをしたり、結局その衝動を抑えて何もしなかったりしたとき、その選択自体が宇宙の自然の流れの一部であるということに気づいている、ということです。

何をしても、何をしなくても、私たちは常に宇宙の自然の流れと一体なのです。それに気づいているか、いないかは別にして。すると、より健康になっていくために大切なことは、どれだけそれに気づいているか、自覚しているか、ということになるでしょう。

-----

【ものすごーく簡単なエクササイズ】

楽な姿勢ですわって、ゆったりと楽な呼吸をします。少しぼんやりとした意識状態、日常の考え事にとらわれた意識から離れた意識状態に入ります。

身体は動かさないでじっとしたまま、今自分の身体がどんなふうに動きたがっているかを感じとります。

頭を下げたい、腕をあげたい、床に寝そべりたい、外に出たい、踊りたい、、、、、。

自分の内側にどんな動きへの衝動があるかを、実際には動かさないでじっとしたまま、しばらくの間感じとります。

しばらく感じ取ったら、今度は出来る範囲でいいですから、その動きを実際にやってみます。できれば、ゆっくりとやってみましょう。そのときに、どんな感じがするかをよく味わってみます。

宇宙の流れがあなたの身体をどんなふうに動かそうとしているのかを感じとってみます。その流れに抵抗しているとしたら、どんなふうに抵抗しているのかを感じとってみます。


意識の目覚めやありのままの存在にもとづいたカウンセリング/セラピーの情報は「スペースまほろば」をご覧下さい。電話・スカイプでのセッションも行っています。
ご感想などはshinsaku@mahoroba.ne.jpまでお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2011/06/02 23:13 ] 気づき(〜2012/12) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
11月20日(月)〜22日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
 10月29日(日)10:20〜16:50
癒しと目覚めのお話会 in新大阪
 11月19日(日)13:15〜16:15
境港お話会
 11月25日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。