心の癒しと意識の目覚めのために

スペースまほろば別館 本当の自分を知り、楽に生きるためのヒント 自己実現、悟り、アドヴァイタ、非二元、瞑想、プロセスワーク、スピリチュアル、アダルトチルドレンetc...

人生の意味

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
この数日、「人生には何の意味もない」という言葉がとても心に共鳴していた。と、同時に、生きていることの素晴らしい深みを感じるような気もしていた。

本当のところは、人生とは、意味がある、も、意味がない、も超えた何かなんだな、と思う。

もし人生に意味があるとしたら、それはどこかにある意味を探しにいくようなものではなく、今この瞬間に満ちているもの。

今ここにこうして在ることにもともと満ちている意味を見出すもの。


いろんなことがゆるゆると崩れていく感じがしている。

全部崩れたとき、そこに何があるのか楽しみな感じもする。

でも、もともと何もないのだな、ということを知っているような気もする。

ある、も、ない、も超えた何か。

何か、という言葉すら超えた何か。


ただ、こうしてここにいることが楽しい。

ただ、こうしてここにいることが悲しい。

楽しさと悲しさのハーモニーが美しい。

ああ、ここに、いる。



-----

私の初の著書『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。Kindle版も発行されました。
Amazonのなか見!検索では内容が少し読めるようになっています。全国の書店でもお買い求めできます。
読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。



まほろばの本棚〜スピリチュアルセラピスト中野真作のお勧めBooksに、私の本の巻末に載せている参考図書を一覧できるページを作りました。読書のきっかけにして下さい。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。

このブログと中野を応援して下さる方は下記の2つバナーを一日一回クリックして下さるようお願い致します。このブログがより多くの人の目にとまるようになります。(クリックありがとうございます!)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ


【スペースまほろば】からのお知らせ
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

【名古屋】
・5月28日(日)午後、3年ぶりに名古屋でお話会を開催します。詳細は決まり次第お知らせ致しますので、興味をお持ちの方は予定を空けておいて下さいね。

【大阪】
・5月29日(月)、30日(火)、31日(水) 大阪出張個人セッション 満席、キャンセル待ち受付中。

【東京】
・次回東京出張は皆生温泉リトリート終了後の秋頃を予定しています。

【皆生温泉リトリート】
・7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート 参加お申込み受付中。

【スカイプ】
スカイプお話会 スカイプの会議通話を利用したオンラインのお話会です。原則として毎月第1、3水曜日夜8時から開催。次回は5月3日です。

【境港】
癒しと目覚めのお話会in境港 次回は5月20日(土)13時〜。当分の間、火曜日の会はお休みします。

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
下記もご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ いいね!お願いします
facebook個人ページ 友達申請お待ちしています
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
[ 2017/04/24 21:05 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

言葉を超えた理解

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
何かを表現したい感じがしてブログの文章を書き始めてみるのだけれど、何を書いても何かが違う感じがしてしまうんですよね。この感覚はどこから来ているのだろうかと考えてみたら、はたと思い出しました。一番大切なことは言葉ではなく「沈黙」そのものなのだ、ということに。

内的な沈黙に気づいていると、言葉を超えた理解がやってきます。

いや、この「気づいている」という表現は誤解を招きやすいですね。気づいている私がいて気づく対象があるような感じがしてしまう。「沈黙としている(居る)」という表現のほうがもっと正確かもしれません。こんなふうに言い換えてみましょう。

沈黙としてただ存在していると、言葉を超えた理解がやってきます。

言葉を超えた理解というのは、言葉の形をとらないでやってくる理解です。つまり、「AはBである」というような思考の形でやってくるのではなく、思考はまったく浮かばないけれど「あ、そうか!」という感覚だけがやってくるような感じ。

そのとき、何かがわかったような感覚、何もわからないけれど安心していられるような感覚がやってきます。

その感覚をあとから言葉の形で表現してみることはできますが、それはそのとき感じた感覚そのものではない。それを無理に言葉にしようとすると、どこかぎこちなくなる感じがするのです。


自分が沈黙そのものであることを思い出しつつある方は、私と一緒にいるだけで内的な沈黙が自然と深まってきて、言葉を通さない理解が起こりやすくなるようです。

沈黙と言われても何のことかよくわからない方でも、私とあれこれ話をしているうちにだんだんと言葉が浮かんでこなくなって、言葉のない次元を初めて意識的に感じる体験が起こることがあります。

それでもよくわからないという方は、抑圧している感情に気づいてくプロセスが大切です。感情を感じないようにするために心の中を無意識のおしゃべりで一杯にしているからです。


20代の頃、グループで行うブレスワークに何度も参加していた時期がありました。そこでは、私も含めて、普段何事もないような顔をして普通に生活している人たちが、泣いたりわめいたり、ある種、阿鼻叫喚のような世界が繰り広げられることもありました。

誰もが平気な顔をして生きているけれど、心の奥には深い悲しみや怒りを抱えたままでいる。その時の体験はその後の私の人生に深い影響を与えています。

その後、私自身も感情の浄化のプロセスを深めていき、生きることがずいぶん楽になってきました。それでも、2年半前に腰痛で動けなくなったとき、もう25年間も意識的に感情に向き合ってきたのに、それまではまだまったく気づいていなかった未解決の感情があることに初めて気づきました。

内的な探求というのはそれほどまでに奥が深いものです。ある種の底なしですね。だって、本当に一番底までいったら、そこには何もなかったとわかってしまうからです。

その真実に突然触れて日常生活が困難になってしまわないように、世界は本当のことを少しずつ見せてくれるようにうまく調節していくれているのだと思います。


とはいっても、あまりにも苦しい時には、はやくなんとかしてくれよ、と思ってしまうのも仕方ありません。でも、あまりに焦って、もうどうしようもない、何の希望もない、と考えてしまうのはちょっと待ってほしいな、と思うのです。

この世界にはまだあなたが想像したこともないもう一つの次元があるのです。それを思い出したとき、生きる感覚は今とはまったく変わってきます。

そして、それを思い出すことは終着点ではなく、ある意味では新たな出発点にしかすぎません。その2つの次元が別のものではないということに気づくプロセスがそこから始まるのです。

あの世とこの世が一つであるということ。聖と俗が一つであるということ。夢とリアルが一つであるということ。ただこれだけがあるということ。

そのことが腑に落ちたとき、あなたは一周して戻った来たことに気づきます。何の変哲もない普通の人になっていることに気づきます。ずっとここにいたことに気づきます。



-----

私の初の著書『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。Kindle版も発行されました。
Amazonのなか見!検索では内容が少し読めるようになっています。全国の書店でもお買い求めできます。
読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。



まほろばの本棚〜スピリチュアルセラピスト中野真作のお勧めBooksに、私の本の巻末に載せている参考図書を一覧できるページを作りました。読書のきっかけにして下さい。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。

このブログと中野を応援して下さる方は下記の2つバナーを一日一回クリックして下さるようお願い致します。このブログがより多くの人の目にとまるようになります。(クリックありがとうございます!)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ


【スペースまほろば】からのお知らせ
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

【名古屋】
・5月28日(日)午後、3年ぶりに名古屋でお話会を開催します。詳細は決まり次第お知らせ致しますので、興味をお持ちの方は予定を空けておいて下さいね。

【大阪】
・5月29日(月)、30日(火)、31日(水) 大阪出張個人セッション 満席、キャンセル待ち受付中。

【東京】
・次回東京出張は皆生温泉リトリート終了後の秋頃を予定しています。

【皆生温泉リトリート】
・7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート 参加お申込み受付中。

【スカイプ】
スカイプお話会 スカイプの会議通話を利用したオンラインのお話会です。原則として毎月第1、3水曜日夜8時から開催。次回は5月3日です。

【境港】
癒しと目覚めのお話会in境港 次回は5月20日(土)13時〜。当分の間、火曜日の会はお休みします。

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
下記もご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ いいね!お願いします
facebook個人ページ 友達申請お待ちしています
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
[ 2017/04/20 21:25 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

私という感覚

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
書きたいことがいろいろ浮かんでは消えていきます。以前は、それをつかんで表現しなきゃ、という焦燥感みたいなものがあったのですが、最近その感覚が小さくなっていて、なんだか気が抜けたような、一段と楽になったような感じがしています。

その書きたいことの一つは「私という感覚」についてです。今日はそれについて少し書いてみようと思いますが、その前にまずいくつかお知らせを。

お知らせその1。

5月28日(日)の午後に久しぶりに名古屋でお話会を開催する予定で調整しています。名古屋でのお話会は私の人生が大きく転換した腰痛事件?の直前、2014年4月に行って以来3年ぶりになります。詳細は決まりしだいこちらのブログや私のホームページでお知らせ致しますので、興味をお持ちの方は予定を空けておいて下さいね。

今回は初めての方も多いと思いますので、お話会を始めた頃にはよく話していたけれど最近はあまり話さなくなっている私自身の目覚めのストーリーの詳細についても久しぶりにゆっくりお話してみようかと思っています。

その翌日からの5月29日〜31日は大阪出張個人セッションです。一度満席になりましたので日程を追加しましたがそちらもすでに満席になっておりますので、現在キャンセル待ちを受け付けています。

お知らせその2。

7月1〜3日の皆生温泉リトリートですが、まだ開催まで2ヶ月以上ある段階ですでに9名の方から参加お申し込みをいただいています。60日前にあたる5月2日までにお申し込みとご入金を済ませていただくと参加費が割引になりますので、参加を検討されている方は早めのお申し込みをお勧めします。

なお、今年は開催スケジュールが昨年までと違って土日月の3日間になった関係か、土日のみ参加のご希望が想定以上に多いため、ホテル予約の都合上、土日のみのご参加はあと1名様で受付終了とさせていただきますので、ご了承下さい。

お知らせその3。

このブログの右側にあるリンク集を久しぶりに更新しました。最近、私の本を紹介して下さる方がとても増えているので、今後は原則として個人セッションを受けて下さった方を中心に新たなリンクを追加していきます。

本を紹介して下さっている方のリンク集はこちらをご覧下さい。こちらはちょっと更新をサボっています。
中野真作著『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』のご感想リンク集


-----

目覚めのプロセス、真の癒しのプロセスとは、私とは何なのかという根源的な疑問の答えを求めていくことだな、とあらためて感じています。

もちろん、模範解答の一つとして「私とはすべてである」とか「私はいない」という表現はあります。ただ、そのことがわかったからといってそれで全て終わり、ハッピーエンド、というわけではないのが、このプロセスの面白いところだな、と思います。

すべてがそれだとわかっても、この心と身体としての人生はまだまだ続いていきます。そのときに、私とはこの心と身体としての存在なのだ、私とはこの身体として生きている一人の人間なんだ、という感覚も同時にしっかり持っていないと、何かが足りない、何かが違うという感覚が残ってしまいます。

また、すべてはそれなんだ、という感覚にしがみついてしまうと、人間として生きることに付随する痛みを感じないようにしてしまうことがあります。すると、人間として生きることの喜びも十分に感じられなくなってしまうのです。

7月の皆生温泉リトリートでは、みなさんと沈黙のエネルギーを分かち合うことで、大いなるものとしての自分、スピリットとしての自分を直接体験していくだけでなく、その大いなるものの受容的な癒しのエネルギーに包まれて、各自が人間として抱えている痛みや苦しみをありのままわかちあうことで、人間としての痛みを癒していくプロセスを深めていきたいと思っています。

逆説的に聞こえるかもしれませんが、人間としてのストーリーを尊重し、痛みを痛みとしてありのまま受け止めていくことで、自分とはこの心と身体を超えた大きなものなのだ、という認識に自然と開かれていくのです。

私とは大いなるものであると同時に一人の人間であるということ。

これは、私が本の中でも強調している、すべては夢だとわかりながらその夢を意識的に生きていくこと、と同じことです。


最近私は、生まれて初めて、生きていてよかったな、という気持ちを感じたりします。それは、真実を知ったから、というよりも、真実を知って大いなるものと一つであることがわかったことで、やっと一人の人間として感じてきた深い痛みをありのまま認めることができるようになったからです。

苦しみの中で目覚めのプロセスを歩んでいる方が、一人でも同じような感覚を感じられるようになればいいな、と思っています。



-----

私の初の著書『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。Kindle版も発行されました。
Amazonのなか見!検索では内容が少し読めるようになっています。全国の書店でもお買い求めできます。
読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。



まほろばの本棚〜スピリチュアルセラピスト中野真作のお勧めBooksに、私の本の巻末に載せている参考図書を一覧できるページを作りました。読書のきっかけにして下さい。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。

このブログと中野を応援して下さる方は下記の2つバナーを一日一回クリックして下さるようお願い致します。このブログがより多くの人の目にとまるようになります。(クリックありがとうございます!)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ


【スペースまほろば】からのお知らせ
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

【大阪】
・5月29日(月)、30日(火)、31日(水) 大阪出張個人セッション 満席、キャンセル待ち受付中。

【東京】
・次回東京出張は皆生温泉リトリート終了後の秋頃を予定しています。

【皆生温泉リトリート】
・7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート 参加お申込み受付中。

【スカイプ】
スカイプお話会 スカイプの会議通話を利用したオンラインのお話会です。原則として毎月第1、3水曜日夜8時から開催。次回は4月19日です。

【境港】
癒しと目覚めのお話会in境港 次回は5月20日(土)13時〜。当分の間、火曜日の会はお休みします。

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
下記もご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ いいね!お願いします
facebook個人ページ 友達申請お待ちしています
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
[ 2017/04/17 22:58 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

夢の終わりの始まり

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
2ヶ月に一度の大阪出張を終えて昨日境港の自宅に戻ってきました。大阪でご縁をいただいた皆さま、ありがとうございました。

毎回感じることですが、大阪と東京への出張は、私にとってはある種の集中的なワークのようなもので、出かけるたびに内面が大きく動きます。私と出会う皆さんが癒されていくのと同時に、私自身が癒され、統合されていくのです。今回は特にその感覚が深かった気がしています。


個人セッションを終えてホテルに戻る地下鉄に乗り、座席に座ってホッと一息ついたとき、不思議な感覚に襲われました。これまで、どれほど世界を批判していたのか、ということにあらためて気づいたのです。

これまでは向かいの座席に座っている人たちを見て、無意識のうちに批判の思考が流れていたのに、そのときは何の思考もなく、ただその風景を眺めていました。人の形に見えるその光のきらめきを眺めていました。

批判の思考が何も起こってこないとき、世界はありのままで完璧で何の問題もありません。

そして、それは、どれほど自分自身を批判していたのか、ということに気づいた瞬間でもありました。

そうすることで人は「自分」という感覚、分離の感覚を維持し続けているのです。

周囲の世界から分離した「私」が確かにここにいて、私が私の意思で何かをなしている、という夢。その夢は、ある種の充実感を与えてくれる一方で、苦しみの根本的な原因でもあります。

その夢の終わりが始まると、人は深い安心感を感じると同時に、何か心もとない感じ、微妙な、時には大きな、不安感すら感じます。夢が終わらないように、必死になって何かにしがみつき、苦しみを長引かせようとすることさえあるのです。

でも、夢はいつか必ず覚めてしまうものです。どれだけ夢が楽しくて、その夢を永続させようとしても、夢はいつかは自然と覚めていくものなのです。

夢が楽しい間はその夢を十分に味わって楽しんでいいと思います。そうすることで、それが夢だと早く気づけるようになります。そして、その夢が本当に夢だとわかり始めてしまったら、その覚めていくプロセスにただ身をまかせること、それに抵抗しないこと。すると夢から覚めるプロセスが加速します。

夢を夢だとわかりながら生きるとき、人は人生のもっとも深い意味を知ります。人生のもっとも深い味わいを楽しむことができるのです。



-----

私の初の著書『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。Kindle版も発行されました。
Amazonのなか見!検索では内容が少し読めるようになっています。全国の書店でもお買い求めできます。
読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。



まほろばの本棚〜スピリチュアルセラピスト中野真作のお勧めBooksに、私の本の巻末に載せている参考図書を一覧できるページを作りました。読書のきっかけにして下さい。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。

このブログと中野を応援して下さる方は下記の2つバナーを一日一回クリックして下さるようお願い致します。このブログがより多くの人の目にとまるようになります。(クリックありがとうございます!)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ


【スペースまほろば】からのお知らせ
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

【大阪】
・5月30日(火)、31日(水) 大阪出張個人セッション 満席、キャンセル待ち受付中。

【東京】
・次回東京出張は皆生温泉リトリート終了後の秋頃を予定しています。

【皆生温泉リトリート】
・7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート 参加お申込み受付中。

【スカイプ】
スカイプお話会 スカイプの会議通話を利用したオンラインのお話会です。原則として毎月第1、3水曜日夜8時から開催。次回は4月5日です。

【境港】
癒しと目覚めのお話会in境港 次回は4月15日(土)13時〜。当分の間、火曜日の会はお休みします。

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
下記もご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ いいね!お願いします
facebook個人ページ 友達申請お待ちしています
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
[ 2017/03/31 21:43 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

空間そのものとしてのあなた

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
長いことほとんど飲まなくなっていたビールを最近また飲みたくなってきて、この数ヶ月くらい、久しぶりにほとんど毎晩ビールを飲むようになっていました。とはいっても、レギュラーサイズの缶ビール1本で顔が真っ赤になるので、経済的ではあります。でも、毎晩飲んでいると、少しずつ物足りなくなってきて、もう一本開けてもいいかな、なんて思うようになっている自分にちょっと驚いたりもしていました。

一方で、今月に入ったあたりから、このよっぱらう感覚にもちょっと飽きてきたな、という気もし始めていました。

数日前、ビールを飲んであまり時間がたたないうちにお風呂に入ってしまって、のぼせたような感じになり、しばらく気分が悪くなってしまいました。これを機会に、ちょっとビール飲むのをやめてみようと思いました。

すると、最近その感覚を少し忘れそうになっていたのですが、久しぶりに深いむなしさがやってきて、まる1日ほど悶々とした気分になったのです。ああ、そうだったのか、と思いました。このむなしさに向き合うことを恐れてビールを飲んでいたのかもしれない、と気づきました。

これは何度強調しても足りませんが、癒しと目覚めのプロセスの中では「むなしさ」はとても大切なものです。自分の中の何かが死んで生まれ変わろうとしているとき、分離の夢から覚めようとしているときにむなしくなるからです。

このむなしさを感じながらしばらく横になっていると、自分とはこの身体のことではなくて、それらすべてを含んでいる空間、拡がり、スペースそのものなのだ、ということをあらためて思い出してきました。

この「大きな私の中」の中に、普段私だと思っているこの身体や、あなたの身体や、思考や感情や、その他この世界の中に存在するすべてのものが現れている。その拡がりの中でどんなことが起こっても大きな私は何の影響も受けない、ということを思い出して、理由のない安心感、ホッとする感覚を味わいました。

こういったことは、頭ではわかったつもりになっていたのに、まだまだ存在の深い部分までは浸透していないのだな、と思います。


この理由のない安心感としっかり繋がっていくためには、自分の内側で起こることをありのまま感じとること、その思考や感情がそこにあることをただ許すことが大切です。

とはいっても、許さなければいけない、と思う必要もないのです。そもそもの最初から許されているのだ、ということに気づくだけでいいのです。

空間そのものとしての私はその中で起こることを常にすでに許しているということ。今そうなっているということは、すでにそうなることを許されているからそうなっているということ。


自分=この身体だと思い込んでいる間はありのまま許されているという感覚はなかなか実感できないかもしれません。でも、それが実感できない自分もそのまま許されているのだ、ということにちょっとでも気づいたとき、ある種の知覚のシフトが起こります。

あなたの中にもともと存在している内なる叡智が働き始めるのです。


-----

3月26日(日)は新大阪お話会です。当初は午前午後通しの1dayリトリートの予定でしたが、午後のみの開催に変更していますので、参加しやすくなりました。私の本を読んで下さった方など、ご興味をお持ちの方はどなたでも参加していただけます。今回は今のところかなり参加者が少ないので(現在5名程度)、みなさんとゆっくりお話できそうです。当日飛び入り参加も歓迎します。
癒しと目覚めのお話会 in新大阪【新大阪お話会】

3月27〜29日の大阪出張個人セッション満席となりました。キャンセル待ちを受け付けています。
大阪出張個人セッション

-----

7月1〜3日の皆生温泉リトリートも参加お申し込み受付中です。facebookにイベントページを作ってみました。

-----

私の初の著書『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。Kindle版も発行されました。
Amazonのなか見!検索では内容が少し読めるようになっています。全国の書店でもお買い求めできます。
読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。



まほろばの本棚〜スピリチュアルセラピスト中野真作のお勧めBooksに、私の本の巻末に載せている参考図書を一覧できるページを作りました。読書のきっかけにして下さい。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。

このブログと中野を応援して下さる方は下記の2つバナーを一日一回クリックして下さるようお願い致します。このブログがより多くの人の目にとまるようになります。(クリックありがとうございます!)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ


【スペースまほろば】からのお知らせ
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

【大阪】
・3月26日(日)癒しと目覚めのお話会 in新大阪【新大阪お話会】 参加お申込み受付中。
・3月27日(月)、28日(火)、29日(水) 大阪出張個人セッション 満席、キャンセル待ち受付中。

【皆生温泉リトリート】
・7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート 参加お申込み受付中。

【東京】
・次回東京出張は皆生温泉リトリート終了後の秋頃を予定しています。

【スカイプ】
スカイプお話会 スカイプの会議通話を利用したオンラインのお話会です。原則として毎月第1、3水曜日夜8時から開催。次回は4月5日です。

【境港】
癒しと目覚めのお話会in境港 次回は4月15日(土)13時〜。当分の間、火曜日の会はお休みします。

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
下記もご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ いいね!お願いします
facebook個人ページ 友達申請お待ちしています
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
[ 2017/03/20 21:49 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

身体がゆるむこと、私がゆるむこと

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
最近、身体がとてもしっかりしてくる感じがあって、腰の調子もますますよくなってきています。今日は、昔から何度も書いている定番ネタの一つですが、また身体がゆるむプロセスのことを書いてみます。


私の身体は昔からガチガチに固まっていました。そして、以前はそのことをほとんど自覚していませんでした。

感情の解放を進めたり、思い込みを手放してきたりするプロセスの中で、身体が少しずつゆるんできて、こんなにも自分の身体は硬くなっていたのだ、ということに気づいてきました。

ゆるんでくると、今まで意識していなかった身体の部分を直接感じることができるようになります。こんなところがこんなにこわばっていたのか、ということに気づき、これほどまでに深く身体を直接感じることができるのか、ということに驚くプロセスが続きました。

足全体にエネルギーが流れ、足の存在を深く意識したとき、自分はまったく地に足がついていなかったのだな、と感じました。

お腹が緩んできたとき、自分はどれだけ息を潜め、自分で自分を殺すように生きてきたのか、と思いました。

だんだん身体全体がゆるんでくるうちに、肩から首にかけてのものすごいこわばりを少しずつ意識するようになってきました。この部分がゆるんできたら、私の身体がゆるむプロセスは最後の段階に入るのでは、と思っていました。

そして、5、6年くらい前からその部分が本当にゆるみ始め、エネルギーが流れる感覚があって、いよいよそのときがきたのか、と思っていました。


しかし、しかしです。目覚めと癒しのプロセスというのはなんと奥深いものなのでしょうか。そのあとにやってきた腰痛と、そこから回復していく過程の中で、股関節や背骨の周囲など、それまではまったく意識したこともなかった身体のさらに深い部分が自分でも驚くほどに凝り固まっていたことにやっと気づき始めたのです。

これは、一つには、2年以上にわたって毎日のように続けているストレッチなどのエクササイズの賜物です。以前は、身体的なエクササイズをやってはみるものの、だいたい三日坊主で終わっていました。今回これほど続いているのは、やらないでいると腰が痛くなってきてどうしようもない、という、ある種の強制的な動機づけがあったからです。

そしてもう一つ大切なことは、これほどまでに深い解放が起こるためには、世界の空性への気づきが不可欠だということです。

空性、つまり、本当は何もなくて空っぽだということ。もう少し普通の言葉で言うと、身体の緊張や心の苦しみがあっても、それは何ら個人的なものではなく、全体性の一部としてただ起こっているだけである、ということ。ある意味では、この私というものは存在していないのだということ。

そのことがわかってくると、私の苦しみ、私の緊張をとてもいとおしく受け止めることができるようになってきます。本当の意味で自分を愛することができるようになります。そうなって初めて、もっとも深い部分の緊張がゆるんでくるのです。


身体がゆるむというのは、私がゆるむ、私という思い込みがゆるむことと同じです。

身体を本当にゆるめるためには身体的なエクササイズと世界の空性への気づきの両方が必要であるのと同じように、心理的な緊張をゆるめること=本当の意味での心の癒しにも、心理的な技法(カウンセリングやセラピーなど)に加えて、世界の空性、世界の本当の姿に気づくことが大切になってくるのです。

今は、自然に深まっていくこの身体と意識の変化を、さらに深く楽しんでいきたい感じがしています。


-----

3月26日(日)は新大阪お話会です。当初は午前午後通しの1dayリトリートの予定でしたが、午後のみの開催に変更していますので、参加しやすくなりました。私の本を読んで下さった方など、ご興味をお持ちの方はどなたでも参加していただけます。
癒しと目覚めのお話会 in新大阪【新大阪お話会】

また、同時に行われる今月の大阪出張個人セッションは1ヶ月以上前から満席でしたが、3月27日(月)夜の枠を追加しましたので、ご希望の方はこの機会に受けてみて下さい。ブレスワークも行えます。
大阪出張個人セッション


-----





7月1〜3日の皆生温泉リトリートの会場となる東光園さんの展望会議室からの眺めを写真に撮ってきました。お天気がよければ2枚目の写真左側に写っている低い山の右側に富士山のような雄大な大山(だいせん)が望めるのですが、ちょっとお天気が悪くて残念です。

宿泊のお部屋も見せてもらったのですが、畳を替えたばかりで、いい感じでした。

facebookのイベントページにも書きましたが、東光園さんは皆生のホテルの中では唯一、敷地内に塩泉とアルカリ泉の2つの源泉があって、2種類のお湯が楽しめるそうです。

アルカリ性のお湯は山の温泉の特徴だと思っていたのですが、海のそばで涌くのはどういう仕組みなのか、ちょっと興味があります。

今回の皆生温泉リトリートでは、温泉で身体をゆるめた上で、1日目にはフットマッサージ、2日目にはブレスワークを行って、身体のほうからも私という思い込みがゆるんでいく感覚を実感していただきたいと思います。

・facebookにイベントページを作ってみました。

-----

私の初の著書『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。Kindle版も発行されました。
Amazonのなか見!検索では内容が少し読めるようになっています。全国の書店でもお買い求めできます。
読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。



まほろばの本棚〜スピリチュアルセラピスト中野真作のお勧めBooksに、私の本の巻末に載せている参考図書を一覧できるページを作りました。読書のきっかけにして下さい。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。

このブログと中野を応援して下さる方は下記の2つバナーを一日一回クリックして下さるようお願い致します。このブログがより多くの人の目にとまるようになります。(クリックありがとうございます!)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ


【スペースまほろば】からのお知らせ
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

【大阪】
・3月26日(日)癒しと目覚めのお話会 in新大阪【新大阪お話会】 参加お申込み受付中。
・3月27日(月)、28日(火)、29日(水) 大阪出張個人セッション 残席1

【皆生温泉リトリート】
・7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート 参加お申込み受付中。

【東京】
・次回東京出張は皆生温泉リトリート終了後の秋頃を予定しています。

【スカイプ】
スカイプお話会 スカイプの会議通話を利用したオンラインのお話会です。原則として毎月第1、3水曜日夜8時から開催。次回は4月5日です。

【境港】
癒しと目覚めのお話会in境港 次回は3月18日(土)13時〜。

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
下記もご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ いいね!お願いします
facebook個人ページ 友達申請お待ちしています
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
[ 2017/03/18 10:02 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

沈黙からの言葉、沈黙としての言葉

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
(2017/03/12追記)次回の大阪出張個人セッションに3月27日(月)18時30分の枠を追加しました。

-----

日曜日の東京1dayリトリートに参加して下さった皆さん、参加はできなかったけれど興味を持って見て下さっていた皆さん、ありがとうございました。

リトリートの直前、今回はいろいろしっかりと話をしたい気分になっていたので、最近はあまりやっていなかったのですが、レジメを作って話す内容を簡単にまとめたりしていました。それでは私のグループ特有の沈黙の時間が減ってしまうのではないか、とも思ったのですが、そうではないということをあらためて感じました。

つまり、沈黙から出てくる言葉はとても大きなパワーを持っているのです。言葉がないことだけが沈黙なのではなくて、言葉そのものも沈黙によって作られているのです。

そのことを意識しながら話をすると、言葉がとても大きなパワーを持ちます。一番深い部分で共鳴を起こすのです。

今回のお話会は、これから私が進んでいくべき方向性を指し示してくれたような感じがしていて、次のステップに向けて一つの転機になるような感じすらしました。

フリートークのサットサン形式も楽しいのですが、終わったあとに「あのこともきちんとお伝えすればよかった」と思うことがよくあるので、まだアイデアでしかないのですが、連続講座のような形式のグループをいつかやってみたいな、と思っています。


-----

今回、東京でいろんな方と話をする中で、みんな「私」という夢、分離の夢の中にほとんど閉じ込められているのだな、ということをあらためて感じました。「ほとんど」と書いたのは、私のエネルギーに惹かれている方は、その夢が緩み始めているからです。

一方、私自身は、その夢に完全に閉じ込められる前に、夢が夢だとわかってしまい、そのことにずっと混乱も感じていました。

でも、今やっと、夢を夢だとわかりながらその夢を意識的に生きていく感覚がしっかりしてきた感じがしています。そうなってやっと、夢から覚めていくプロセスをサポートする、という役割をしっかりと引き受けられるようになってきたようです。

これから、この夢の中で、どんな方と出会い、どんなことが起こるのか、これまでとはまたちょっと違う、楽しみな感覚が生まれてきている今日この頃です。


-----

先日来お知らせしておりました、7月1日(土)〜3日(月)の皆生温泉リトリートの詳細をアップし、参加のお申し込み受付を開始しています。

癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート

3回目となる今回は、会場も変わりましたので、当初はご案内文も全面的に書き直そうかと思っていたのですが、読み返してみれば、以前からのご案内文の中に私のやりたいことはすべて含まれていました。奇をてらうような文章を書かなくても、一番大切なことをシンプルに書けば、それを必要としている方には伝わるな、と感じたので、ご案内文の多くの部分は昨年のものをそのまま使っています。

昨年は、リトリート開催の数日前に私の本がアマゾンで予約していた方に発送され、書店に並び始めたのはリトリート当日くらい、というタイミングでしたので、実質的には今回が本出版後初めての皆生温泉リトリートとなります。昨年は定員よりだいぶ少ない13名くらいでしたが、今回はすでに数名の方からご予約をいただいています。何名くらいが参加して下さるのかまったくわかりませんが、できれば参加ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。

山陰の海の幸を堪能しながら、海から湧き出る皆生のお湯、そして「中野温泉」と呼ばれる沈黙のエネルギーに浸かって、「私」という夢を参加者の皆さんと一緒に十分に楽しみたいと思います。


-----

私の初の著書『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。Kindle版も発行されました。
Amazonのなか見!検索では内容が少し読めるようになっています。全国の書店でもお買い求めできます。
読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。



まほろばの本棚〜スピリチュアルセラピスト中野真作のお勧めBooksに、私の本の巻末に載せている参考図書を一覧できるページを作りました。読書のきっかけにして下さい。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。

このブログと中野を応援して下さる方は下記の2つバナーを一日一回クリックして下さるようお願い致します。このブログがより多くの人の目にとまるようになります。(クリックありがとうございます!)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ


【スペースまほろば】からのお知らせ
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

【大阪】
・3月26日(日)癒しと目覚めのお話会 in新大阪【新大阪お話会】 参加お申込み受付中。
・3月28日(火)、29日(水) 大阪出張個人セッション 満席。キャンセル待ち受付中。

【皆生温泉リトリート】
・7月1日(土)〜3日(月)癒しと目覚めのお話会 皆生温泉リトリート 参加お申込み受付中。

【スカイプ】
スカイプお話会 スカイプの会議通話を利用したオンラインのお話会です。原則として毎月第1、3水曜日夜8時から開催。次回は3月15日です。

【境港】
癒しと目覚めのお話会in境港 次回は3月18日(土)13時〜。

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
下記もご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ いいね!お願いします
facebook個人ページ 友達申請お待ちしています
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
[ 2017/03/09 18:10 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

かつての避難所がやがて普通の状態に

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
3月5日(日)は癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリートです。

-----

分離の夢が本当に夢なのだとわかってくると、現実の状況とは関係なくもっとも深い部分にいつもある安心感を感じ始めるときがあります。どんなに大変なことが起こっていても、心の一番深い部分では、いつでも大丈夫なのだ、という感覚を感じられるようになり、何か重荷を下ろしたような感じがしてきます。

とはいえ、多くの場合、その感覚はすぐに消えてしまい、また現実の状況に巻き込まれてしまいます。でも、その感覚をまったく感じたことがなかったときに比べれば、現実の状況に向き合う感覚はずいぶん変わってきます。心のどこかで、何が起こってもいつでも大丈夫なんだとわかっているからです。

ときどき感じられるその安心感を一時的な避難所のようにして、そこに戻った時の感覚を命綱にしながら生きていくことができるようになります。命綱もないまま宙ぶらりんで世界の中にいたときに比べれば生きることはずいぶん楽になってきます。


やがてその感覚がさらに変わってくるときがあります。地と図が入れ替わると言ったらいいのか、裏と表がひっくり返ると言ったらいいのか、そんな感じがしてくるときがあります。

それまでは、夢に巻き込まれた状態が普通で、そこから時々避難所に戻って安心感を感じてはまた夢の中に帰っていたのが、以前は避難所だったところが普通の状態になり、そこからときどき夢の中に入っていく、という感じがしてくるのです。体感として感じる安心感の深さがそれ以前とはまったく変わってくる感じがします。


もう何年も前に同じようなことをブログに書いた記憶があります。そのとき使った比喩は「ずっと山を登ってきていたのが、あるとき峠を越えて、そこから先は下っていくだけのような感じ」というようなものだったと記憶しています。

でも、今思うと、そう書いていたときの私は、まだまだほとんど夢の中に閉じ込められていて、ほんの一瞬夢の外側を見ただけだったようです。夢から抜け出してきた、と思っていたのは、実は「夢から抜け出した私」という夢を見ていただけだったのです。

なんだか、ますますいろんなことが気にならなくなってくる感じがあります。

前回の記事で書いたこととも関係していますが、以前は、理由なくニコニコしていると変な人だと思われるんじゃないかと不安になっていました。最近は、そう思われてもいいな、という気がしています。もともと変な人ですし。(^_^)


内側から溢れてくる感覚に素直に従うことができるようになってくると、実は外も内もなかったのだということがわかります。

すべてがたった一つのエネルギーの表現である、という感じ。

夢である、とか、リアルである、というのも思考が作った分離に過ぎず、すべて一つである、という感じ。

夢もリアルも同じだ、という感じ。

特別なものは何もなく、同時に全てが特別だ、という感じ。


このパラドックスを十分に生き切ることが、目覚めた人生なのかもしれません。




-----

私の初の著書『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。Kindle版も発行されました。
Amazonのなか見!検索では内容が少し読めるようになっています。全国の書店でもお買い求めできます。
読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。



まほろばの本棚〜スピリチュアルセラピスト中野真作のお勧めBooksに、私の本の巻末に載せている参考図書を一覧できるページを作りました。読書のきっかけにして下さい。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。

このブログと中野を応援して下さる方は下記の2つバナーを一日一回クリックして下さるようお願い致します。このブログがより多くの人の目にとまるようになります。(クリックありがとうございます!)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ


【スペースまほろば】からのお知らせ
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

【東京】
・3月5日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート 参加お申し込み受付中。

【大阪】
・3月26日(日)癒しと目覚めのお話会 新大阪1dayリトリート 参加お申込み受付中。
・3月28日(火)、29日(水)大阪出張個人セッション 満席。キャンセル待ち受付中。

【スカイプ】
スカイプお話会 スカイプの会議通話を利用したオンラインのお話会です。原則として毎月第1、3水曜日夜8時から開催。次回は3月1日、15日です。

【境港】
癒しと目覚めのお話会in境港 次回は2月28日(火)10時〜。

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
下記もご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ いいね!お願いします
facebook個人ページ 友達申請お待ちしています
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル

[ 2017/02/25 18:22 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

父と笑顔を交わしたかった

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
やっと雪がやんだ境港です。テレビでは鳥取市などの90センチを超える豪雪の様子が伝えられていましたが、ここ境港では積雪30センチくらいで、特に大きな被害はありませんでした。とはいえ、家の北側には屋根から落ちた雪と除雪した雪が溜まっているところがあって、そこにはいまだ腰の高さくらいの雪が残っています。この雪が全部溶けるのはかなり先になりそうです。

そのため、今週末2月18日(土)の境港お話会はお休みにします。積雪により駐車スペースが確保できないためです。ご了承下さい。

-----

その他、お知らせをいくつかさせて下さい。

先日のブログでも予告しておりました3月26日(日)の新大阪1dayリトリートの詳細をアップしました。3月5日の東京と同じく「目覚めのプロセスと沈黙」をテーマにします。

1月の神戸1dayリトリートではブレスワークが中心となって他のエクササイズがあまりできなかったので、今回はブレスワークは行わないかわりに感情の解放のエクササイズやダイレクトパス的な誘導など1月の神戸ではできなかったワークを出来るだけ多く取り入れていこうと思っています。

癒しと目覚めのお話会 新大阪1dayリトリート 2017/3/26

3月28日(火)、29日(水)の大阪出張個人セッション28日(火)11時〜の枠にキャンセルが出ています。※満席となりました。

3月5日(日)の東京1dayリトリートは残席が少なくなってきました。参加ご希望の方はお早めにお申込み下さい。


-----

最近、なんだか理由なく嬉しくなることが増えていて、自分がとてもニコニコしていることに気づくことが多いです。笑顔が素敵、と言われることも増えてきました。

以前の私は本当の意味で笑ったことがなかったな、と思います。子どもの頃の自分の写真を見ると笑顔の写真がとても少なく、特に中学高校あたりの写真は能面のような顔をしているものが多いです。


笑顔に関する話になるといつも思い出す今は亡き父との思い出があります。

父が亡くなってからもう10年以上過ぎていますから、たぶん今から20年くらい前のことだと思います。私の内側で何かが動き始め、癒しと目覚めのプロセスが少しずつ深まり始めていた頃、ただここにいるということそのものが嬉しくてその感覚を分かち合いたいと思ったのでしょう。何気なく父を見てニッコリ笑ったのです。

すると父は「何がおかしいんだ!」と怒気を含んだ声で小さくつぶやきました。

父のその反応を忘れることはないと思います。そのとき、いろんなことが私の中で腑に落ちたような気がするのです。

彼も人生の中で本当の意味で笑った事がなかった。生きていることの喜びを感じたことがなかった。ある意味では生きていなかった。

もちろん、そのときにはそこまではっきりと言葉で表現できる気づきがあったわけではないのですが、今振り返って考えれば、そんなことが直感的にわかっていたような気がします。

当然ながらそんな父との関係はどこかぎこちなく、大学で家を離れて以降は、一緒にいるととても辛い感じがすることを自覚できるようになりました。


亡くなる数ヶ月前、久しぶりに病院に見舞いに行った時、父はそれまで一度も聞いたことのないようなことを言ったのです。

「自分は間違っていたかもしれない」と。

その言葉は私の中の何かを揺り動かしました。

軽い脳梗塞を起こしていた父は少しずつ動かなくなる身体とともにありながら、死が近いことを悟っていたのかもしれません。そのとき初めて、父の中で長い間滞っていた生のエネルギーが流れ始め、自分と世界の真実に関する気づきが芽生え始めていたのではないかと思うのです。

そして、帰り際、父は私に「もうちょっと(病室で一緒に)いてくれ」と言いました。

今の私ならその言葉をきちんと受け止め、父といろんな話ができたのではないかと思います。でもその頃の私には父と二人でいることは心理的にとても辛くて、その言葉を聞き流してしまい、「また来るから」と言ってそのまま帰ってしまったのです。

それが父とかわした最後の言葉になりました。


もう少し私の気づきが早く深まっていたら、そのプロセスを父と分かち合えたのかもしれません。でも、父の死を体験したことで私のプロセスがより深まっていった、ということも事実です。

できることなら父と笑顔を交わしたかった。生きているということそのものに由来する喜びと切なさを分かち合いたかった、そんなことを思う今日この頃です。


-----

私の初の著書『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。Kindle版も発行されました。
Amazonのなか見!検索では内容が少し読めるようになっています。全国の書店でもお買い求めできます。
読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。



まほろばの本棚〜スピリチュアルセラピスト中野真作のお勧めBooksに、私の本の巻末に載せている参考図書を一覧できるページを作りました。読書のきっかけにして下さい。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。

このブログと中野を応援して下さる方は下記の2つバナーを一日一回クリックして下さるようお願い致します。このブログがより多くの人の目にとまるようになります。(クリックありがとうございます!)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ


【スペースまほろば】からのお知らせ
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

【大阪】
・3月26日(日)癒しと目覚めのお話会 新大阪1dayリトリート 参加お申込み受付中。
・3月28日(火)、29日(水) 大阪出張個人セッション 残席1になりました。お申込みはお早めに。


【東京】
・3月5日(日)東京1dayリトリート 参加お申込み受付中。

【スカイプ】
スカイプお話会 スカイプの会議通話を利用したオンラインのお話会です。原則として毎月第1、3水曜日夜8時から開催。2月は都合により8日(水)のみの開催となります。3月は1日、15日です。

【境港】
癒しと目覚めのお話会in境港

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
下記もご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ いいね!お願いします
facebook個人ページ 友達申請お待ちしています
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
[ 2017/02/15 14:23 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

生きることってめんどくさい

■2017年9月24日(日)癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
■2017年10月29日(日)癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
ちょっと前にある方から「生きることってめんどくさくないですか」と聞かれたとき、「いやー、もうめんどくさいですよ〜」という言葉が自然と出てきて、ちょっと意外な感じがしました。普段、意識的にそんなことを考えたことはなかったのですが、その言葉が出て来たときに、生きることってほんとにめんどくさいことだな、とあらためて思いました。

毎日食事しないといけないし、食べたら出さないといけないし、人間関係ややこしいし、身体の調子が悪くなるときもあるし、歳をとってきたらだんだん身体が弱ってくるし、そのうち死んじゃうし、、。

あー、人間として生きることってなんてめんどうなことばかりなんでしょう。

でも、不思議なことに、そんなことを思っている自分にしっかり気づいたら、なんだかふっと心が軽くなった気がしました。

私は長い間、きちんと人間になることが出来ないでいました。人間としての自分にちゃんと同一化できないままに、人間ゲームの中にしっかり入ることができないままに生きていたような気がするのです。

それがこの2年ほどの間、腰痛から回復していくプロセスの中で、自分ってスピリットであると同時にやっぱり一人の人間なのだな、ということがやっと実感としてわかってきたのです。そしたら、これまでは無意識に感じないようにしていた「人間として生きることのめんどくささ」をやっとはっきりと感じられるようになったのだと思います。あぁ、人間として生きるってこういう感覚なのか、と。でも、これも悪くないな、と思います。

現代社会では、そういった人間として生きていく上で避けて通ることができない痛みや苦しみを出来るだけ感じないようにしておける様々なシステムが出来上がっています。悟りを求めることすら、そのシステムの一部になりえます。

その痛みや苦しみをありのまま認めることが出来たとき初めて、生きていることそのものに由来する喜び、存在しているということの喜びを感じられるようになります。

すると、そのさらに先にある、自分と世界の本質に気づく扉が開かれるのです。



-----

私の初の著書『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』好評発売中です。Kindle版も発行されました。
Amazonのなか見!検索では内容が少し読めるようになっています。全国の書店でもお買い求めできます。
読んで下さった方のご感想リンク集もご覧下さい。



まほろばの本棚〜スピリチュアルセラピスト中野真作のお勧めBooksに、私の本の巻末に載せている参考図書を一覧できるページを作りました。読書のきっかけにして下さい。


個人的なサポートが必要な方は「中野真作のスカイプ覚醒個人レッスン」のご案内をご覧下さい。東京、大阪、境港での対面個人セッション、お話会などの情報はスペースまほろばのサイトからどうぞ。

このブログと中野を応援して下さる方は下記の2つバナーを一日一回クリックして下さるようお願い致します。このブログがより多くの人の目にとまるようになります。(クリックありがとうございます!)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ


【スペースまほろば】からのお知らせ
※スカイプ・電話セッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。予約状況はこちら

【大阪】
・3月28日(火)、29日(水) 大阪出張個人セッション 残席1になりました。お申込みはお早めに。
 3月26日(日)は大阪市内でお話会開催予定です。詳細は決まり次第お知らせします。

【東京】
・3月5日(日)東京1dayリトリート 参加お申込み受付中

【スカイプ】
スカイプお話会 スカイプの会議通話を利用したオンラインのお話会です。原則として毎月第1、3水曜日夜8時から開催。2月は都合により8日(水)のみの開催となります。3月は1日、15日です。

【境港】
癒しと目覚めのお話会in境港

お話会や個人セッションについてのお問い合わせはshinsaku@mahoroba.ne.jp、または090-1229-1248中野までお気軽にどうぞ。
下記もご覧下さい。
「スペースまほろば」のホームページ
スペースまほろばのfacebookページ いいね!お願いします
facebook個人ページ 友達申請お待ちしています
twitter
youtubeのスペースまほろばチャンネル
[ 2017/02/10 14:20 ] ブログ | TB(-) | CM(0)
「悟り(非二元)と癒しのお話」youtubeで配信中

中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話シリーズ第一回「悟りの本質〜すべては自然に起こっている」。その他の動画はyoutubeのスペースまほろばチャンネルをご覧下さい。
東京・大阪出張個人セッション
■大阪出張個人セッション
9月25日(月)〜27日(水)
■東京出張個人セッションは当分の間お休みします。詳細はこちら。
スカイプセッション、境港での対面セッションは随時ご予約をお受けしています。
中野真作の癒しと目覚めのお話会スケジュール
ゆったりした雰囲気の中で、あなたの本性である悟り、沈黙の香りを味わっていく集まりです。悟りたい方、非二元に興味のある方、生きるのが辛い方、友達がほしい方、ただのんびりしたい方、お気軽にご参加下さい。>>>お話会の総合案内とスケジュールの一覧はこちら
癒しと目覚めの連続講座 in新大阪「私がセラピストになった理由」
 9月24日(日)13:15〜16:15
癒しと目覚めのお話会 東京1dayリトリート
 10月29日(日)10:20〜16:50
スカイプお話会
 8月23日(水)20:00〜21:45

境港お話会
 8月19日(土)13:00〜16:00
全記事表示リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
このブログをご覧の方にお勧めの本
まほろばの本棚ではさらに多くの本を分野別にご紹介しています。